あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面談…?

また恒例の成果面談の季節がやってきました。

うちの会社はボーナスの時期になると
上長と必ず面談があります。

ボーナスがね、ベース+出来高だから
その出来高の部分についての説明を受けるの。

別室に呼ばれて、課長との面談がスタートしたんだけど…


「えぇと…成果面談はさておき
ちょっとプライベートの面談をしようかな。」





さておくな!




で、普通はこういう発言ってセクハラとかになるのかな。
でも、うちの会社って、
上司や先輩に恋愛の相談するのって結構普通の事だから、
何も違和感なく「はい、わかりました」って

プライベート面談が始まったの。


課長も知ってる。
むねりんがバツイチだって事。

「うまく行ってるの?」
「それが…私たちはまぁ普通に仲良くやってますけど
うちの親が…」

「ばれた!?バツイチが」
「いや、それはさすがにまだ言えてないですけど
その…『学歴』なんです…(恥)」

「あぁ…相手の男高卒やったっけ?
じゃあ、相手はバツイチで高卒か(笑)」

「笑い事じゃないですよ!!!」
「俺の方が上だ。」
「上???大体何でそこ勝負するんですか」
「俺なんて高卒・バツイチでしかも子どもが2人いたし
嫁は大学まで出て一人っ子。
歳だって8つ違い。
更に言うと、結婚するに当たって嫁は仕事辞めて
親元を出てこっちに来たんだから
そりゃあ嫁の親にしてみれば、俺なんて疫病神な訳よ。

サヤカちゃんたちよりよっぽど条件は悪かった。」

「そっか…子どもいるっていうのもやっぱ大きいですもんね。
奥さんのご両親、何も言わなかったんですか?」

「そんなわけないだろ?
実家にいくら挨拶しに行っても、門前払い
逢ってもらうまでに5回以上かかったと思うし
お義母さんは発狂して泣き出すし
嫁は嫁で、親にいろんな事言われて泣くし
もう過去だから恨んではいないけど、
あの当時はそれこそ『人間じゃない』とか
『消えろ』とか
そりゃあいろんな事を言われたよ。
でも、別れる気なんて更々なかった。
そうじゃなきゃあんなの耐えられないよ。」

「やっぱり…そうですよね。
私もわかるんです。
親は私の事きっと心配してるんだって。
だからきつい事だって言う。
でも彼が目の前で傷つくのってやっぱりつらいじゃないですか?」

「甘いな。
そういう相手を選んだのはサヤカちゃん自身だし
そういうサヤカちゃんを選んだのもまたその男だろ?
じゃあ一緒にいるためには多少の壁はあって当然だと思うな。

結婚するって、何も考えずにぱーっとやっちゃう人たちもいるけどさ
普通は何かしらの障害とか壁ってあるもんなんだよ。
その壁は高かったり低かったりバラバラなんだよね。
低くても越えられなかったり
どんなに高くても越えられたり
相手によって違ってくるわけよ。

で、壁が高いってことは
それだけちゃんと見極めなさいって事。
経験者だからまぁ言うけど
やっぱバツイチって今でも結構マイナスだと思うから
サヤカちゃんはちゃんと現実としてそこを受け入れられるか真剣に考えなきゃいけないって事だよ。」

「そうですよねぇ…
私たちにも、越えられるかな。
私もちゃんと考えなきゃいけないですよね。」

「まぁ俺は相手の男を知らんから何とも言えんけど
とにかく言える事は、これから先に待ち受けてる壁は
サヤカちゃんが考えてるよりきっとずっと高い。

きっといろんな事を言う人たちがいる。
特にサヤカちゃんのお父さんお母さんとか。

でもね、一番大事なのはやっぱり2人の気持ちよ。
人が何て言おうと、2人両方の気持ちが固ければ
理解はされなくても最低受け入れてはもらえると思う。

2人って言うか…俺が思うに男の気持ちがどれだけしっかりしてるかだよ。
人間以下の扱いされても、自分の信念曲げずに思いを貫いて
しかもサヤカちゃんの支えにもならなきゃいけないんだから。
俺は嫁の親を説得する事に相当燃えてたから
絶対に折れるつもりはなかったけどね。

まぁ、俺と嫁とは
サヤカちゃんたちの先輩的立場やけん
何かあったら夫婦共々相談乗るから。
頑張って。」

「ありがとうございます。
何か嬉しいな…親に反対されるって結構精神的にきつかったんですけど
会社の先輩たちや課長がこうしてわかってくださって
逆にしっかりしなきゃって思っちゃいました。

でも本当に何かあったらご相談に伺いますんで
奥さんにもよろしくお伝えください☆」



そんな感じで
普通10分程度の成果面談は
50分にも及ぶプライベート面談になって
最後におまけで成果の説明がありました。

今回成果の対象になるのは
11月~4月の仕事内容。

…ヒロくんと終わりを迎えて
どん底の状態で仕事に没頭していた時期から
むねりんと出逢って色々ありながらも支えてもらうようになった時期。

前回の評価より1つ上がって
「期待を上回って会社の業績に貢献した」
になりました♪

評価されるって素直に嬉しい事。
また頑張ろうって思えたし。


ボーナス何に使おうかなぁ…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/321-5abad200

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。