あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガクレキ。

親は私に彼氏がいる事自体を
これまでもあまり良くは思っていなかったけど
こんなにも真っ向から反対されたのは初めての事で

しかもその理由が、
『学歴』
だなんて、
あまりにも馬鹿げてて
私はどうしたらいいのかさえも
瞬時に思い浮かばなかった。

「は…?」

本気で最初自分の耳を疑った。
それか、聞こえた言葉は悪い冗談なんじゃないかって思った。

でも、親は私が思っていた以上に本気だった。
「今すぐ結婚する訳じゃないんよね?
サヤカももういい歳だし、それなりに結婚も考えてるかもしれないから
その人とそんな気持ちになる前に、やめなさい。」


全身から、すーっとチカラが抜けるのがわかった。
そして、いくらなんでもそんな事承諾できる訳がなかった。
「何それ?意味わかんないんだけど。
高卒だからダメって何?」

「あんたは3人姉妹の中でも、その辺の常識は一番備わってると信じてたのにね。
よりによってあんたが高卒と付き合うなんて思わなかった。
言ってみればあんたは、お父さんとお母さんを裏切ったのよ?
サヤカはバランスを考えた事あるの?」

「バランス…?バランスって何?」
「第一ね、その人がうちの親戚の中で、肩身の狭い思いするでしょう?」

そう言われて考えたら
身近な親戚はみんな大学とか大学院とかを出た人たちばかりだった。
うちの両親もそう。

でも私は知ってた。
むねりんがちゃんと考えて遠く離れた高校への入学を自ら希望した事、
ご両親は大学に行ってほしいと言ってたのを
自分には考えがあるから大学には行かずに就職するって言って高校卒業後に就職した事。

そしてむねりんがその事に、すごく誇りを持ってる事。
後悔はしていない事。

学歴なんかじゃ、その人の背景は計れないし
その人の心だってわかんない。

少なくとも私はそう思ってるし
きっとむねりんも同じ事を思ってくれる気がした。

「彼はそんな事気にしない人よ?」
「…その人が気にしなくても
お父さんもお母さんも認めないものは認めないの。
きっとおじいちゃんやおばあちゃんだって
知ったら悲しむわ。」

「悲しむ?学歴だけで?
逢った事もないのにただその学歴っていう結果だけで?」

「そうよ。
今時大学行く人の方が多いのに
何が好きで高卒の人を選ぶの?」

「私は高卒だから彼を選んだんじゃないわ。
第一、自分の周りの人をそんな馬鹿げたふるいにかけようなんて
絶対に思わないし、当然した事ないもん。」

「別に高卒の人と仲良くするなって言ってるわけじゃない。
お母さんだって、友達にはいろんな人たちがいるもん。
でも、それ以上になるなって事。
結婚だけは、絶対にダメ。」

「言ってる事矛盾してるよ?
この人は友達、この人は恋愛対象なんて
最初から分けて仲良くしてるわけじゃないでしょう?
最初はみんな友達とかで、そのうちその中から1人がトクベツになって、その人と結婚したいと思うんでしょ?
だったら最初っから、高卒の人とは友達になるなって言ってるのと同じじゃない。
何なの、それ…意味がわかんない。

言いたい事は何?
私の彼氏が高卒で、だから今すぐに別れなさいって事?
逢ってもない人の事、それだけで判断して人間関係狭めなさいって事?
高卒ってだけで、人間性まで否定するの?」

「そこまでは言ってないでしょ!
ただ、はっきり言えば、今すぐに別れてほしい。
そういう…結婚とかっていう気持ちになる可能性が少しでもあるのなら
すぐに別れなさい。」

「彼に逢う事もしないで?
せめて逢って人柄とか考え方とか知ろうとは思ってくれないの?」

「逢う必要がないの。
学校の事、それだけでもうお父さんとお母さんの中では
1つの結論しかないから。」


呆然としながらも
私は初めて、ここまで親に反論した。
今までは、ある程度反論しても
最後はちゃんと言う事聞いてきたから。

でもこれだけは、どうしても納得できなかったし
初めて、この両親の下に産まれてきた事を、真剣に恨んだ。

私は、こんなに心の貧しい人たちの子どもだったの?
こんなに人間として寂しい人たちに育てられてきたの?

そう思ったら、自分の存在そのものが
とても気持ち悪くなった。

私は、何?
こんな自分、消えてしまえばいいのにって
本気で思ってしまったくらい
私は自分自身という存在に、本気で嫌悪感と吐き気がした。

むねりんを愛してしまった私は、罪?
そしてこれが罰?

そして、こんな私を好きになってくれたむねりんは
まさかこんな事になるなんて、微塵も予想していないはずで

こんなバカみたいな理由で
彼を傷つけるわけには行かないし

でも、こんなバカみたいな話、
絶対に言えないし

何を、どうしたらいいのか
軽くパニックになりそうになっていた。


「学歴ってそんなに大事?
私はたまたまやりたい事があって大学に行ったよ?
でも、世の中には大学行っても適当に暮らしてる人もいるし
行きたくても大学行けない人だっているし
高校出て十代のうちから社会に出て真剣に働いてる人たちもいるわけでしょう?

学歴なんかじゃ、その人の心は理解できないよ?
学歴がなんなの?
少なくとも私は、学歴で人を判断するような
そんな人間として貧しい心の持ち主にはなりたくない。

お父さんとお母さんが、そういう最低な気持ちだって事はよくわかった。
でも私、絶対に一生かけても理解できない。

ごめんなさい。
帰る。」


話し合いは1時間半にも及んだけど、
私と母親の話は平行線の一途で
何度も何度も堂々巡りをするばかりだった。

私は、学歴なんかじゃ人は計れないと思うし
両親は、学歴が1つの基準だと言うし

これ以上話したって、分かり合えない。

母親は、怒ったような顔でうつむいて、それ以上言葉を発しなかった。
父親は、一時間半の間で2回くらいしか口を挟まずに、
ちょっと困ったような顔で、私を玄関まで送ってくれた。


交差点で1人

どんなに止めようと思っても
涙は止め処なく溢れてきて
目の前の信号が何重にも霞んで見えた。

大好きな両親だったのに。
むねりんを好きになれた私も大好きだったのに。

彼には絶対に言えない。
こんな話、彼の人生そのものを否定するのと同じだし
私の両親がそんなバカみたいな事を言ったなんて知ったら
きっと私とは一緒にいてくれなくなるだろうし
もしかしたら、完全にひいてしまうかもしれない。

私は、どうしたらいいんだろう。

彼の事が好き。愛してる。大切。

でも、最低だと思うけど
両親の事もやっぱり嫌いにはなれなかった。


私に残された選択は、
むねりんか両親
どちらかを選ぶ事しかないのだろうか。
幸せな結末は、やってこないのかもしれない。


何もわからなくなってしまった。

スポンサーサイト

コメント

サヤカさんの思うことは間違ってません。
ただ社会は、おおむね学歴で判断するのは事実です。
公務員でも大卒と高卒は実力に関係なく、
大卒のほうが出世は早く、確実です。
親御さんはサヤカさんとむねりんの幸せでなく、
サヤカさんの幸せだけを考えているので、
リスクの少ない人生を歩んでもらいたいだけなのです。
単純なことです。
また、将来のことに目を向けると、
学歴のない親を持つ子供(サヤカさんの)が、
肩身の狭い思いをすることが否めないのも事実。
それは受験や就職に影響してきます。
一流の学校や一流の企業は、なんだかんだ言いながら、
未だに家庭調査をしていたりします。
今いる家族や親戚だけでなく、未来の家族も巻き込むのです。
つまり、結婚は2人の人生であって、2人の人生でないのです。
厳しい言い方をすれば、
サヤカさんの目の前に全く同じ人物であれば、
高卒のむねりんと大卒のむねりんの、
どちらを選びますか?

親は自分の子供が可愛いと思っていること、
自分の子供の幸せを望んでいることを忘れないで下さい。
そして、その中で、親に理解してもらえるように、
努力を重ねていくことです。
大抵の場合は親が根負けしたりするものです。
悲観的になる必要はありません。
しかし、今一度、結婚と学歴は関係することを
受け入れなくてはいけないことも自覚しましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>バオバブさんへ
そうなのかなぁ…全く違うとは思わないけど、ちょっと今の時代の流れとは違うのかなって思った。

私はまだ社会人3年目で、「社会の事まだ何もわかってない」って言われたらそれまでなんだけど、逆に言うと就活して間もない分今の日本企業の採用を少しは知っている身分でもあると思うし、学生の頃の活動でいろんな企業の方たちと接する機会もあったから、学歴が全てじゃないと私は確証持って強く思うようになったのかもしれない。

確かに未だ一部の企業では学歴だけでふるいにかけるような事をやってるけれど、「一部」なんだよ。もしかしたらバオバブさんが知っているのはこの「一部」の会社が多いのかもしれない。

あまり詳しい事は書けないけれど、私の勤めている会社も日本人ならみんな知っているところです。でもそういうのはないし、周り見てもやっぱりそんなナンセンスな事をいう人たちは誰一人としていません。そして、身辺調査なんて絶対にやってません。

そして、学歴のない親=高卒の親って事?それはあんまりじゃない?そしてその子どもが肩身の狭い思いをするなんて、どこで見たのかな?少なくとも私はそんな事で肩身の狭い思いをしているような友人はいないし…受験や就職に影響するのも、本当に極々一部の古い考え方を継続しているところのみの話だと思う。一流の学校?一流って何だろう?みんなが知っているような偏差値の高い学校?
一流の大学に行って、一流の企業に入る事が幸せなんて時代はもう終わったと思うし、どこの学校行ったから大丈夫なんて保障は世の中にはないよね?

そして、結婚と学歴が関係してるのは、精々お見合いの世界くらいかなって思う。
私は、若くしてちゃんと自分の人生考えて大学に行かないという選択をした彼も、今、体を張って時には命賭けて仕事している彼もすごく尊敬しているし誇りに思う。もしも子どもが産まれたら、「お父さんはすごいんだよ」って、胸張って教えてあげたいと思う。
だから、高卒のむねりんと大卒のむねりんなんて想定する必要もないの。私が大好きな彼は、彼本人しかいないのだから。高卒だからとか大卒だからどうとか、そういう考え方自体、私の中では「有り得ない」事なんだよね。

多分私の両親は、大卒以上の人と結婚する事が私の幸せだと思ってるから強く言ったんだと思う。でもね、だからこそ「それは私の思う幸せじゃないよ」って事、いつかわかってもらわなきゃいけない。これからの2人をどうにかして見てもらうしかないのかなって。
何よりまだ、バツイチっていう一番のハードルが残ってるし(汗)

反論になってしまったけど、バオバブさんと同じような考えの人もきっとたくさんいるだろうし勉強になりました。もしかしたら、男と女の考えの差もあるかもしれないしね。
これに懲りずに、また意見してくださいね。

>>4:36の鍵コメさんへ
うん、私もそう思う(^_^;)
まだ途中までしか書けてないけど、何人かに相談したら、みんな鍵コメさんや私と似た感じだった。
それは何も、20代の人ばかりじゃなくて、もっと上の人もいれば男女もバラバラで。
大卒の人と結婚したからって幸せとは限らないし、絶対はないよね。リスクが減るとも思えない。
私世の中わかってないのかな(笑)理想論と言われたらそれまでなんだけどね。
一番味方してほしい人たちに味方してもらえないって、結構精神的にきついね。。。

>>12:22の鍵コメさんへ
そっかぁ…何か意外な共通点が。でも、だからこそ本当に私の状態わかってもらえてるんだろうなって、心強く思いました。
それにしてもかなりの波乱万丈…だけど、それは鍵コメさんが自分の意志をちゃんともって人生を送ってきた証でもあるよね。きっとご両親は「どうして!」って思っただろうけど、心の中ではちゃんとわかってくれてる気がしたよ。
うちの親も恐らくは体裁を気にするタイプだと思う。今まで姉妹3人ともある程度期待から外れないくらいにはやってきてるから、私が予想外に高卒の人と付き合っていたという事実が、どうしても受け入れられないのかもしれない。
1つ気になっているのは一番下の妹の事。妹の彼氏も高校出て働いてるんだよね。うちの両親は長女である私に厳しく、末っ子の一番下にはすごく甘かった。でも、だからこそ私以上に妹には強く出るんじゃないかって…私がどんな判断をするかで、妹にも何か影響が出ないかちょっと心配なんだ。

>この生活を手に入れた自分を褒めてやりたいくらいです。
この言葉、すごい感動した!私もそう思えるように、自分を強く持たなきゃって思った。彼と一瞬別れてた時、一番考えたのは「死ぬ時私は何を思うだろう」って事。そしたら、何か後悔しかしない気がしたんだよね。親の言う事聞いて、彼を手離して、もしかしたらそれなりには幸せになれるのかもしれない。でも絶対にずっと後悔して懺悔しながらしか生きていけないだろうなって。

私もね、今目の前の幸せは脆いけど信じてるんだ。私にも守り通せるかな。
これからの2人を見てもらう事で何かが変わればいいと思う。私は彼を愛した事を、本当に誇り持ってるから。

>こんなきっかけで一時は別れを意識したようですが、サヤカさんが今の幸せを手放さなかった事、とても嬉しく思います。
一度手放して、慌てて取り返しに行ったの(笑)手遅れになってたらどうしようかと思ったけど、彼は変わらず私を受け入れてくれた。
彼がいるから毎日頑張れる。それは何も過言ではなくて。彼の存在が私の希望である限り、彼の存在を手放そうって考える事はもう2度とないと思います。

私も基本的には鍵コメさんと同じ考え方だと思う。他の人へのコメントで色々と書いてるからよかったら読んでね。
何か本当に嬉しかった!ありがとう♪

…私も負けじと長いょんw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/313-3845ec9a

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。