あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よからぬ考え。

ヒロくんと別れてから
何とか毎日やってきて

当然楽しい事より苦しい事の方が多くて

だけどどうにかなってて

それはきっと、彼との関係を「仕事相手」に戻すのではなく
「赤の他人」にしようと努力した結果なのだと思う。

なのに私、今更ありえない「よからぬ考え」を思いついて
その想いに支配されちゃってるの。


彼と別れた後にした事。

彼に、メールを送った。
「もう会わないし、もう話すこともない。
いつか思い出しさえもしなくなるんだと思う。」
あの時の私の、精一杯の彼への抵抗。

彼が悪いんじゃない事もわかってた。
でもどうしようもないやりきれない気持ちをどこにぶつけたらいいのか分からなくて
最悪な事に私はそれを彼にぶつけた。

そして一方的にメアドを変えて、彼からの返信を拒否した。
着信も拒否した。

彼から話しかけられた時、あからさまに嫌な態度を取った。
半分無視してた。

そうやってあの時の私は、彼を強制的に遠ざけないと自分が保てなくなってた。
自分を崩してしまうと私は彼に泣いてすがってしまう。
それだけはしちゃいけない。
それが彼にとって何を意味するのか、それなりに理解してたつもりだったから。

そしてそんな私を、彼の方が避けるようになった。
当然の結果で、自分も望んでた事だった。


幸せになれるはずだった。



だけどどうだろう。

そうして彼のいない生活の中で私は
今も彼の残影を心の中で抱きしめて
彼の存在を心の支えにして
もう今はいない彼の事を、心の中で守る事しかできない。

これでよかったはずなのに。
何かが違う気がしてならない。


私がしてきた事は、正しくはなかったんじゃないか…。


アドレスを変えたって、着拒したって
彼を無視したって避けたって
あなたのその声もあなたがくれた心も私を離れない。

きっとこのまま忘れられなくて
今のままだと感情を閉じ込めてはいられなくて
彼の領域に踏み込んじゃいけないとわかってても、

やっぱりいつか彼に会って伝えたい事があるんだ。
どうしても。

どこかで偶然に会えたらとか
いつか会える日までとか
そんな不確定なものは、信じる事自体今の私には結構難しくて。


…私は今でも彼のメアドを覚えている。
だってたった5文字だから。

送ろうと思えばいつだってメール送れるんだよね。

彼に謝りたい事も
今だから伝えたい事もあって

もう好きだとか元に戻りたいなんて言わないし
言っちゃいけないと思うから
そういうのじゃなくて。

彼とは何が起きても、もう元には戻れない。
だけど。

ヒロくんごめん。
せっかく出会えて、あの時だけでもお互い心を許し合えて
あなたは私にたくさんのものをくれて
別れた後だってきっと大きな勇気を持って、私と「仕事相手」として向き合おうとしてくれたのに

私は逃げた。
結局厳しすぎる現実をこれ以上見たくなくて
あなたから逃げる事でしか、自分を保てなくなってた。

あんな事、望んでたわけじゃなかった。

そうだよ、私は最低最悪のわがままで
本当はあなたに好きになってもらうような人間ではなかったし
こんな私じゃ、あなたの力になる事はできるはずもなかった。

すごく、後悔してる事がたくさんある。
でも戻ろうなんて思ってない。

ただ、どんな形でもいいから
これからのあなたを、何の後ろめたさもなく応援できて
あなたの目を見て笑えて
そんな日を信じるためには
こんな状態のままあなたとの関係が途切れてちゃダメで。

今すぐ向き合ってなんて言えない。
私はまだダメなままで。

だけどあなたも私もいずれこの街を出て行く。
私はこの地方のどこかの街へ。
あなたは日本のどこかへ。

偶然で出会いました、なんて事も
どう転んだってなくなるのなら

あなたに伝えたい事伝えてダメでも
反対に何らかの反応があっても
最後には会えなくなるなら。


あなたにメール送りたい。
届くものなら届いてほしい。


今まで頑張ってあなたを過去にしようとした自分と
今新しくあなたに向き合う第一歩を踏み出したい自分と

何でかわからないけど、どっちの自分も選べないし
どっちも背中押せない自分がいる。

どうしよう、どうしよう。

どうせなら、こんなバカな考えじゃなくて
もっと違う何かが、頭に浮かんでくればいいのに。

これじゃあ、あの時何のために彼の連絡先を消去したのか
全く分からないじゃない。
スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、サヤカさんとヒロくん・・・・
お互いを傷つけ合っているな~ぁ、
なんか胸が痛いよ・・・
なんでこういうことになってしまったんだろうね。
時のいたずらなのか?
「これじゃあ、あの時何のために彼の連絡先を消去したのか
全く分からないじゃない。」
わたしもこのサヤカさんの気持ちはよ~く
わかるよ。わかりすぎて切ないな。

>>AKIKOさん
何でかな…やっぱりどんなに考えても答えは出ないんだよね。
私とヒロくん、徐々にやばくなったって言うよりも、幸せな瞬間から一気に急降下した感じだから、何がいけなかったのかもわからなければ、どうしようもなかった。
今もどうしようもない。あーどうしよう。本気で困る。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/138-6c777191

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。