あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命なんていらない。

自分では彼に近づかない、絶対に連絡も取らないし会いにも行かない
そう決めたのに…

運命って時に残酷だ。

こんな運命なら、いらないのに。


今日も昼からイベントがあって
昨日出張ついでに行っていた実家から今朝特急で戻ったところに
部長から℡。

用件自体は、イベント会場に来る前に会社に寄って部長の名刺入れを持ってくるように、というもの。

だけど電話の背後が騒々しいのを部長が察して、私に「今どこにいるのか」と尋ねた。

その時丁度改札を出たばかりだった私に部長は
「じゃあ、××の様子と、ディスプレイの状況確認してきて」
と普段どおりの口調で言った。


部長の言葉はつまり
ヒロくんのお店を見てくるように、ってこと。

それは私に、
数週間前ヒロくんのお店で彼と再会して、彼がひたすら私を無視し続ける状況を
もう一度、経験しろと言っているようなもの。

頼むから、今日は休みであってほしい。
少なくとも、気付かないでほしい。

仕方がないのでとりあえず店内に。
ヒロくんがいつもいるカウンターの位置はわかってるから、
それが影から見渡せる位置から売り場に近づく。



すると、

そういう時に限ってそこにはいなくて
私が盾にして近づこうとしたもう1つのカウンターに彼はいて
彼を右斜め後ろから見る格好になった。

同僚の男性と楽しそうに話すヒロくん。
もうその笑顔は、私に向けられる事は二度とない。

何度も私の前で見せてくれたその笑顔も
笑いながら私を見てくれた切れ長のその目も

二度と…。

涙で目の前がかすむのがわかった。
涙を拭くより前に急に焦ってしまって
とりあえず彼から見えない位置に隠れた。

彼のどんな表情だって
もう私には見る権利すらないのかな?

そんな事ない、と言うのなら
今こうして彼から逃げなきゃいけないのは何故?

あなたと2人で一緒にいる事はできない。
あなたと一緒にいるためには、他の誰かがいてくれなきゃダメみたいで

ただ同じ空間にいる事がどうしてこんなに苦しいのかな?

どうしてこんなに苦しまなきゃいけないのかな?



でも、もう時間がない。

ここから6駅先の会社まで行って
そのあと1駅戻って
それを考えると、残り時間はわずかだった。

行かないわけにはいかない。

仕事が好きだと思う以上、私には妥協する事ができなかった。


再び売り場を向くと、そこには彼の姿がなかった。

ため息を深くつくと
他の会社の売り場へ。

色々と売り場を観察。
一度やりだすと、どんな状況でも集中できる。

それが今日は仇になった。

視線を感じてふと顔を上げると




彼が何故か私が立っている場所の向かいのカウンターにいた。
そして私と目が合うと、すぐに下を向いてしまった。

あの日と、全く同じで。

もう十分にわかりきった現実を、これでもかというくらい見せ付けられた。


もう「辛い」とか「悲しい」とか
そんな気持ちは軽く超えてしまってた。

今回は話しかけられるような場所でもないし
自分からその距離を縮めるような勇気、もうなかったから

「彼に会うために来たんじゃない。私は仕事で来てるんだ」
そう開き直って、しばらく売り場をチェックして
最後に彼のいる方を振り返って
彼が笑顔で接客してる姿を確認すると、
私はその場を立ち去った。


神様、
こういうのを運命って言うの?

こんな運命なら、ない方がずっとずっとマシ。

もう大丈夫になりかけてたのに
やっと、結構平気になってきてて、彼の事思い出すとあったかい気持ちになれるかなってところまできたのに

こんな再会を私たちに与えるから…

私が立ち直ろうとするのを
これ以上邪魔しないでよ。

彼との再会を、悲しんだり恨んだりしなきゃいけないうちは
まだ、私彼の前には立つべきじゃないんだよ。

スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、またヒロくんに会ってしまったんだね、仕事とはいえまたありそうな気がしてるよ・・・。
姿を見て、涙がでてしまうサヤカさん。
もしその場にわたしがいたら・・・
わたしはサヤカさんの手を取って、手を繋ぐな~ぁ。黙って。
それ以上のことはできないけど・・・・
まだまだ思い出にはできないね!

>>AKIKOさん
どうもありがとう(^_-)⌒☆

メールにも書いたけど、私はこれからも一定周期で彼に会い続けなければならないと思う。私は再来年の4月まで今の部署で仕事をする事がほぼ決定しているし、あとは彼の転勤がいつになるか…ってところかな。

これから繰り返し会う中で、少しずつでもいいからせめて出会った頃くらいには目を合わせて挨拶とかできるようになればいいのに…と思う。

こんばんは。

>彼との再会を、悲しんだり恨んだりしなきゃいけないうちは
まだ、私彼の前には立つべきじゃないんだよ。

私も、kちゃんに対してはこぅおもっているよ。

チャットに彼が来なければもぅかかわることもなぃと思っていた9月・・・。

でも裏切られ見かけてしまぅ日々。


ただ苦しいから、会わないようになるべくしなきゃいけないって思って、チャットはやめた。

彼の幸せを願うし、いつかはまた会いたいけど・・・まだ会えないって思ってる。


時間が必要だよね・・・本当に。

>>るんさん
本当に。時間が必要だし、できれば一日100時間くらいほしい。
好きだった人だもん、会えたら嬉しいはずなのに、こんなに苦しくて悲しいなんてね。
今更だけど、恋愛って本当に難しい。
時間が解決してくれるっていうか、時間かけて自分自身変わらなきゃいけないんだろうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/129-894f6504

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。