あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途中経過。

むねりんとの事は、
飛ばし飛ばし書いてきましたが

ようやくリアルタイムでブログが書けます。

むねりんと暮らし始めて以来
一人の時間が減ったので
ブログの更新が滞り気味です。

だけど、一緒にいられる時は
2人の時間を大事にしたいと思っているので
残りの時間で更新頑張ります。

今日仕事を終えて家に戻ると
自分ちに戻っているむねりんから電話がありました。
特に用事がある訳じゃないけど
むねりんはそんな前置きをした。

本当にどうでもいい話して
あとは、今週の土曜日2人とも休みだからどうする?っていう話をして
隣の県の遊園地に行く事にした☆

で、途中むねりんが何かを言いかけてやめた気がしたのね。
私はそれを聞き逃さなかった。

「むねりんどうしたの?何かあった?」
「いや…また今度話すからいいよ」
「何でも話すって約束じゃん、ね?」

「もう…サヤカには何も隠せないなぁ」

むねりんはついに観念して、話を始めた。

「もうすぐ…だよ。」
「何が?」
「近いうちに、俺は一人に戻る事になりそうだ。」

むねりんの話をまとめるとこういう事だった。

昨日、むねりんは奥さまと電話で話をしたんだって。
その時、「その後どうなってる?」って聞いた。
奥さまは既にサイン済みで、
保証人欄へのサインをご両親に書くようにお願いしたけれど、
両親からサインすることを拒否され
さすがに離婚の保証人って他の人には頼みづらいとかで
出すに出せない状態になってしまっていた。

そしてむねりんが
「じゃあうちの親に保証人になってもらうから
こっちに送ってもらえるかな?」
と奥さまに提案したら
「申し訳ないけどそうしてもらえると助かる。」
って言って、
明日発送すると言っていたらしい。



早ければ来週にも
むねりんは「一人」に戻る。




淡々と話をするむねりんに、聞いてみた。
「むねりんの心は今、平気なんかじゃないよね?」

そうしたらむねりんはちょっと困ってしまったみたいだったけど
「100%平気だなんて有り得ないよ。
俺普段色々とふざけて物言ったりするけど
俺だって人間だから、何も感じないわけじゃない。」

やっぱり…と思った。
またしても私は、何も出来ずじまい。

「だけどね、一つすごい嬉しかった事があって。

サヤカが前に言ってくれた事
『俺が選んで結婚した人だから、私は奥さまも信じるよ』
って。
あれ聞いた時、俺本当に嬉しかったんだ。

俺も、嫁さんを信じてたから
離婚届を催促したり、もめたりしたくないと思ってた。

でも周りの人たちはシビアで
『そんなうまく離婚できるわけがない』とか
『女は裏切るぞ』とか
そんなふうに言う人が多くて。

だけどサヤカがわかってくれたから
俺はそれが本当に嬉しかったね、うん。」


私は思ったことをそのままむねりんに伝えた。
それで喜んでもらえた。
辛い思いをするむねりんの、
少しでもいいからチカラになれただろうか。

そしてむねりんは言ってくれた。
「俺が一人に戻ったら
俺たちいつでもどこでも堂々と歩けるし
いつかサヤカの夢を叶えるから。」


私の、夢?

実はむねりんは、私が言った何気ない一言を
ちゃんと覚えてくれていた。

「『おじいちゃんとおばあちゃんになっても
一緒に手を繋いで歩いたり、チャリ2人乗りしてる
そんな仲良しな老夫婦でいたい』

俺が、何十年後に叶えてやるから。

だからもう少しだけ
あと少し頑張ろう?」


途中元気のなくなったむねりんの声は
気がつくとまたいつもの感じに戻っていた。

私はむねりんに何もしてあげられない。
特に、離婚に関しては。
私は自分から口出しする事は、絶対にやっちゃいけないと思ってる。

だけど、むねりんはそんな私と一緒にいると言ってくれた。

だから私も、出来る限り全力でむねりんにぶつかって
ありのままの私でそばにいたい。

そう思った。


今は、彼を全力で信じてる。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いろいろ有りながらも、今サヤカサンが笑っていられることをアタシもスゴク嬉しく思います。


法律上ではけして許されないことですが、人の気持ちは法律では裁けません。(苦笑)

相手を愛しく思ったり、大切に考えたりするのってとても自然なことで、そこに周りから矢茶を入れられても簡単に揺らぐものじゃないと思います。




隣の県の遊園地に行かれるんですか!!!
アタシもこの土日隣の県の遊園地に行くんですよ☆
アタシは宇宙のほうの遊園地ですけどネ(笑)
晴天になることを心から祈ってます…♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>4:50の鍵コメさんへ
いい方向に向かってる…確かにそう思う気持ちはあって。だけど、むねりんと奥さまの離婚を喜んでいいのかもわからない。私だけの彼でいてほしい気持ちと、彼の心の傷とを考えたら、とっても複雑な気持ち。
結婚の保証人になるのと、離婚の保証人になるのは全然違うよね。同じ紙切れなのにね。
むねりんの奥さまのご両親は、この離婚に大反対です。こういう結果になろうとしてて、むねりんはあちらのご両親に謝罪しに行ったんだ。でも、逢ってももらえなかった。そして今も、サインを拒否してる。奥さまのご両親の気持ちも何となくわかるから、それは責められないけど、やっぱりみんな辛いんだよね。

鍵コメさん強いなぁ!私はそんなふうに強気には出れない。ただ淡々と、待つ女です(笑)
鍵コメさんの彼も、ちゃんと素直に向き合ってくれてるんだね。待つって簡単な事じゃないけど、必ず来ると信じて待つのは、ちょっとだけ嬉しかったり楽しかったりすると思わない?

結婚かぁ…私はしたいと思ってる。だけど、それがもしむねりんの傷に触れる事になるのであれば、言えないかなとは思ってる。ただ幸いな事に、今は彼の方が「いつかサヤカと一緒になりたい」と言ってくれてるんだ。彼には子どもがいないから、「いつか俺の子どもを産んでほしい」とも言ってくれてる。
鍵コメさんはちょっと私とは違うけど、こだわってなくても本当はきっと2人一緒になりたいんじゃないかな、って思った。2人の方が私よりもいろんな事をわかってる。『籍』というものの大切さも。その上で2人が一緒になる道を探るのなら、私は精一杯応援したいなぁって思うよ。

逢ってたくさん話したいね。でもそんな事したら夜更かしになっちゃいそうだね(苦笑)

>>筍篶さんへ
はじめまして…と思いきやあなたですか☆
名前が違ってビックリしました。

うん、確かに一ヶ月前には想像もつかなかった毎日や現実が今、私の目の前に立ちはだかってる。
でも、今私は幸せ。毎日心から笑ってるし、朝がキラキラしてるの。

私もあなたも、すごく辛い経験をしたよね。状況は全然違ったけど。そしてあなたの方が一足早く幸せになって、私はまだこんなんだけどそれでも幸せで。

やっぱり不幸だけに偏ってる人は、この世にはいないんだよ。辛い思いをした分だけ、それを超えるような幸せが待ってるはず。
後悔しないように、目の前の人をちゃんと見てようね☆

おぉぉぉ!私もそっち行こうか迷ったんです。
だけど、私の元彼氏が『宇宙』の近くに住んでるっていう理由でむねりんが嫌がったから、東隣の県に行く事にしました。
明日はいい天気みたいだね。
お互い楽しい思い出作ろうね♪

>>12:43の鍵コメさんへ
ね。私は今、ただ彼がそばにいてくれるだけで強くなれると思うのに、私は何かしてあげたいって思う。
彼もそんなふうに思ってくれてるかな。
私の存在だけで、少しは心強いと思ってくれてるといいんだけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>9:56の鍵コメさんへ
鍵コメさんいつもするどいなぁ~。
あなたの言うとおりかもしれない。
彼はとても強い。
でもね、その強さの陰にはきっと脆さがあって。
今まで彼の強引さとか強さとか、それでいて優しいところとかに、私は頼りっきりだったけれど、私も一人の女性として彼を支えたいと思った。

私とむねりんの歩みは、他の人に比べたら随分と遅いものだけど、確実に前に進んでいると信じています。
プラス×プラスは絶対にプラスになるもんね。私と彼が、お互いへの思いやりを忘れなければ、そこからマイナスになったりしないって、そう思う。
ステキな言葉をありがとう☆

上のは、ケータイからコメント送ったら
名前が文字化けしてしまいました汗
スミマセン(≧へ≦。)

>>茱萸チャンへ
おぉそうなんだね。
ビックリしたけどなるほど☆

今後ともよろしくね(^∀^)ノ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/263-f5b91ef8

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。