あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンカのあとは…

私は今まで付き合った人と
ケンカらしいケンカをした事がない。

それはね、ケンカになって嫌われるのが怖かったから。
今思えば「何だそれ(苦笑)」って感じだけど
あの頃の…

半年前までの私は確実にそう思っていた。

だから、自分の彼氏とケンカになったのはこれが初めてで
心の中では「謝って終わりにしたい」って思うのに
口からはどんどんイヤな言葉が出ちゃって…

昨日の続き。


むねりんは続ける。
「肝心な時に大事な事言わないとか
何考えてるかわかんないよとか
それ元彼女にもその前の彼女にも言われたし

一番それでケンカになったのが元嫁だったけんね。

俺がこんな性格やけん、
元嫁とも本当途中からケンカばっかり。」



あ…

私、ひどい事言っちゃったかな。
私もやっぱり同じように思うもん。

何日か前にもあった。
むねりんが、ヒロくんと同じこと言った。
そして私はそれ聞いた途端、震えが止まらなくなっちゃった。


でもね、それを今このケンカの場に持ち出すなんて…って
そんなふうに思っちゃったのと。

初めて、元奥さまの影を実感した気がして
その見えない姿に意味もなく嫉妬してしまって。

言わなきゃいいのに私、言っちゃったんだよね。
「私元奥さまには逢った事もないし、話したこともないし
だからどうだったのかよくわかんないけど
元奥さまとそれが原因でケンカしたからって
私ともそうだって決め付けないで。

ていうか、私を元奥さまと一緒にしないで。」


彼がまだ結婚していた頃も
離婚してからも
私はできる限り元奥さまの話をふらないようにしてきた。

でも何か…止まんなくなっちゃって。


それを聞いたむねりんは
「別にサヤカと元嫁とを一緒になんてしてないよ!

…離婚の話を持ち出したのは悪かったけど、
俺も結構、言いたい事をストレートに言えない事が本当は多くて。
遠慮しちゃうのかな。
何か決定的な出来事があったわけじゃないんだけど
いろんな経験のトラウマが積み重なって
頑張ってもなかなかそこだけはどうしようもない事がある。

何か普段は結構正反対な感じもするけど
本当のところは似てるのかもしれないね。
俺とサヤカ。

ぱっと見わかんないけど
本当は弱さ持ってて。」

そう言った。

また、見えた。
むねりんの影の部分。

でもそれこそが、彼の本質を理解する上で
重要な事だとも思ってて。

私たち、出逢ってからすぐ一緒にいるようになったから
まだまだお互いに対する理解が足りない。

こうして、言いたい事言い合って
時にはケンカして
それで理解していく事も必要なのかもしれない。

「むねりん…ごめん。
ちょっと言いすぎちゃった。

あのね、その気持ち私わかるの。
私結構優柔不断だし、言いたい事その場で言わなかったりするじゃん?

でも、むねりんには頑張って伝えて行きたいと思ってて。
だからね、むねりんにも私の前では言いたい事言いまくって欲しいな。
うん、私いっぱい思ってること話してほしい。

私それ聞いたからって絶対にキライになんかならないし。」


「うん…ありがとう。
俺頑張るね。

サヤカ、そのコンパだけどね
やっぱ行かないでほしい。
最後に決めるのはサヤカやけど
俺は絶対に行ってほしくない。」


ていうか、最初っから合コンなんていくつもりないんだけど
むねりんブチキレで聞く耳持たないから(笑)

「わかった。
行かないよ。

むねりんが嫌がる事したくないもん。」



その後他のいろんな話をして
電話の中でとりあえず仲直りしました。

むねりんは、
大事な話は電話なんかでしちゃダメだって考え持ってて
だけど仕事だったから仕方なく電話で話して
次に会った時にちゃんと仲直りしようって話になりました。


一件落着。


私やっと気付いたんだよね。
ケンカと罵り合いは違うって。

ケンカはお互いの本音をぶつけ合うもので
その後お互いを理解しようと努めるもの。

私が恐れていたのは「罵り合い」の方だったのかもしれない。

相手の事を本当に想っていれば
それはケンカで
それが原因で気持ちが変わってしまうような事はないんだと思う。


ケンカの後の仲直り。

相手を理解するための
きっと必要なステップなんだろうな。

こうして私とむねりんは
また1つ小さな階段を上りました。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

仲直りできてよかったぁ!
ハラハラしながら読んでました。
むねりんは きっとコンパの話を聞いた途端に
気持ちがパニックになったんだよね。
それだけサヤカさんのこと大切に思ってるんだもん。
これからも喧嘩しちゃうこときっとたくさんあると思うけど
サヤカさんも書いてるようにそれをステップに
ますます 二人のキズナ深まっていきますように。
応援してます!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>4:05の鍵コメさんへ
どうにか仲直りしました…(^_^;)どうも毎度お騒がせです。
お互いわかって欲しいって想いが強いからこそ、ついつい熱くなる事もあるしね。
だけど本当に大事な部分でつながってれば、ちゃんと理解し合えるってよーーーーくわかりました。

鍵コメさんもそんな事があったんだね。
何かわかる…頭で理解しようとしても、どうしようもない感情が湧き上がってきちゃうのね。あるある。
ていうかやっぱりその時話してくれなかったっていうのがね。
前に私むねりんとPHSの件でもめたじゃん?あの時の彼も鍵コメさんとこの彼と同じ事を言ってた。
でも、そういう事も全部受けとめる覚悟が出来てるから一緒にいるっつーの。ね?

でもでも、やっぱ最後はちゃんと仲直りできるでしょ?
私も今は思うんだよね。この先またきっとケンカするけど、またちゃんと仲直りできて分かり合えるんだって。

あ、大した事じゃないけど後でメールしとくけん読んでくださぁい。

>>miyuさんへ
ご心配おかけしてごめんなさいでしたm(。_。)m
今まではこんなふうにお互いキレてっていうのがなかったから、ケンカの最中は私も相当焦ってましたけど、どうにか仲直りできてよかったです。
ケンカはないに越した事ないけど、どうせするならケンカも自分たちのために役立てたいなぁと。
こういう事も乗り越えながらもっともっと仲のいい2人を目指したいです。

まぁ…私たちのそのケンカも、実は取り越し苦労だったわけですが(苦笑)
詳しくは次の記事にて(・ω・;)ノ

>>19:02の鍵コメさんへ
うん。
罵り合いって決定的に相手への好意が消えちゃってるもんね。ケンカは、自分の事をちゃんと相手に理解して欲しいっていう、実は前向きな気持ちから始まるんじゃないかなぁと。

いい関係かぁ…そんなふうに言ってもらえて、何だかとっても嬉しいな。
私たち2人は、始まりもメチャクチャだったし、これから一緒にいようと思えばもっとメチャクチャに苦労する日がくるはず。
だからこそ、私たち2人で一緒にしっかりしないとって思ってます。深い絆ってやつを、彼と一緒に見てみたい気分です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/351-a5c78c59

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。