あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない再会。

彼と離れて4日目。

ついに彼は、奥さまと再会する。
もう既に決まった離婚でもめるためではなく
これから先、それぞれ別々に過ごしていくための話し合いらしい。

私が彼と出会う前から決まっていた離婚。
でも、どうしても気になって気になって
仕方がなかった。

彼は電話で言ってた。
「嫁は今日仕事だから、それが終わったら逢う事になってる」
って。

多分、19時とか20時とか
そのあたりかな。

ちょうど私は、残業をしている頃。


彼がこんなに大変な時に、
私はわがまま言いまくって彼を困らせた。

本当にごめんなさいって思う。

私がもっと大人だったら
何も言わずに黙って見てただろうか。

でも、彼はこんな私をかわいいと言ってくれる。
彼は本当に変わった人だなって思ったり。


彼は必ず私の元に戻ってくる。
それは、私の中で確信になってた。

そして今日は運良く、残業時間に急ぎの仕事を頼まれて
私はそれに没頭する事ができた。

寂しいとか不安な時の忙しさって
時にココロを救ってくれる事もあるから。


でも、仕事終わって帰りながら思った。

いつも彼は、私の前で明るかった。
どんな事でも前向きに捉えるような人だった。
ゆうちゃんもユウコも、
「どうやったらむねりんみたいにポジティブになれるん?(笑)」って言うくらい。

だけど、だからこそ。

彼はまだ、私に全てを見せきってはいないって気持ちもあった。
それは、私に見せても何の解決にもならないからなのか
彼なりのプライドなのか
私への何らかの気遣いなのか

何もわからない。

だって私、結婚すらした事がないから。
愛して結婚した人と、終わりを迎える瞬間
どんな感じなのかなんて
全く予想もつかない。

でも、
彼はきっと、何らかの形で傷つく。
リコンは彼の心に、半永久的に刻まれる傷になると思う。

彼の傷ついた顔は
たった一度しか見た事がなくて
だからこそ、傷ついて帰ってくるであろう彼を想像するだけで
十分すぎるくらい苦しかった。


仕事が終わって家に帰って
「考え込んでも仕方ない」って
部屋の掃除してたら


むねりんからメールが来た。



「話終わったよ。
今からこっちの家に帰ります。」


たった、それだけのメール。
むねりんからもらったメール、289件目にして
初めて一切絵文字のないメールだった。

それが、彼の憔悴ぶりを表してるようで。

私は、かける言葉が見つからなかった。
ただただ、彼が無事帰宅してくれるようにって
祈る事しかできなくて
「うん…
帰り、気をつけて帰ってね。」

そんな事しか言えなかった。

余計な事は、言っちゃいけないとも思ったし。


それから1時間20分後、彼から返信。
いつもより30分近く長くかかって彼は家についたみたいだった。
そのメールも、読んでて胸が痛かった。
「無事に着きました
心配させたね
ごめんね」


今度は、句読点すらろくにないメール。
今の彼は、こうしてメールする事でも精一杯の精神状態なんだ。

明らかにいつもと違う。
何だか彼が、到底手の届かないところに行ってしまった気がした。
でも、そんな彼にしてあげられる事も、言ってあげられる事も
何も見つからなかった。

悔しいほど、私は無力だった。

そして、こんな時にさえ、
彼に気を使わせてしまってるのかなって思ったら
それがたまらなく辛かった。

頭の中にはいろんな事が駆け巡るのに
今の私はやっぱり、こんな事しか言えなくて。
「こんな時にまで気を使わせて本当にごめんね。
私の事は今はいいから。
ちゃんと食べて、ちゃんと寝てね。

おやすみなさい。」



彼からの返信は、なかった。
彼がショックを受けているのも、きっと無理はないのだけど

もしかしたら
もう彼とは前みたいな生活はできないかもしれない。

そんな、嫌な予感がした。

どうか神様、
もうわがまま言わないから


お願い、この予感がはずれますように。

私、彼がいなきゃダメなんです。


お願い。
彼を奪わないで。

そしてどうか
彼を今の苦しみから
いつの日か解放してあげて。

スポンサーサイト

コメント

久しぶりのコメントです。
ってか、怖くてコメントできなかったのが本音。
うまくいったらいいねー。
ホントにうまくいったらいいねー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>バオバブさんへ
こんにちは☆
そうだね、仕方がないよ。こんなブログにコメントするのってすごく難しい事だと思うし。
でも、見ててくれて嬉しかったです♪
私はうまく行くって信じてるから。

>>4:37の鍵コメさんへ
だよね…やっぱり傷は残るよね。そして私にはその全てを理解するのは難しそうだし。でも、彼の言葉をちゃんと聞いてあげる事はできるし、その中から少しでも彼の傷を理解したいとも思うし。

この想いは、何があっても揺るがない。それは嘘なんかではないから、彼が戻ってきたいって思える私でいたいし、ちゃんと彼を信じてあげなきゃって思ったよ。
いつもいつもありがとうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/274-439edc50

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。