あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の日

そして最後の日。
一週間ほとんど話す事もなく、自信なんて脆くも崩れ去っていた。

何日か前までは本当に幸せで、
私今愛されてるなぁって実感でいっぱいだったのに。

勇気を出して前日の夜、メールしてみたけど返ってこなくて
朝起きたら「ごめん、寝てた。」ってそれだけ。

それを見た瞬間、「終わった」と思った。
会社を辞めるのを機に、ヒロくんは私との関係も終わらせようとしているんだ。

だから私、メールを送った。
「もうこれでさよならだね。
大事な話は直接したかったけど無理みたいだから、いつか時間ができたら連絡して欲しい。その時にちゃんと話すから。」

会社に行って、朝の全体ミーティング。
改めて支店のみんなの前で退職の挨拶をするヒロくん。
でもその姿を見るのも、声を聞くのも、辛くて辛くて仕方なかった。

いつも以上に私を避けているヒロくん。
もう、話をする事もなく終わってしまう。

ヒロくんの送別会も幹事さんから誘われたけど、行きたくなかった。
これ以上ヒロくんの姿を見て、これ以上辛い思いして、これ以上傷つくのは嫌だった。
だから、同じ部署の先輩の家に行く約束をして断った。

先輩の家にいる間も、正直ヒロくんの事で頭いっぱいだった。
こんなに悲しいなんて…思ってなかった。
これで終わったと諦めが着くはずだったのに。
本当に好きで好きで仕方なくなっていた。

そんな私を横目に、先輩はずっと誰かと電話をしている。
そして「サヤカ、行くぞ」と言って私を連れて家を出た。
「今から行くって幹事に言ったから」

もう二度と会いたくないと思ったヒロくんに、もう一度だけ会う。
会いたくないのに、
どうしても一目でいいから、会いたくて会いたくて仕方なくなっていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/15-2a8273eb

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。