FC2ブログ

あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

越える事ができなかった壁。

最期にヒロくんと向き合う事ができた日
それでも彼と私との間には決定的な距離感があって。

付き合っている頃は開いてくれてたその心の扉は
いつしか固い鍵がかかってしまったのかもしれない。


コーチ グッチ シャネル ヴィトン ディオール プラダ エルメス ブログを読んでくれている人からこんなメッセージをもらってハッとしました。
それは、私の考えも及ばない事だったから。


「ヒロくんはもしかしたら、とっても弱いのかもしれないね
強がっているけど、
サヤカさんといたら、弱い自分が出てしまうのが恐かったのかも」



彼はいつだって私を引っ張ってくれてた。

大人で、しっかりしてて
頼れる存在で―。

だけど、彼は同時にものすごく弱い部分を持っていた。

自分の過去を、自分自身を今も責める事しかできない彼を
私はただ困らせる事しかできなかった。

今なら、わかる気がするのに。

思い当たる節はたくさんある。

私の事を好きになってくれて、でも何も言わずに去っていこうとしてた事。
信じてた人の裏切り、裁判、借金、そして堕ちて行こうとした事を話してくれた時、彼は見た事もない、怯えた表情で私の顔を覗き込んだ。
そんな彼を守りたいと思った私に、彼は涙を流して「ありがとう」を繰り返した。
彼に会えたのに私が体調が悪くなると、悪くもないのに「ごめん」って謝ってきた事もあった。

そして、最後のあの日。
彼は最後まで、私に素の状態でぶつかろうとはしなかった。
最後の最後まで、私に頼ろうとはしてくれなかった。

ほんの少しだけど
彼が「キレた」、それがきっと彼の素の部分でもあって
そんな彼を一瞬でも垣間見れた事だけが、せめてもの救いだったりする。

私は彼との出会いで、言葉にはできないくらい
たくさんのものを貰った。
今は目の前にいない彼だけど、
今でも私に何かを教えてくれてる気がするのね。

だから私は彼との過去を色々と思い出しながらも
ちゃんと未来にも目を向けなきゃいけないかなって思う。

私は彼に何を残せただろう。
「してあげた」なんて、おこがましい事は言えないけど
彼の心に、何か伝える事はできたのかな。
一時でも開いていた彼の心の扉の中に、私からの言葉は少しでも届いたかな。
今も、それは何か少しでもいいから彼の中で生きてるかな。

もう、知る術はない。


明日は水曜日。
残業がない日。

何しようかな。
あなたの残影に頼らずに、毎日過ごせるようになりたい。

早く、一刻も早く。
あなたと出会った頃降っていた雪が
今年、舞い落ちるその前に。
スポンサーサイト



コメント

サヤカさん、きっとそのときはヒロくんはサヤカさんに救われていたはず、でもサヤカさんのことが大事だったから、巻き込みたくなかった・・・、ヒロくんは辛い過去をまだまだ過去にできていないようだから・・・そりゃ無理だよね。辛い経験をした人はね、やっぱり自分の力でなんとかしないと立ち直れないんだよ、
きっとヒロくんはそれをわかっていたんだよね。

>>AKIKOさん
そうだとしたら、やっぱりヒロくんはズルイ。でも、ヒロくんらしい。きっと自分の力で立ち直ろうってする人だと思う。何もできなくてもいいけど、せめて一番そばで変わっていく彼を見ていたかったな。
巻き込まれたって、とことん付き合う覚悟だった。
彼の優しさが、こんな形でわかるのって、やっぱり悲しすぎるね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/132-e8be04ee

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索