あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節目の日。

5月30日。

きっといつになっても、この日を迎えるたび
私には思い出す光景や表情があって

ただでさえそうなのに
1年の節目は、いろんな偶然が重なり過ぎました。


5月30日の朝を、
私は1人で迎えました。

今年は。

去年は2人だったなぁって
朝からそんな事をぼーっと考えてしまったり。
涙は出なかったけど
何だかとっても切ない気持ちになった。


会社に行って、隣の部署の課長に呼ばれた。

「今日店舗スタッフ向けの会議があるんだ。
その中で、新商品に関する勉強会があるんだけど
講師するはずだったやつが急遽出席できなくなったから
サヤカちゃん代打でやってくれないかな?」

何日か前に、別の勉強会で講師をした私に
白羽の矢が立った。

課長自らのお願いだし
もちろん断るなんてしなかったけど

5月30日というその日に
こうして偶然にも再会するって事に

何か変な宿命を感じた気がする。


よく考えたら私、初めてだ。

最後に2人で再会したその次の日から
私の隣にはむねりんがいるようになって

だからそれ以来、
『彼』の存在を感じる時や
『彼』そのものに逢ったり見かけたりする時だって
必ずむねりんと一緒だった。

今日は仕事。
もちろんむねりんはいない。

その事が、とても不安でもあった。

大丈夫、そう思う気持ちは確かに事実で
でも、もしかしたらあれ以来何があっても大丈夫だった根拠は
むねりんの存在があってチカラをもらってたからなんじゃないかって
自分を疑う気持ちもあった。


会議のために、部長以下会議室へ移動。
私は最後にその部屋に入ると
無意識のうちに『彼』の姿を探すのだった。

それは…何でだったのかな
そういう気持ちじゃなくなっても
一度は真剣に愛した人
気になる存在である事には変わりなくて。

彼を見つけた瞬間
彼も右斜め後ろの私の姿を
振り返りざまに見ていて
かすかに、会釈をしてくれたように見えた。

そしてその後すぐさま前を向いてしまった。

同僚として過ごした7ヶ月間。
彼と共に、自分たちの仕事について語り合ったり相談したり
時には激論を交わした事だってあった
そんなうちの会社のビルで
この日を迎える事になった。

きっと、彼も覚えてる。

確証なんてないけど、
そんな気がしてならなかった。


会議は淡々と進んで
私が話す番になった。

参加者を見渡すように話をするよう心がける。
原稿を読むような話は、するのもされるのも好きじゃなかったから。

必然的に目が合う。
もちろんそれは一瞬で。

その一瞬が何度も繰り返される度
付き合う前、仕事中にも何度も目が合った事を思い出した。


会議が終わると、彼は他の社員に挨拶をしていた。

そう、この会議に出席したうちの会社の社員にとっても
『彼』は元同僚であって
そして私と『彼』との関係も十分知っている人たちだった。

彼は一通り挨拶を終えると帰り支度を始めた。
周りの人たちの目が気になったからか
私に気を使ったのか

私の元には近寄る事なく
再び小さく会釈をすると
会議室を後にした。


戻らない時
1年前のあの日、誰よりもそばにいて
誰よりもお互いの気持ちを分かり合えてた2人は

みんなの前で言葉を交わす事すらできない関係になっていた。

でも私はわかってる。
もしかしたら思い込みかもしれないけど

大切なのは、人前でどんな関係かじゃなくて
心と心が、たとえ極々細い糸ででもいいから
何かを感じ取って
そこから少しでも相手を理解できる事。

そりゃあ言葉でもって初めて伝わる事もあるけれど。

幸せだとか
嬉しいなんて気持ち
全然なかったけど

それでも、私は不幸じゃない。
悲しくもない。
本当にそう思った。


そしてその日の夜、会社の飲み会があった。
あの日と、同じ場所で。

違うのはただ、彼がそこにいないという事。

ヒロくん、
あなたと初めて心が繋がった日
あの日から1年が経ったよ。

1年は、長かった。

早かったとか短かったなんて思わない。
あんなに悩んで苦しんで
1つの事、
1人の人と向き合った日々はなかった。

1年。
人はきっとたった1年って言う。

でも、私にとってはかけがえのない1年。

あなたの心が一番近くにあった日から1年
改めて、あなたに逢えた意味を
考えようって思いました。

それが、あなたへと向かった私を忘れない事であり
今の幸せを大切にする事にも繋がるって思ったから。

直接伝える事はできなかったけど

あなたに心から、
ありがとう。

スポンサーサイト

コメント

そうだね。
一年って、長いよ。
苦しくてつらいことがたくさんあったぶん
時間がすぎるのが遅かった。

今からの一年は、どんな一年になるのかな。
私も心から好きになれる人に出逢いたいな。
そして、来年の今は
心からの笑顔で大好きな人のとなりにいたいな。

>>monnさんへ
うん…辛い事や苦しい事が多いと、それだけ心に負担がかかるから時間が過ぎていくだけでもストレスなんだよね。
もうできれば同じ思いは繰り返したくない…

私はたまたまいろんな偶然がかさなって、今むねりんと一緒にいるけど、それって結局タイミングの問題だと思うんだよね。ちょっと何かが違ってたら、きっと今も変わってたと思うし。
monnさんにもいつか絶対に来るべき時が来る。だからきっとまた心から笑えるようになるよ☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/308-987a90df

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。