あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会。

今朝6時半出社だったから
昨日は0時前に寝たのね。

5時半ごろ目が覚めて
プライベートケータイ見たらメールが来てて。

それは、ヒロくんからだった。

彼は私を見捨てないでいてくれて
向き合おうとしてくれた。


だから私も、今のありのままの自分でいかなきゃって思った。

メールはいつもどおり短いもので
「遅くにごめんね。
いきなりだからどうかと思うけど、明日の夜逢えないかな?」

ってだけだった。

正直最近、ヒロくん以外の男性との出来事が増えてきて
それで何となく、前みたいに悲しいばっかりじゃなくて
心が安定してるみたいな気分だったけど

やっぱり彼の存在は今でも私の心の大きな部分を占めているらしく
メールを見た瞬間、心臓が掴まれるような思いがした。


前にヒロくんが逢おうって言ってくれた時
仕事のために私は行けなかった。

その時に決めてたんだ。

『次』がもしあるのなら。
その時は何をおいても絶対に彼の元へ行くんだと。
きっとその時が、私とヒロくんとが再会できる
最後のチャンスになるような気がしてたから。

だけどいざとなると、足が竦む思いがした。

何が怖かったのかわからない。
何だか今まで経験した事のないものに触れる瞬間
そんな気分だった。


ヒロくんのメールに、「ありがとう」って返したら
「こちらこそ」って返ってきて
私の仕事が終わったら、車で家まで行くからって連絡があった。


今日は一日外出で
青空の下仕事した。

ふと青空を見上げて
思い出したのはヒロくんを愛し始めたあの日の事だった。
あの日も、こんな澄んだ青空で
あの日も、今日みたいに風が強い春の日だった。

今日で、私のヒロくんに対する想いは
ある意味完結する。

そしてそれは、決して終わりじゃなくて。



仕事が終わって、ヒロくんにメール。
私の家の前で待ち合わせる事にした。

会社から歩いて家まで帰ってて
曲がり角を曲がったら
マンションの前に、大好きだった黒いトリビュートが停まってた。

ヒロくんが、私の生活の中にいる。

まだ、何だか夢を見ているみたいだった。
近づいて、そのドアに手をかけた瞬間に
消えてしまうんじゃないかって思ってた。


近づいて、助手席の窓から中を覗き込むと
ヒロくんは真っ直ぐ前を向いて
何かを考えてるみたいな表情をしてた。

私には気づかない。

助手席の窓を2回コンコンって叩くと
ヒロくんはビックリして、だけどその後助手席のドアを開けてくれて
「どうぞ」って言ってくれた。
5ヶ月ぶりに、彼が私に話しかけた瞬間だった。

私も「お邪魔します」って返す。
5ヶ月半ぶりに、私の声が彼に届いた瞬間だった。


ずっとずっと、信じ続けたヒロくんとの再会は
何度も2人で乗った、
彼の車の中だった。

私だけの特等席だと思っていた助手席。
前よりも、車の中が片付いてた。

トリを見てもまだどこかで
「これは夢なんじゃないか」って思ってたけど

助手席から見る彼の横顔の近さに
これは紛れもない現実なんだって思った。

信じてよかったって思う気持ちが半分。
もう半分は、「これで満足しちゃいけない。やらなきゃいけない事がある」っていう気持ち。

車に乗る前までは、
もしかしたら、逢っても重たい空気が流れるのかもって思ってたけど

半年間も逢えずにいたのが、まるで嘘みたいに
付き合っていた頃と同じような空気の中、スムーズに会話がスタートした。

「飯食いにいかない?俺腹減ったんだよね。」

彼と2人の、ドライブが始まった。
スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、ちゃんとヒロくんと向き合ってきたみたいだね!おとなしく続きを待ちますか~。

>>AKIKOさんへ
うん。不思議と今は、悲しくはないんだ。
今日から急遽実家に帰ってるので、時間ができたら続き書くね。

なんだか、あまりの急展開に
ちょっと乗り遅れてしまいました。笑
第三者の私が、妙にきんちょうしてしまったよ。

なにはともあれ、おかえりなさい。
がんばったね。

>>monnさんへ
緊張(笑)でもそれだけ、私の気持ちを見ていてくれたってことだよね。本当にありがとう。

うん、今から出かけるから、全て書き終わるのは夜になると思うから、もう少し待っててね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/239-ac1d51f0

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。