あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の言葉。

昨日は思うまま過ごして眠りにつきました。

ブログ更新し終わってそのままベッドに入って
彼の写真を見つめながらいろんな事を考えて
COOLONの「忘れな草」と「Snowman」を繰り返し聞きながら
体が渇ききってしまう程の涙を流して

気がついたら朝がきていた。
1年前彼と初めて言葉を交わした、そんな日の朝。

時には落ちる事も必要だってわかった。

前向きに頑張る事
それはもちろん一番大事な事だけど
途中で息切れしてしまうより
こうしてお休みも必要なんだと思った。

気持ちに変化はない。
やっぱり悲しいとか切ない気持ち、それは変わらない。

でも、無理せずに笑える。
今日は仕事にも集中できた。



夜は部の新年会。

ここでまた1つ、
彼があの頃
私と付き合っている頃どんな気持ちで過ごしていたか知ってしまった。

派遣さんたちと4人で話してて
そのうちの2人は私とヒロくんとの事を知っていたけど
もう1人の人は知らなくて

何となく流れでヒロくんの話になった時
その人はこんな事を言ったんだ。
「○○○さぁ、今も彼女と続いてんのかなぁ?」

彼女…?
彼女はいないはずなのに…
もう新しい人と…?

そんな私の考えは次の一言で吹き飛んだ。
そして、自分の考えが恥ずかしくなった。

「○○○がうちで働いてる時、恋愛の話になってね
その時彼女がいるって言っててさ
その子の事が大切で大好きで
だけどダメなんだって言ってたのね。」


みんな「何で?」と聞き返す。
私も。

「あいつね、外面自信家に見えるけど実はそうでもないらしくてさ
その子の事が好きで好きで爆発して告白して
だけどその後どうしたらいいのかわかんなくなったんだって。

自分の気持ちを伝える事も、気持ちを行動に出す事も
その次の事考えたらできなくなってたみたいで。

それまでの彼女と別れた理由もね
『優しすぎて何を考えてるかわかんない』とか
『私の事本当に好き?』とか

だから、その彼女の事好きになれた事は嬉しいけど
それだけ悩む事は多いんだって。

あいつがそんなに好きになった子って
どんな子だったんだろうね。

写真見せてって言っても
イヤだって言い張って一度も見せてくれなかった。」


それはまさしく、
私のことだった。

そして私は、
それまでのヒロくんの元彼女たちと
同じでしかなかったのかもしれない。

それから、
彼がまさかそんなふうに私の事をすごく好きでいてくれて
その事でそんなふうに悩んでいたなんて。

私の前ではいつだって冷静で
私の事を大きな優しさで包んでくれて
支えてくれて

私はそれに甘えてばっかりだった。

彼も私と同じように
たくさん考えてたくさん悩んで傷ついたかもしれないのに。

彼に謝りたい事が、また1つ増えてしまった。


そうやってヒロくんの「元彼女」の話をした人は
私の異変に全く気づいていなかったけど
残りの2人は少しハラハラしながら私の様子をうかがっている様だった。

私は、こぼれそうになる涙を必死に隠して
「お酒、追加してきますね」
そういって席を立った。


昨日とは違う涙。
苦しくて切ないけれど
悲しいだけの涙じゃなくて。

1年前の今日、
初めて彼と言葉を交わした。

帰り道、彼の優しさに触れた。

それでも好きになるなんて有り得なかった。


あれから1年。

彼はもういない。
どんな顔して、今日という日を過ごしたのかもわからない。

もう、隣で支えてもらう事はできない。


それでも、半年以上前彼が発した言葉が
今日私の元に届いて
その言葉で私は涙を流して


また今日も、大切な一日になったよ。

私、あなたに逢いたい気持ちが
とてつもなく膨らんでいくばかり。
スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、とてつもなく膨らむよね~!
サヤカさんの一方通行じゃないな、これは・・・、男のひとってさ~、表情や口に出さないでいることが多いからさ、後で知っておどろくことがあるんだよ!けっこう海の底より深い場合がある。いままでのヒロくん、これからのヒロくんを大切に思ってあげてね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆AKIKOさんへ☆

まさかこのタイミングで、こんな事聞いちゃうなんて思わなかった。嬉しいよりも、やっぱり切なくて申し訳ない気持ちの方が大きいかな。
男の人ってやっぱそうだよね。彼は特にそれが顕著だった。
改めて、彼の事が好きだと思った。
何回ありがとうとごめんねを繰り返せばいいのかな。

☆10:24の鍵コメさんへ☆

あーいいんですよ。
私もいつもそんな感じですから。ごめんなさい。

あなたにも似た経験があるんですね。
私もそう、嬉しい気持ちもあるんだけど、それ以上に申し訳ない気持ちとかそんなものの方が大きくて、心がつかまれるような気がする。

どんな言葉でも、かけてもらえるだけで私は嬉しいから。コメントありがとうございます。

そちらのブログも楽しみにしています。

☆11:58の鍵コメさんへ☆

彼は本当に必要以上に思いを言葉にしない人だったんだ。
「俺のする事、見てればわかるよ」って。

そうだね。
私は会えたら嬉しい。
会って自分の気持ちを伝えたいと、そればかりを考えていた。
だけどできるなら、あの頃聞く事ができなかった彼の思いも聞いてみたい。
彼が、私に話す気になってくれるかは、正直自信ないけどね。
もう一度、心を開いてくれる日が来ればいいのにと思う。

なんか・・・せつないね。
うれしいことなのに、ものすごくせつなくなる。

今がそのことを知るべきときだったのかもしれないけど
もうちょっと早く知ってれば・・・って思っちゃう。

相手の気持ちがわかればいいのに。
わからないからこそたのしいのかもしれないけど
肝心なことくらい、わかればいいのに。

せつないけど。。でも。
大切な日が増えてよかったね。

☆monnさんへ☆

知りたくなかったような、知りたかったような…
知らなければ、ただただ本当に辛いだけだったかもしれない。
でも知ってしまったからこそ生まれる後悔もあって。
どっちが良かったのかなんてわからない。でも、私の好きになった彼はやっぱり優しい彼だったんだなって思ったよ。

そう思えたから、きっと大切な日なんだよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/185-095efdcf

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。