あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然のプチ遠距離開始宣言。

会社ではお互い敬語で話して、夜も電話くらいしかしなくて
それでも毎日お互いの姿が見れて。
いつも通り真剣な顔して頑張ってるなぁとか
あ、同じ缶コーヒー飲んでるなぁとか思ったり。

ヒロくんも同じように、
今日も相変わらず一生懸命だなとか
何でコピー機にらんでるんだ???とか
思ってくれてたらしい。

いつも隣にいられるわけじゃないけど、
姿が見えるだけで幸せだなって思う。

なのに。

付き合い始めて2週間、電話口でヒロくんは「言っとかなきゃいけないことがある」って切り出した。

「俺、一か月後に会社辞めることになった。」

派遣社員のヒロくんは、契約期間で動いていて
私の知らないところで契約期間を何度も延長しながらうちの会社で働いてた。

会社で会えるから頑張れた。
話せなくても姿が見れて、その姿からいろんな事考えて。
それが全くなくなる。
しかも…

「次、うちの代理店さんにお世話になる事になった。
ショップがオープンしたら、土日も仕事が入ると思う。」

そんなぁ…姿が見えないだけじゃなくて、会う事すらできなくなるかもしれない。
ヒロくんは、私の知らないところで、知らない人とやっていくんだ…
漠然と不安が襲ってきた。

いつか、私ヒロくんの心の中にいられなくなる日が来るんじゃないか。

無意識に無言になってしまった私を、電話の向こうのヒロくんは感じ取ってくれて
「何へこんでんの?大丈夫だよ」
って言ってくれた。

「確かに会う事は今までよりも少なくなると思う。
でも、今までお互いの事見てきたから
離れても『ああ、今日も頑張ってるんだろうな』とか『今頃笑ってるかな』とか考えて頑張れるよ。」

口下手なヒロくんなりの、精一杯の励まし。
不安な気持ちはすごく大きいけど、そんなヒロくんに頑張ってついていこうと思った。

思ってた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/13-b18361de

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。