あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声が聞きたい。

彼が、奥さまとの話を終えた翌日。
私は、彼に連絡が取りたい気持ちを必死に押さえていた。

今は、私から入り込んじゃいけないんだって思って。

彼が何らかの形でショックを受けて
いつもの精神状態じゃないって事は
前日のメール見たら明らかだった。

今は、そっとしておいてあげよう。
そう思いながら、いつもどおり出勤した。

続きを読む »

スポンサーサイト

見えない再会。

彼と離れて4日目。

ついに彼は、奥さまと再会する。
もう既に決まった離婚でもめるためではなく
これから先、それぞれ別々に過ごしていくための話し合いらしい。

私が彼と出会う前から決まっていた離婚。
でも、どうしても気になって気になって
仕方がなかった。

続きを読む »

私のわがまま、彼らの最後。

水曜日。
彼に逢えなくなって3日目。

何かしてないと、やっぱり余計な事を考えてしまう。

で、いいタイミングで、別の支店から
仲のいい後輩が出張で来てて
仕事の後飲みに行く事に。

続きを読む »

奇妙。

彼を信じるって決めた。
信じて待つって強く思った。

それは嘘なんかじゃないのに。

会社に行っても、午前中身が入らずに
そんな私には、奇妙な変化が生まれていた。

続きを読む »

長い数日の始まり。

迎えた月曜日の朝。
普段目覚まし2個+ケータイ3個でも起きない私なのに
6時過ぎに目を覚ました。

隣には、寝息をたてて穏やかに眠る彼の顔。

あぁ私、あと2時間とちょっとで
この人にしばらく逢えなくなるんだなって思ったら
言いようのない不安に襲われてしまって。

続きを読む »

これからのための。

とても幸せいっぱいの結婚式に参列して
夜は夜で、大学時代の女友達4人で飲み明かして
すごく楽しい東京の旅でした☆

むねりんが、少しでも早く逢いたいって言ったから
翌日の午前発の便でこっちに戻ってくるようにして

うん…
私も、少しでも早く逢いたかった。

続きを読む »

叶わぬ願い。

大学のサークルで一緒だった友達の結婚式に行ってきました☆
私の友達は新郎の方だったんだけど、
前に奥さんにも逢った事があって。

たくさんの人たちに祝福されて
2人はとっても幸せそうだった。

何より、奥さんがとてもキレイだったのが印象的だった。

結婚って、何てステキなんだろうって思った。

続きを読む »

信じてね。

今日この後東京に向かいます☆
ANAの飛行機で行きたかったんだけど、取れませんでした(涙)

大学の時の友達が今日、結婚する。
その二次会兼同窓会に行くため。

やっぱいいよね、
自分の大切な人が結婚するって。

続きを読む »

無理。

昨日、むねりんは休みで
私は朝から仕事、夜は職場の歓迎会。

こういう場合、彼は自分の家に戻ります。
こっちにいても、面白くないって。

で、昨日歓迎会がわりと早めに終わって、
21時半頃家に帰りながらむねりんに電話しました。

続きを読む »

あなただけを。

彼のそんな顔を見るのは初めてだったし
できることなら、そんな顔一生見たくはなかった。

彼にこんな顔をさせてしまった私は
本当に最低だ。

彼の事が大好きで
私の愛は今、全て彼のもので
それは間違いないのに

私、写真を捨てるの
すっかり忘れてた。

…いや、
捨てようとした事なんてなかった。

捨てる事なんてできないって
捨てずに部屋の中に置いたままだったのに
忘れてしまっていた。

続きを読む »

悲しい笑顔。

遊園地ではしゃぎすぎて疲れてしまって
家に帰ってご飯作るの面倒だなぁって事で
昨日はご飯食べて帰りました。

で、彼の車をコインパーキング(激安)に停めて
うちまで歩いて帰ろうって事になって。

その帰り道、話を切り出したのは彼の方でした。

続きを読む »

遊園地デート☆

昨日は朝からとても穏やかな天気だった。

空は青くて、明るくて
風景が全てキラキラに見える。

心が晴れてると
こんなにも世界が変わる。

大好きな人が隣にいるだけで
気持ちは強くなれる。

とっても簡単な仕組みだけど
とっても奇跡的なことのような気がする。

続きを読む »

途中経過。

むねりんとの事は、
飛ばし飛ばし書いてきましたが

ようやくリアルタイムでブログが書けます。

むねりんと暮らし始めて以来
一人の時間が減ったので
ブログの更新が滞り気味です。

だけど、一緒にいられる時は
2人の時間を大事にしたいと思っているので
残りの時間で更新頑張ります。

今日仕事を終えて家に戻ると
自分ちに戻っているむねりんから電話がありました。

続きを読む »

ありがとう…。

日曜日。

むねりんは仕事が朝九時までで帰ってくる。
そう思って起き上がろうとしたら
何だかフラッと来ちゃって。

今度は私が体調を崩してしまいました。

続きを読む »

味方。

むねりんがインフルエンザから復活したある日
私は仕事が定時上がりで
同期のゆうちゃんとユウコと飲みに行こうって話になった。

ここから有り得ない展開に(汗)

続きを読む »

インフルエンザ。

翌日。

目が覚めて、キスをして
その後目を合わせて笑って
そして抱きしめあう。

そんないつもと同じ朝だったけど
抱きしめたむねりんが異常に熱いのに気がついた。

続きを読む »

呼び名。

消防士の高本さんと、会社員の私は
必ず休みが合う訳ではなくて

たまたま土日お互い休みになった時、
お互い欲しいって言ってたメガネを探しに行く事にした。

それは、3月31日の事。
4月を目前に控えていた。

続きを読む »

私たちの歌。

彼との突然の生活が始まって

彼は最初に言っていた通り
ちゃんと買物に行ったり、ゴミ出し手伝ってくれたりして

うん…
今は彼を信じて一緒に暮らしていこうって
そう思った。

続きを読む »

証明。

初めてキスを交わした3月25日。
次に逢える時には、私の部屋でという約束をしていた。

次の日は彼が仕事で逢えなくて
その次の日は私が仕事で、彼は自分の家に戻っていて

そしたら夕方くらいにメールが来た。
「今日、仕事何時まで?」って。


続きを読む »

最初のキス。

現実は厳しい事が多いけれど
今私は一人ではなくて
隣に彼がいてくれるなら
何だって受けて立つ覚悟ができた。

非難する人だっていると思うけれど
もう2度と、自分から彼の手を離そうだなんて
そんなバカなこと考えない。

続きを読む »

本音。

人生で初めて自分から、心から愛した人がいて
その人との出逢いと別れ、再会を経験して
頑張って乗り越えて

ようやく出逢えた大切な人だったのに
まさか出逢ってこんなにも早く、
別れの時が来るなんて思わなかった。

続きを読む »

早すぎる別れ。

大好きな人に逢えなくなる事。
それがどんなにつらいか、私は十分にわかっているつもりで
もう二度と繰り返さないと決めていたはずで

それなのにまた
大好きになった人の手を自分から
離す事になるなんて。

続きを読む »

厳しい目。

キレイな夜景を目の前に
私たちはしばらく抱き合ったまま
いろんな事を話した。

時計を見るとすでに4時を回っていて
私の家に戻るにはもう遅くて
私たちは、まさかのホテル2連泊になった。

続きを読む »

彼の愛。

彼と初めて夜を過ごした。
だけど、彼は私をただ抱きしめるだけで
ひとつになる事はおろか
キスすらしなかった。

目が覚めると、目の前に彼の顔があって
しばらく見ていると、彼がゆっくりとまぶしそうに目を開けた。

「おはよう」
そういって優しく笑う彼の姿に
これは夢なんかじゃないって思った。

続きを読む »

記念の夜。

彼のとんでもない発言に驚いて
私はものすごい大きな声で

「はぁっ!?!?」

と聞き返した。

そして、我に返って考えた。

やっぱり展開がおかしすぎる。
出逢ってまだ1週間。
実際逢うのはまだ3回目。

なのに何!?

…体目当て
って事…?


続きを読む »

戸惑い。

もう本当に遣り残した事はなくて
何も後悔なんてなくて
それは全く嘘ではなくて

なのに。

彼を連想させるものを感じるだけで
私はまだ涙を流すんだ。

これは本当に終われたのかな。
私は、自分の気持ちを封印したかっただけかな?


続きを読む »

あの歌。

正直複雑だった。

たった3日前、
愛し続けてどうしても逢いたかったその人と
最後の食事をした場所に

私は別の人と立っている。

平気なわけがない。

でも…
帰るわけにはいかない。

目の前の人には
私とヒロくんとの事は、関係ないもの。

続きを読む »

思い出の場所。

彼は既婚者だった。
頭の中をいろんな事が駆け巡る。

私はまだ24歳。
まさかこの歳で、既婚者を好きになるなんて思わなかった。
同時に
私ももう24歳。
結婚を夢見ないわけじゃない。
今から出逢ってお付き合いする人とはいずれ結婚できたら、なんて考えてたりもした。

現実はあまりにも、私には厳しいと感じて。
でも、その想いとは裏腹に
気がつくといつだって頭の中には彼の存在があった。

たった2回しか逢っていないのに
どういう訳だか。


続きを読む »

言わなかった理由。

人のものを盗ったり盗られたり
正直そういうのは苦手で
例えば彼女がいるとか、友達の好きな人とかだったら
その時点でその男の人は私の中では『対象外』だった。

なのに。

好きだと思ったその人には
奥さまがいた。

前回の続きです。


続きを読む »

残酷な告白。

第一印象は、妙にテンションの高い
いかにも合コン慣れしてそうな胡散臭い人だと思っていて

だけど、合コンの2次会終わって行ったカフェでの姿や
2度目に逢った日の彼を思い出すと

この人はもしかしたら
とてつもないチカラを持っている人で

この人の事をもっと知ってみたいと思う自分がいました。

前回の続きです。

続きを読む »

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。