あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初のキス。

現実は厳しい事が多いけれど
今私は一人ではなくて
隣に彼がいてくれるなら
何だって受けて立つ覚悟ができた。

非難する人だっていると思うけれど
もう2度と、自分から彼の手を離そうだなんて
そんなバカなこと考えない。

前日かなりの寝不足だった私と彼は
安堵から急に眠気が襲ってきて
地元で有名な、若い人に人気のホテルに行って眠る事にした。

彼とは何度もホテルに出入りしていたけれど
結ばれる事はおろか
キスすらしていなかった。

彼も34歳。
私だって24歳。
2人とも一応の経験はあって
だけど、彼は私に手を出そうとはしなかった。

広いベッドの上に2人で寝っ転がって
眠りにつくまでの間、いろんな事を話した。

お互いの第一印象。

私は高本さんの事を
「変な人で胡散臭い。絶対に彼氏にはしたくないタイプ」
だと思っていて

彼は私の事を
「まぁ今時の若い子だなぁ、だからって特に魅力を感じるわけでもない。参加していたメンバーの中で『こいつはないな』」
と思っていて
(ていうか思っててもそんな事私に言うなよ)

私たちは、第一印象ではお互いそんな予感すらなかったんだけど
今一緒にいて不思議だね、って話になった。

じゃあどこで意識し始めたのか。

私は2度目に会った時。
彼の言葉に救われた気がした。
彼の言葉には、真っ直ぐに伸びる『光』があって
それを信じたいと思った。

彼は何と出逢った初日。
1次会では何とも思わなかったらしいけど
2次会で私がみんなの分の注文やら、男の子たちが飲み物こぼしたやつの後片付けをしてるのを見て、
「こいつ、ただの『今時の若い子』じゃなさそうだ」
と思ったらしい。
彼は、若い子は無理だと思っていて
だけど私にはその辺の若い子とは違う何かを感じたらしい。
そして2次会の後のカフェで、仕事の事を語る私の姿に
印象は180度変わったんだって。
「さっきまでの頼りなげな若い子じゃなくて、一人の女として興味がある」って。

だから私と彼には2度目があった。

私は特別な事をしたわけじゃないから
彼は私のそのままを見て、興味を持ってくれたらしい。

その事が、純粋に嬉しかった。

嬉しくて、彼の事が今まで以上に大好きだと思えた。

目の前には彼の顔。
私はそこで大胆にも


自分からキスをした。


24年間、好きな人がいても告白すらしなかった私が
自分からキスをしにいくなんて
当然のことながら初めてのことで。
自分でもその行動にビックリした。

だけど、もっとビックリしていたのは彼の方だった。
しばらく口をぽかんと開けて
無表情のまま固まってしまって。

そんな彼がおかしくて私、照れ笑いして
そしたら彼も照れ笑いして

横になる私の上に来て
「お前はなんて事するんだよ!」
と爆笑し始めた。

そして今度は彼が私にキスをした。

「お前なぁ…今まで俺がどんな思いでキスしなかったのかわかってんのか?
今はまだ、そういう事はしちゃいけない。
それが、俺なりの決意であって、誠意だったのに。

本当にお前は何なんだよ!
もう知らねぇぞ!
お前が悪いんだからな!」


そう言って彼は、今までの分を取り戻そうとするかのように
何度も何度も私にキスをした。

彼は、普段気にする素振りを見せなかったけれど
本当は自分の立場を気にしていて
私にキスする事すら、躊躇していた。

だけどそれが私はとても嬉しかったし
本当の彼をもっともっと知りたいと思った。

彼を信じたい。

今は、何があっても
彼と一緒にいよう。

その気持ちは、更に強くなる一方だった。

スポンサーサイト

コメント

サヤカさんが~彼にキスをしたのも、
彼がサヤカさんにキスをしたのも
本能だよ!本能バンザイ!!(笑)

>>AKIKOさんへ
本能かぁ(笑)
確かにね、計算してしたわけじゃないもん、心がそうさせたんだよね。
変な遠慮とか、気遣いとかしないで、こうして心のままに動けたらいいんだけどなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/256-18714e34

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。