あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀裂。

彼なら、何でも話せるって思った。
言いたい事言っても、彼は私を見放したりなんかしない。
彼になら、どんな事でも話せる。

そして、彼ならわかってくれる。

私は彼を信じていたからこそ
何でも、どんな些細な事でも
思う事は少しずつだったけど話すようにしてた。

だから、
彼が私の話に対して
応える事を止めてしまった時

私は、感じた事のない恐怖に襲われて

大好きで信じたいのに
彼の、何を信じたらいいのか
わからなくなってしまった。

それでも彼は
きっと私がそんなふうに考えてるなんて知りもせず
昨日もいつもどおり、決まった時間に朝メールくれて

その後も、訓練だったからいつもより時間は遅れたけど
お昼ご飯の時にメールくれて

でも、私
そのメールに返事をする事すら怖くなってしまってた。


彼は私の話に応える事をやめてしまった。
これでメールも返ってこなかったら…?

そんなの、耐えられるはずもなかった。

そうこう考えてるうちに
メールを返さないまま夜が来た。

いつもより早めに
彼から着信。

だけど、私はそれに出る事も
折り返す事もできなかった。

何を、どう話したらいいのかわからなかった。

どんな話をすれば、彼は応えてくれるのか
どんな話をすると、彼は応えなくなってしまうのか

私はそんな事を考えるばかりで
メール返したい、彼の声が聞きたいっていう
自分の気持ちに正直になれなくなってしまった。


そのまま2時間が過ぎて
私が、彼に応えてもらえずにつらいのと同じように
彼もきっと今、私と連絡が取れずに不安になってる…

そう考えたら切なくて、胸がきゅぅってなった。

とりあえず、何を話したらいいのかわからないけど
彼に連絡を取ろう。

そう思って電話した。


「どうしたー?もう連絡ないけん心配したやん!
忙しかったと?」

「いや…そうじゃないんだけど…」

それ以上、怖くて言葉が続かなかった。
代わりに、涙が出てきてしまって。
でもそれを彼に悟られちゃいけないって
必死に堪えた。


でも、彼にはばれてしまった。


「はぁ???何でいきなり泣いてんの???」
「何でもない…」
「何でもなくないやろ?」
「何でもないってば…」
「何でもないやつが何で泣くん?」
「別に…」
「サヤカ。何かあるならちゃんと言ってって
いつも言ってるでしょ?」

「だから何でもないってば!」

突然怒鳴り声を上げた私に
彼は一瞬ひるんだ後で
「…今からそっち行く」
って言った。
昨日、彼は自分の家に帰ってた。
時間は23時を回ってた。

彼があまりにもいつもと同じすぎて
そして、私がこんな事を考えてるなんて知らずに
優しいから

私はそれすらも、恐怖だと感じていた。

「逢いたくない…!」

逢いたいんだけど
逢うのは怖い。

話がしたいのに
応えがないかもしれないのが怖い。

彼には、正直にぶつかっていけると思っていた分
自分の譲れない部分で
彼が私の言葉を無視しようとした事が

どうしても、受け入れられなかった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/300-1ac0f78b

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。