あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプライズ。

朝。
目が覚めたらすっかり良くなってました(笑)

とは言え、ちょっといいからって調子に乗ると
後からとんでもなくぶり返すので
午前中は絶対安静で。

しばらくするとむねりんも目を覚まして
私が起きてるの見て
「お誕生日おめでとう?」
って(何故か疑問形)。

完全におねぼけサンです。

むねりんのおかあさんもおばあちゃんもすごく心配してくれて
ご飯とかも食べやすくて消化しやすいものを用意してくれたり
姪っ子もアイス買って来てくれたり
本当、皆さますみませんって感じ。

でも、大好きな人の家族がこんなに温かいって
何かすごい嬉しいね。

お母さんから
「暑いけん15時までは外出ちゃダメよ」
って言われてたから
15時半からおでかけ(笑)
昨日中断してたお買物の続きに。

私はパンプスとアクセを買いに。
むねりんはスポーツ関係のものを色々と。

アクセはプレゼントしてもらいました。
わぁい(人´∀`)♪


その後、いったんむねりんのおうちに帰ることに。

夕方になって、
翌日私もむねりんも朝から用事があるから
私の家に帰ることにした。

お母さんとおばあちゃんにお礼を言って
車に乗り込みました。



しばらく行くと
道が違うのに気付いた。

いつも利用するICは通り過ぎて
とあるお店の前に。

「すみません、お願いしてた者ですけど」
そう言うむねりんに、店員の女の人も「あぁ」という感じでに
奥に何かを取りに行った。

しばらくすると、キレイにラッピングされたお花を持って店員さんが戻ってきて
むねりんはお礼を言ってそれを受け取った。

今思えばすぐにわかりそうなもんだけど
その時の私、完全に状況がわかってなくて普通に
「持とうか?」
ってそのお花を受け取ろうと手を出した。
まるで、スーパーで買物したものを受け取るような感じで。

むねりんは苦笑いして
「サヤカにだよ?
まだ誕生日は終わってないじゃん。
おめでとう。」

そう言って、私にそのお花を手渡してくれた。

その時になって初めて
むねりんは私の誕生日祝いにお花を頼んでくれてたんだってわかった。

ビックリしたのと嬉しすぎるのとで
私は必死に堪えたけどやっぱり泣いてしまって。
だって普段のむねりんは、そんな事する人じゃないもん。
偉そうで自信家で、大事な話しててもたまにふざけたりする
そんなむねりんなのに
予想外すぎるよ。

車の中で、花を見つめる私を見て
むねりんは優しい顔してたなぁ…

私はその花を見てて
「この小さい薔薇かわいいねー。
これは…カーネーションかなぁ?

んんん???
この大きい黄色いの何て花?」

そう聞いた。

「はぁ???
それ向日葵やん(笑)
一番わかりやすそうなのに」

「えぇぇ?
だって向日葵って真ん中茶色いじゃん。」

「あーよくあるやつね。
でもコレも向日葵だよ。小型だけど。」

「ふーん。
ねぇねぇ、何て言ってこれ頼んでくれたの?」

「いや普通に…誕生日なんで
向日葵使ってアレンジしてくださいって。」

「何で向日葵だけ指名?夏だから?」
「この前テレビでやってたじゃん。
向日葵の花言葉。」

「…何だっけ?」
「教えん!そのくらい自分で調べろ。」

すごく、幸せな会話。


それからケーキも買ってくれて
おうちに帰って改めてお祝いしてくれて
本当は花火しに行こうと準備してくれてたみたいなんだけど
私の体調を考えて延期に(本当、ごめんなさいだょ…)。

一段落してお風呂にでも入ろうかなと思ってたら
「あ、サヤカ…もういっこ。」
そう言ってむねりんがバッグから車のカタログを取り出して
「何やそれ、自分が買おうとしてる車のやん?
また私をからかいよると?」

って憎まれ口叩いたら、パラパラとページめくってって
そこから封筒が出てきた。

「このカタログはやらん。
その代わりにこれやるよ。」

そう言ってむねりんは、私にその封筒を差し出した。
「あっち行って読んで来て。」
私は言われるがままに、部屋を出て玄関へ。
そこで封をあけて、中を取り出しました。


『誕生日おめでとう
25歳になったね。

手紙を書くのは何年ぶりかなぁ。
元々国語嫌いやけんうまい事書けんけど…
ていうかなんか恥ずかしいね。

自分たち出逢って、「もう」か「まだ」かわからんけど5ヶ月が経ったね。
いろんな事があったけど、楽しかったし
また色々考えさせられて自分も成長できたかな、と思うよ。
サヤカ、本当にありがとうね。

サヤカはどうだったかな?
自分と出会えて、プラスになってたらいいんやけど。

サヤカは考えすぎるしマイナス思考なところがあるけん
(少しはよくなったけど)もったいないよ。
頭もいいんやから(俺の次にだけど)
自信を持って強気で行く事も必要よ。

だから25歳を機にもっと自分を出して
プラス思考で楽しく行くよ!

そして2人が自然に言いたい事言えて
楽しく付き合いながら
お互いいろんな面で成長していこうよ。

そしたら今後もいろんな壁があって
山あり谷ありで大変な事があるかもしれないけど
絶対に2人で乗り越えていけると思う。

あんまりうまく書けんやったけど
こんな手紙でよかったら来年も再来年も書くけんね。

誕生日おめでとう。
25歳が幸せな年でありますように。』


もう…私今日泣いてばっかり。
メールでもない、言葉でもない
手紙って初めてもらった。

何回も書き直したのかな。
多分、私が好きそうな便箋にしてくれたんだろうな。
いろんな事考えたらもう止まんなくなっちゃって。
私は子どもみたいに声を上げて泣きました。

私、本当にステキな人に出逢えたな。
ステキな人に、こんなに愛してもらえて、
本当に本当に幸せ。
幸せって言葉じゃ足りないくらい。
ひまわり

ひまわりの花言葉:
『私の目は、あなただけを見つめる』
スポンサーサイト

コメント

サヤカどん!あら~~~っ!
すてきなアレンジの花だね~~~。
なんだよ~~!(ニヤニヤ)こんなに思われて~
よかったじゃんかよ~~~!
絶対に失いたくないね!素敵な二人だ!

おそくなりました。。
誕生日おめでと。おなじ歳だぁ。
しあわせな誕生日になったみたいで、なによりです。

手紙って
ふだんきけないようなことばが並べてあったりして
くすぐったくなるけど、うれしいよね。
文面から、相手のいろんな気持ちが伝わってきて
心があったかくなる。

お花なんて、もらったことないなぁ。
ひまわりの花言葉も知らなかった。
すてきだね。
愛されてるね、サヤカさん。

>>AKIKOさんへ
でしょぉ???
花束じゃないとこがまた私的にはOKなのよ。
彼はうちに花瓶がない事まで計算してアレンジメントにしてくれたらしい。

本当、絶対に失いたくない!
すごく愛おしいと思ったよ。
彼自身も、私たち2人の間に流れる空気も全部。

私の誕生日で、ちょうど出逢って5ヶ月だったの。
色々あったけど、彼と出逢えて本当に良かった。

>>monnさんへ
ありがと☆
ねー、また歳取ったねw

手紙って本当ここ最近もらわないよね。
その上男の人で、ましてやそんなキャラでもない彼氏からだと…ねぇ。
ビックリなんてもんじゃないよ。
文字の1つ1つも、言葉の並べ方も愛しさでいっぱいだった。
彼らしく、方言だらけの手紙だったけど。

私も男性からお花もらったの初めてでした。
逆にこの歳になったから、お花もらっても大丈夫な気がする(笑)
10代とかでお花もらっても、何かおかしな感じだもん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/356-9ecbe6f9

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。