あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望…?

両親と意見がぶつかったのが6月3日の事。

実は昨日、あれ以来の
両親との再会だったんです。

最初父親から連絡があった。
この前も書いたけど、父親はわりと冷静に話を聞いてくれるタイプ。

今回も、
「サヤカと2人でちょっと話がしたい」
って言ってくれて逢う事に。

ちょっと気まずい想いもあったんだけど
ずっと逢わない訳にはいかないし
何だかんだ言ったって、大事な私の両親だから。

逢うなり父親は
「この前、お父さんはほとんど聞くばっかりやったけど
やっぱりお父さんもお母さんと同じ気持ちではいる」

って言った。

でも、何だか母親よりも先に、父親がわかってくれる気がした。
「あれから色々考えたんよ。
本当に別れた方がいいんやろうかとか。
でも、やっぱり私、納得できなかった。
そんな理由で、好きな人と一緒にいられなくなるなんて有り得ないし。

確かにね、いわゆる『受験勉強』っていう事で言えば
多分彼よりも私の方が色々知ってる事が多いと思う。

でもね、常識とか生き方とか
そういうのは私が教えてもらう事の方が多いんだよ。
私は彼の生き方を尊敬してるし
やっぱり…ごめん納得できないままなの。」


父親はちょっとだけため息ついて
「そうね…
サヤカの気持ち、お父さんはわかるつもりよ。

逢った事もない人を、頭ごなしに否定する事は正しいとは思ってない。
ただ、お父さんやお母さんは
自分たちが生きてきて見てきたものを元に話をするから
今は平行線なのも仕方ないかなとは思う。

まぁ、機会がきたらまたちゃんと話す事にはなると思うけど。」


父親は、認めてはくれなかったけど
それでも、何となくわかろうとしてくれてるんじゃないかって
そう思えてならなかった。

きっと母親だってそう。
何でもズバズバ言っちゃうタイプだから
この前だって私とケンカみたいになっちゃったんだ…

まぁ…考えの溝は埋まらないままだけど。


その後、母親&真ん中の妹と合流して
4人でご飯食べに行きました☆

特にむねりんの話題は出ずに
(きっと避けてたんだろうけど)
楽しい時間を過ごせました。


私が社会人になって、
さらには一番下の妹が大学に入ってからというもの
母親は自分の時間が増えて
趣味のテニスと旅行三昧の生活を送っている。
父親も一緒に。

月末に2人で北海道行くらしい。
もう4回目?


そして妹の方は、大学院の代表で
アメリカである学会に出席するらしい。

1人で飛行機乗った事ないのに
いきなり外国の空港で乗り換えとかw

ていうか英語が全く喋れないのにどうするんだろう。。。

もっと早く言ってくれたら
私もついてったのになぁ。

フロリダディズニー行ってみたかった。


その前に、大阪のUSJを制覇しなければ。


かと言って夏休みのクソ混雑中には行きたくない。


あぁ癒されたい。
温泉行きたい。

最近岩盤浴通いが復活しつつあります。

そういえばむねりんも暑さにやられてお疲れです。
毎日外で訓練とかあるからね。

さっきも
「はぁ…さっきまで出動やった…
鍋の空焚き…
今風呂待ちよ…
早く寝たい…」

とまぁ、勤務中とは思えない、
やる気のなぁい声で電話してきました。

もうすぐ彼の誕生日。
したい事させてあげよう。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>20:28の鍵コメさんへ
えええぇぇっ!?それもまたすごいですね。。。
新興住宅地ってそれだけ土地代もかかるからどうしても大きな家って建てるの大変なんですよね。(うちの実家が正しくそうなので笑)
やっぱり両親の世代って、世間体とかってすごく気にするんでしょうか…
とりあえず今は学歴メインでひっかかってるみたいですが、それこそバツイチなんて絶対有り得ないって言うと思います。

でもね、やっぱり今はどうしても彼と離れる事はできないし、彼は何があっても私の味方だと言ってくれました。
だったら、私も最大限彼のために頑張ってみようって思うようになって。鍵コメさん見習って、泣いて土下座でも何でもしようと思います。

でも、それは家を捨てる事ではないんです。
彼もそれは望んでないし、サヤカの両親は大事にしなきゃねって言ってくれてるので、どうにか歩み寄れる可能性を探りたいと思ってます。

ありがとう!
辛い事話してくれて嬉しかったです。
私も頑張って鍵コメさんみたいに大好きな人と結婚できるといいなぁ☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/323-9c54bf30

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。