あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理。

昨日、むねりんは休みで
私は朝から仕事、夜は職場の歓迎会。

こういう場合、彼は自分の家に戻ります。
こっちにいても、面白くないって。

で、昨日歓迎会がわりと早めに終わって、
21時半頃家に帰りながらむねりんに電話しました。

まぁただ声が聞きたいなぁと思っただけだったんだけど。

他愛のない話をしてるうちに私は家に着いて、
むねりんは
「飲んでるんだし、明日も仕事なんだから
家でゆっくりしとかないかんよ?」

って言ってくれた。

言われたとおり家でゆっくりしてたら
22時半ごろピンポンが鳴った。

こんな時間に誰?
若干不審がるような声で応答すると
「サヤカー、下開けて☆」って


むねりんが(爆)


「はぁぁぁっ!?(゜Д゜;)
今日家にいたんでしょ?
何でいるの!?
意味わかんないんだけど!?」

「いいけん開けろって言いよるやろ?」 

70km以上も離れた自分ちにいるはずのむねりんが
何故かうちのマンションに来てて、
唖然呆然だったけど開けてあげて。

むねりんは、うちに入るなり私を抱きしめた。
「声聞いたら逢いたくなっちゃって
車すっ飛ばしてきちゃったよ」

って
まるで子どもみたいに笑う。

そんなむねりんが、やっぱり私は大好きだなぁって思った。

だけど、その抱きあった時とその後キスした時に気付いた。

「むねりん…何か体熱いよ?」

そしたらむねりんが「しまった」って顔をして
「ばれたかぁ。」
って言った。


ん???ばれた???


「俺ねぇ、今日起きてからずっと熱があるんだ(汗)」


はぁぁぁぁ!?

「何やってんのー!?
もう、熱があるならこんな無理しないで。」

「サヤカ怒らんで?
心配させてごめんけど、それだけ逢いたかったんだ。
逢えて嬉しかったからいいんだ。
でも、今後は気をつけます。」


いつになく、素直で本当に子どもみたいなむねりん。
私は仕方ないなぁって顔をして
「じゃあ今日は早く寝よう?」って言った。

無理をさせてしまったのは、ちょっとイヤだったけど
それでもそこまでの気持ちで逢いたいと思ってくれていた事が
とてもとても嬉しかった。

でも、もしかしたら、
むねりんはそれだけ不安なのかもしれないと思ったし
その不安の原因は、この私だとも思った。

電気消してベッドに横になっていろんな話をした。

そしてむねりんは、
それまでのふざけたり、偉そうだったりする口調から一変して
「あのね、サヤカ」
って切り出した。

何?と尋ねる私に、むねりんは言った。
「金曜日に、出そうと思って。」

突然だった。
むねりんが「出す」と言ってるのは
『離婚届』。

だってこの前逢った時
出す前に奥さまと話をするって言ってたし
だから、私は4月の下旬かな、くらいに思っていて。

そのあたり聞いてみた。
そしたら、
「嫁とはやっぱり話しなきゃいけないけど
出してからでもいいかなと思って。
もう出す準備は整ったんだ。

早く、サヤカの苦しみを
どうにかしたくて。」


むねりんは、私のためにこんなに大事な事を
早く終わらせようとしてしまっている。

こんなの絶対に間違ってる。

確かに、今の自分の立場を考えると
心穏やかな事ばかりじゃない。
堂々と、みんなの前にむねりんと立てる日が来るといいのにって
そう思う事だってある。

そして、今もこれからも、ずっと先の将来も
一緒にいたい。

だけど、
むねりんのしようとしてる事にはどうしても賛成できなかった。

大事なのは、過去でも未来でもない。
『今』だから。

むねりんには、『今』やらなきゃいけない事
大事にしてほしかったし、逃げないでほしかった。

私と一緒にいるのは、それからでもできるって。
私はむねりんから離れないって決めたから、
待とうって思った。

「むねりん、気持ちはすごく嬉しいんだけどね、
何か違う気がする。

私は、どこにも行かずにちゃんと待ってる。
むねりんを信じてるし
後悔してほしくはないんだよね。

『今』やらなきゃいけない事をちゃんと考えて。
奥さまとちゃんと、最後に話をしてきて。

私たちの関係は、いつか終わる関係なんかじゃない。
これから先長いんだから
何も焦る事ないよ。」


これが、私の本心。

私の言葉を聞いてむねりんは笑った。
「サヤカ、ありがとう。
お前は本当に…子どもなんだか大人なんだかわかんないな。

ちゃんと、してくるよ。
全て納得行くように話ができたら
その後すぐに出すから。
それが金曜日になるかもしれないしね(笑)

待っててね。
あと少し、頑張ろう。」



その後むねりんは安心しきった顔で眠ってしまって
今朝起きたら熱も下がっていた。

朝会社に向かう私を
会社からちょっと離れたところまで車で送ってくれて
そこで周りをキョロキョロ見渡すと人がいないのを確認して
私にキスすると
むねりんはまた自分の家に帰って行った。

傷つけたけど、
これからは絶対に大事にする。

不安は少しずつ取り除こう。

だってきっと
私と彼との日々は
これからまだまだ、先は長いはずだから。

スポンサーサイト

コメント

サヤカさん最近なかなか来れなくてごめんね。
あ・・読んではいたんだけど笑
なんかいろいろ急展開で
でもなんかドキドキしながら読んでたよ^^
サヤカさん、幸せそうでほんとによかった。
私サヤカさんには幸せになってほしいって思ってたから。
むねりんさんも本当にサヤカさんが好きなんだなぁって伝わってくるよ♥
今はまだ・・だけど、二人が堂々とできる日は近いみたいでよかった。
そうだよね。離婚ってきっとそんなに簡単じゃないと思う。だからこそ奥さんときちんと最後まで話してほしいっていうサヤカさんの気持ちもわかるけど
サヤカさんすごいな。私だったら奥さんと話すの少し心配になっちゃう。
でもそれ以上にお互いにほんと信頼関係が築けてるんだよね。
なんかうらやましいな~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>雫さんへ
うぅん、気にしないで☆私も更新するのに精一杯で、なかなかコメント残せないから。

私ね、不安な事の方が多いはずなのに、今はとっても幸せなんだよね。これってきっと私が彼を信頼していて、彼がそれにちゃんと答えてくれているって証拠なんだと思う。
きっと近いうちに、私はちゃんと彼女になれるって信じてるし。
だからこそ、奥さまに会うのはもうこれが最後になると思ってる。話をちゃんとして、彼のチカラで終わらせてほしいなって。
いろんな事を言われるのは当然だけど、今は彼と2人頑張っていこうと思うよ。

>>20:40の鍵コメさんへ
そうだよね。私も彼に出逢って知った。言いたい事ちゃんと伝えて大丈夫なんだって。前までは、「あぁこんな事言ったら嫌だよね」とか、そういうことばっかり考えて、自分が出せないことだって多かったから。
私も、ちゃんと奥さまと話し合って納得してほしい。離婚自体はもう話をちゃんとしてるけど、その他の事についてもね。
そっかぁ、2人で将来の話もしたんだね。やっぱり2人にはきっと未来があるんだよ。
私も昨日、「サヤカには2年後に男の子を産んでもらって、小学生になったら野球部に入れようね」とか言われて、未来は続くんだろうなって思ったよ。
お互い大事なものは手放さないように、ちゃんと見ていこうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/267-a8af081f

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。