あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の瞳に恋してる。

ある日仕事で、見た事もないシステムを自分の担当店舗に設置・説明しなきゃいけなくなった。
てんぱりまくりの私に、課長が一言。

「あ、一人詳しいのがおるぞ。」

それがまたしてもヒロくんだった。
ヒロくんはうちの会社に入る前、店舗スタッフでそのシステムを使いまくっていた。

で結局ほとんど会話も接点もないヒロくんの運転で、ショップさんに向かう事になる。
サヤカ「すみません、忙しいのに…」
ヒロくん「いいえ、俺そんなに忙しくないですよ」

…話がかみ合わない(´_`;)空気が重い。気まずい。
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ
私やっぱりこの人嫌いかもonz
早く帰りたいー。

そんな気持ちでショップさんに到着。
早速店長に挨拶して、説明を開始。
と言っても説明は全てヒロくんだけどね↓

最初はあまりにも早く帰りたくてそればっかり考えてたけど、
気がついたら私、

ヒロくんから目が離せなくなっていた。

店長の本当に基本的な質問でも全部受け止めて、わかりやすく説明して
一つ一つ、「大丈夫ですか?」「わかりにくくないですか?」って聞きながら
ただ口頭で説明するだけじゃなくて「一緒に」やって「一緒に」覚える。

店長に話しかける時の優しい顔と、
システムに向き合う時の真剣な眼差し。

嫌いだったはずの人は、その目で私の気持ちを180度変えてしまった。

3月のある日。
生まれて24年。サヤカが初めて自分から恋に落ちた瞬間だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/3-fad9c0be

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。