あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味方。

むねりんがインフルエンザから復活したある日
私は仕事が定時上がりで
同期のゆうちゃんとユウコと飲みに行こうって話になった。

ここから有り得ない展開に(汗)

仕事中に何故かゆうちゃんとユウコが話し合いをしていて
仕事が終わる頃に私のところに来て
「むねりんも呼び出して☆」
とか言い出した。

ゆうちゃん逢った事ないのに
「サヤカの事そんなに好きってどんな人か見ときたい」
だって。

いくらむねりんでもこれは断るでしょ?と思いながらメールしたら
あっさり

「わかったぁ!ちょい遅れで参加しまーす。
2人にもよろしく伝えとって」
って…

お 前 ち ょ っ と は 遠 慮 し ろ よ

なんて言いませんけど。




久々に同期3人で飲みに行って
仕事の話とか恋バナとかいろんな話をしてたら
むねりんからメール。

「店の場所わからんから迎えに来てー」
って。
2人に、迎えに行ってくるって言ったら
ものすごいニヤニヤされて見送られてね。

指定の場所に向かうと
遠くにむねりんが立ってて手を振りながら近づいてきて

お店に入って、2人の元に戻る。

むねりんは席につくと上着を脱いで私に預けて
2人に挨拶を始めた。

初対面のゆうちゃんには
「いつもサヤカがお世話になってます」
なんてお父さんみたいな挨拶して。
それから
「ゆうちゃんの話はいつもサヤカから聞いてます」
って勝手にゆうちゃん呼ばわり(爆笑)

逢うのは2度目のユウコには
「お久しぶりです(笑)」
って。
見てるこっちまでおかしくて笑っちゃった。
そしたらユウコ、
「まぁ何かそういう事になられたようで(笑)」
ってむねりんをからかってるし。
むねりんはそれに対して照れ笑いしながら
「そういう事になってしまいました(笑)」
とか答えてたかな。

元々むねりんは、人見知りとは無縁の性格だったから
(じゃなきゃ私ともこのスピードでこんな事にはなってないし)
すぐに溶け込んでしまって
私からいろんな話を聞いてたから、
ゆうちゃんの恋バナにもある程度はついていけてて
ユウコの話には自分からちょっと質問したりしてた。

あとは、エッチな話とかにもなって
そこは経験豊富なむねりんには有利な感じだし(爆)
それからゆうちゃんが、消防の仕事に興味津々だったりして
とっても楽しい感じで時間が過ぎてった。


まったりモードになった時
むねりんがおもむろに正座して2人の方を向いた。

「あのね、2人にお願い…っていうか
俺から話しておきたい事があって。
いいかな?」


ゆうちゃんもユウコも、「何ですか???」って
ちょっとビックリしてる。

私も何だかわからない。

するとむねりんはこんな事を言い始めた。
「俺ね、実は結婚してる。」

ゆうちゃんには話してた。
だけどユウコには言ってなかった。

ゆうちゃんはただ無言で
ユウコは絶叫。
対照的な2人だった。

私は、ここでそんな事を言い出すむねりんが信じられなかった。
「ちょっ…何て事言い出すの?」

そんな私の制止を振り切ってむねりんは続ける。

「だけど、もうすぐ離婚する事が決まってて。
それはサヤカやユウコちゃんに出会う前から決まってた事。

今俺が好きなのはサヤカで、だから一緒にいる。
でも、きっと色々と辛いとか苦しいとかサヤカを悩ませる事だってあると思う。
わかった上で一緒にいるんだけど、
どうしても俺が一緒にいられない事もあるでしょう?
例えば俺が仕事してる時とか、サヤカが会社にいる時とか。

そんな時何かあったら、
サヤカを支えてやってほしい。

サヤカから話を聞いてて
2人なら信頼できるって俺は勝手に思って
だから今日ここにお邪魔させてもらって。

話をして、2人がサヤカの友達で本当によかった
サヤカはいい同期に恵まれたなって思ったから

こいつの事、よろしくお願いします。」


むねりんは言いたい事を言い終えると
正座して2人に深々と頭を下げた。

私は…ただビックリして
嬉しい気持ちと戸惑いとで
何も言えなくなってしまったんだけど

2人は顔を見合わせて
「うん…任せてください!
俺たちで良ければ」

そう言って笑ってくれた。

「その代わり、サヤカとちゃんと一緒にいてやってください。
何があっても、ですよ?
自分たちは、サヤカとむねりん、2人の味方ですから。」


その言葉を聞いて、むねりんは
本当に嬉しそうに笑った。
私は、嬉しくて嬉しくて
涙がこみ上げてきてしまった。

今の私とむねりんには
表立って味方になってくれるような人はいない。

それはもちろんある意味当たり前の話で。

だけどこうして私の身近な2人が
堂々と私とむねりんの味方だと
自分たちの口から言ってくれた。

それがどんなにありがたく、心強い事か。


私たち、絶対に幸せになる。
そして、みんなにちゃんと報告できるようになりたい。
その想いはより強くなった。

ゆうちゃん、ユウコ、
2人がいてくれて本当に良かった。

私、彼を信じて頑張るね。
だからずっとずっと、味方でいてね。

私も2人に何かあった時
チカラになれる人間でいたい。
スポンサーサイト

コメント

サヤカさんの近くに
心強い人がいて、とても安心しました。
そんなやさしい人が近くにいてくれるということは
それだけサヤカさんもすてきな人だってことだと思うよ。

だから出逢えたんだと思うし。

私も、もっと自分をみがいて
早くすてきな人に出逢いたいな。
そんで、お互いに報告しあいたいね。

>>monnさんへ
この2人は自慢の友達なんだ☆もっと早く出逢いたかったなぁって思うほど。
私は本当に出逢いに恵まれていると思っています。

私も、早くいろんな事がフラットになって、堂々と宣言できるようになりたいな。私はむねりんの彼女ですって言える立場になりたい。つらい事も多いけど、きっと何か必要な時間なんだって信じてる。
monnさんも新しい環境になって大変だよね。余裕がないと心も疲れ気味になっちゃうから、少しでも時間見つけてゆっくりしてね。
心が穏やかだと、自然といい出逢いがあったりするから☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/261-8d4d5ad2

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。