あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなただけを。

彼のそんな顔を見るのは初めてだったし
できることなら、そんな顔一生見たくはなかった。

彼にこんな顔をさせてしまった私は
本当に最低だ。

彼の事が大好きで
私の愛は今、全て彼のもので
それは間違いないのに

私、写真を捨てるの
すっかり忘れてた。

…いや、
捨てようとした事なんてなかった。

捨てる事なんてできないって
捨てずに部屋の中に置いたままだったのに
忘れてしまっていた。

彼は、いつだって言ってくれていた。
「俺は、絶対にそいつを超えるし
そいつを愛したサヤカも、忘れないって決めたサヤカも
全てを受け入れてサヤカを愛するよ」

って。

彼はいつだって私の事をちゃんと愛してくれて
それをちゃんと態度や行動で示してくれたのに

私はたった一つの落ち度で
彼をずっと苦しめていた。

本当に最低だ。
何て事をしてしまったんだろう。


私は慌てて彼を抱きしめて
「違うの!違うんだよ!
むねりんが思ってるのとは違う!」

そんな事を言った。

私が焦れば焦るほど、彼は悲しそうに笑って見せた。
無理してるのが、イタイほど伝わってきた。

胸がイタイ時って
心臓がズキンってするだけじゃなくて
体の底から震えが来る。

だけどきっと、むねりんが感じたのとは比べ物にならない。


本当に違うのに。

私は今、本当に彼だけを愛しているのに。
ヒロくんの事は、忘れないって決めたけど
そういう…愛してるとかって気持ちはもう、昇華してしまってたのに。


どうやったらわかってもらえるかな…


一生懸命考えて、
決めた。

むねりんの目の前で
写真を二度と見れない状況にして
捨ててしまう事。

それ以外に思いつかなかった。


写真を取り出して
それを持ったまま
私はむねりんを抱きしめた。

「ねぇ、むねりん?
私は○○さんのこと忘れないって言った。

でもそれはまだ引きずってるとか
まだ気持ちがあるとか
そういう事とは違って

私が今、愛してるのは
間違いなくむねりんたった一人なんだよ。

むねりん以外の人なんて
私は本当にイヤなんだよ?
たとえ、○○さんであっても。

本当に本当にごめんね。
もう、悲しませたりしないから
そんな顔しないで。

お願い。わかって。」


そう言って、
彼と私の顔の間に、1枚目の写真を持ってきて
そのまま握りつぶした。

そうまでしないと
絶対に彼は不安なままだって思ったから。

既につぶれてグチャグチャになってしまった写真を
私は何度も何度も執拗に握り続けた。

彼はただ唖然として
そんな私の手を見つめている。

そして、
もう1枚。

ヒロくんがそれをくれてから
別れても再会を果たすまでずっと
私の手帳の中にあった写真。

同じように、握りつぶしてしまえばいい。
そう、頭では思うのに。
なかなか手が動かない。

息がつまるような想いがした。
大好きだった人の写真を、自分の手で破棄するのって
どうしてこんなにも辛いんだろう。

だけど、今一番大切で愛してる人を
もうこれ以上傷つけたくはない。

彼は、目の前に迫る離婚を抱えてもなお
私に正直にぶつかってきてくれた。

彼を、絶対に離したくはない。

私は、自分で思っていた以上に
むねりんの事を本気で愛していた。


しばらくの葛藤の後
私は決意した。

この手で、証明してみせる。

今愛してるのは、目の前の彼ただ1人だという事を。

私がこの写真を捨てる辛さに比べたら
大切な人が今感じてる苦しみは計り知れなかったし
私の手で、それを取り除かなきゃって思ったから。

もう、終わった事だから。
大切なのは、今とこれからで
今、そして未来
私の隣にいるのはきっとむねりんだから。


私は、むねりんを守りたい。
もう、二度と傷つけない。


私は最後に、写真の中のヒロくんに向かって
「バイバイ」って小さくつぶやいて
さっきの写真と同じように
握りつぶした。

どうしてかわからなかったけど
悲しくなんかないし
これでむねりんを少しでも安心させられたかなって思ったのに

私、泣いてた。

どうしてなのか、今でも理解できない涙。


むねりんは、私の涙を拭いてくれて
私の目を見て優しく笑ってくれた。

それは、さっきまでの悲しい笑顔じゃなくて
いつもの、私を守ってくれる
優しくて強い笑顔だった。

私を抱きしめて、むねりんは言ってくれた。
「俺が捨てるのは、簡単な事だった。
できれば見たくないものだったし。

だけどね、どうしてもサヤカの手で…チカラで終わらせてほしかった。
そうじゃなきゃ、俺の中で意味がなかったから。

ごめんね、俺
サヤカに辛い想いさせたよね?

サヤカの全てを受け入れるなんて言っておいて
でも本当は、サヤカの心がまだ○○さんに向いてるとしたら
絶対にイヤだった。

サヤカを愛してるから
全部受け入れたいのにごめん。

俺の方がずっとずっとサヤカに辛い想いさせてるのに
勝手なことばっかり言ってごめん。

俺が絶対に、サヤカを幸せにする。
だからお願い、俺だけを見ててね。」



彼が、こんなに必死になったのは
あの別れ話以来だった。

もう十分すぎるくらいわかってた。
彼は、私を心の底から大事にしてくれようとしてる。

きっと、私を幸せにできるのは彼しかいない。
そして
彼を幸せにできるのもまた、私しかいないはず。

驕りでも勘違いでも何でも構わない。
私は何をしてでも、この人を幸せにしたいって
そう思った。

「私が愛してるのは、むねりんだけだよ?」
そう言って、私は笑った。

そんな私の言葉を聞いて
すごく嬉しそうに、目を細めて笑ってくれた
彼の顔を忘れない。

もう二度と、悲しい顔なんてさせない。


スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、誰にだって~過去はあるもの。
それは誰にも変えられない!
だからこそこれからがあるわけで~
これからをむねりんにぶつけていけば、いいよ。
サヤカさんのその気持ちを大事に持ち続けて~
むねりんに接していれば、きっと伝わるから!!
実行中のわたしが言うんだから~間違いない!(笑)

>>AKIKOさんへ
そうなんだよね、いろんな過去…それはもちろん幸せな記憶だけじゃなくて悲しい記憶も含めて…があるから今があって。きっと、私には切ない経験があるから彼を好きになったし、彼にも辛い経験があるから今私と一緒にいたいと思ってくれてるのかもしれない。

彼に辛い想いをさせてしまった事は悔しいけれど、だからこそこれからは二度とそんな想いさせないって決めた。彼に対して素直でいようって思ったよ。
うん、AKIKOさんはバリバリ実行中だもんね☆私も負けないよ。

ちょっと立ち寄りましたぁ★
まだ出来たてホヤホヤなんですが、更新がんばりますので末永く宜しくぉねがぃしまーす(*^-^*)
またぃつでも遊びに来てくださぁーぃ♪♪
また遊びに来ますね★

>>ピーチさんへ
あれっ?私無言で立ち去ってましたか…?
コメントも残さずにごめんなさいm(_ _)m
私も始めた頃は色々とわからない事だらけでしたょ。
こちらこそ、また遊びに来てくださいね☆

痛かったよ。ものすごく。
自分が写真を握ること、想像したら。
私には、まだきっとできないんだと思う。
サヤカさんのように想える人に出逢えてないから。

今までのサヤカさんのつらさや苦しみは
ほんとに無駄じゃなかったんだね。よかった。

>>monnさんへ
私…本当はすごく辛かったんだと思う。ただの写真と言われればそれまでだけど、彼が私にくれたものでもあったし、逢えない時間私を支え続けてくれたものでもあったし、何より、大好きだった彼の顔がそこにはあって。
握りつぶす手に、曲がった写真の角が刺さってすごく痛かった。でも本当に痛かったのは心の方かもしれない。
でもね、その痛みを感じてでも、今の幸せを守りたいって思った。大切な人に、不要な苦しみは持ってほしくなかったし。私は彼を幸せにするんだって決めたから。
ずっと、ヒロくんを超えるような人には出逢えないって思ってた。でも、彼は超えてしまうかもしれない。それがちょっと怖いけど、でもすごく楽しみでもあって。

私はたまたまいいタイミングで彼に出逢えただけ。タイミングは人それぞれだから。monnさんには逢った事ないけど、きっとステキな人。だから大丈夫。
自分らしく過ごしてれば、自然とまた出逢いを引き寄せると思うよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/266-b4787512

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。