あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の危険。

窓開けっ放しで寝てたら
サイレンの音で目が覚めた。

サイレンは消防車のもので
それは一台じゃなかった。

うちから歩いて2分くらいのところにある消防署…

はっとした。

今まさに出動してるのは
むねりんだから。

きっと、消防車に乗って
現場に向かってる。

大した火事じゃないといいけど…
ケガ人や亡くなる人がでませんように。

そして何より
むねりんに何もありませんように。


火事があった時とかに出動するのも彼の大事な仕事ってわかってるんだけど
それでもやっぱり心配になる。

口には出さないけど、
毎日願うのは、彼が無事一日を終えますようにって事。
朝から仕事に送り出すときは必ず
ぎゅって抱きしめて
「気をつけてね。」
って言う。

彼は笑いながら「うん」って言う。

一度だけ、言った事がある。
「もしむねりんに何かあったら
私生きていけないよ…」


そしたら彼は呆れたように笑って
「大丈夫。俺が死ぬわけないでしょ?
消防学校でも、生きるための教えを受けてきたんだし

何より、今サヤカを残して死ねない。」

そう言った。


むねりんは昔レスキューにいた時
本当に死にかけた事があるって笑い話みたいに話してくれた事があるけど
私は本当に笑えなかった。

今日、その話を思い出した。
むねりんの仕事は、いつだって危険と隣合わせで
時には命の危険が伴うものだって
時々はっとする。

せめて私と一緒の時だけでも
彼の心が休まればいいのにな。


それから2時間後
むねりんからメールが来た。

「疲れたよ
××で火災だったけど、ケガ人が出なくて良かった
サヤカはもう夢の中かなぁ…」


いつもと変わらないメールで
ものすごく安心した。


人のために仕事をするって
実はとても地味で、でも大変な事。

自分の命を危険に晒してでも
消防って仕事に誇りを持っている彼そのものが
私にとっては誇りであって。

そんな彼を、私にできる精一杯で支えられるように
もっとしっかりしなきゃな。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>5:11の鍵コメさんへ
私も同じ考え持ってるよ。
毎日とは言わないけど、時々彼が殉職した時の事を考える。そう簡単に死なないって彼の言葉もわかるんだけどね。私と彼の別れは、いつ起こるかわからない。
彼に言われたんだ。「仕事では死んだりしないけど、人間誰だっていつどうなるかわからない。だから毎日ちゃんと素直に過ごさないと、絶対後悔するよ」って。
娘さんの話…知らなかったよ。そうだったんだね…大切な人を失った経験のない私には、想像もつかない世界だよ。

今いる娘さんは、きっと繊細だからいろんな感情が一気に出ちゃう事もあると思うけど、大事な事はきっとわかってるよ!繊細な人って、感情に対してもきっと敏感だからね。
だから自分を責めないでね。娘さんだってそれは望んでないと思うから。
本音と本音でぶつかる事、これって恋人同士じゃなくてもきっと大事な事だよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/289-9fd0f5e6

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。