あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない嫉妬。

昨日は休みを取って
初免許更新へ☆

晴れて緑免許⇒青免許に成長しました!

免許センターまでは、うちから車で20分くらい。
お休みだったむねりんに送ってもらいました。

更新終わってむねりんにお迎えをお願いするために電話したら
すでに駐車場で待っててくれて、色々と新しい免許について突っ込まれましたw

それから遅めの昼食とりながら
色々とお話しました。
仕事の事だとか、お休みの話だとか。

その話の中でむねりんが
「明日朝サヤカを会社に送って
そのまま家に帰るわ」

って言った。
むねりん仕事休みだし、何かあるのかなぁって思って聞いてみたら
生命保険の手続きだって。

生命保険…???

既に加入してる生命保険の、何を手続きするんだろう。
そう思って聞いたら

「元嫁の保険。
名義俺のまんまだから、名義を元嫁に変えるの。」

って…。

そっか、だって夫婦だったんだもんね。
当然だよね。
経済力のなかった元奥さまの保険をむねりんがかけるのって
まぁ普通の事なんだろうね。

でも本当、むねりんは元奥さまのために
夫としていろんな事をしてあげたんだろうなって思ったら
ちょっと悔しくなっちゃった。

でも一番ショックだったのはその事じゃなくて。

「それから、受取人の変更もしなきゃいけないから。」
「受取人?」
「うん。今元嫁が死んだ時、俺に金が入るようになってるの。」
「…それってもしかして、
今むねりんが死んじゃったら、元嫁さんに保険金が行くって事?」

「そう。」

それ聞いた瞬間
何か本当よくわかんない気持ちになっちゃって。

お金の事じゃなくて
むねりんに万が一の事があった時
やっぱり今でも元奥さまには一部の権利が残ってて
それは私にはないもので。

むねりんの離婚が成立して、もうすぐ4ヶ月になるのに
それだけの時間が経っても
むねりんと元奥さまの関係って切っても切れないものなんだなって実感した。

バツイチの人と一緒にいるってそういうこと。

一度は結婚して夫婦になった2人だし
むねりんと元奥さまはキライになって別れたわけじゃないし
きっとこれからだって、もっといろんな事が出てくるんだろうな。

でも私言っちゃったんだな。
「むねりんお願い、
何でもいいから受取人だけは絶対すぐ変えて。」

って。
言われなくてもむねりんはそうするつもりだったのに。
言った後、ちょっと自己嫌悪になった。

でも、元奥さまのことで私がここまで言うのって初めてだったから
むねりんもちょっとビックリしてた。


元奥さまの話が出たついでに
色々と聞いてみた。
最初の頃に比べたら随分と免疫もできたし(これでもね)。

元奥さまとは仕事が一緒で知り合ったんだって。
元奥さまの方は消防士じゃないんだけど、消防の中の組織で働く契約社員さんだったらしくて
歳はむねりんと同じだけど、仕事では元奥さまの方が先輩。
偶然にも、元奥さまがむねりんとペアになったらしい。
仕事で一緒に行動する事が多くなって意気投合。

だから年賀状、むねりんと元奥さま連名宛が多かったし
元奥さまへのメッセージもたくさんあったんだ。

何か…むねりんと元奥さまの関係って
私とヒロくんとの関係にちょっと似てるなぁなんて思ったり。

それから話の流れで知ってしまった。
むねりんと元奥さまの誕生日、
1日違い。

同い年の1日違い
そんなところにも2人はきっと運命を感じたんだろう。
むねりんの誕生日が終わると同時に元奥さまの誕生日。
そんな日付が変わる瞬間を、2人はどうやって過ごしたんだろう。


離婚

それがそれだけで全てなはずなのに
見た事も話した事もない元奥さまの存在は
やっぱりとてつもなく大きくて
意味のない嫉妬してみたり不安になったり。

私もっとしっかりしなきゃ。
目の前にいるむねりんが大切。大好き。

それってきっと、むねりんの過去も全て受け入れるって事。
確かにイヤな事もあるかもだけど
今私を大事に想ってくれるむねりんのためにも

こんな甘い事言ってらんないね。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サヤカどん、うん・・わかるな~姿なきものに
不安、嫉妬・・・サヤカどんにとったら~
すごく不安で押しつぶされそうになると思うんだ。
でもサヤカどんは今そしてこれからを見ようと
懸命な心があるから!むねりんにしっかり見せたら
いいよ!過去は消せない事実、でも過去はもう
すんでしまったもの、決してリセットできないし
リモートもできない!
とにかく進むしかないね!絶対はあるよ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>AKIKOさんへ
見えないからこその恐怖ってあるよね。
そして見えないからこそ、どのくらい偉大だったのか、どのくらい大切だったのかわからなくて余計に頭の中グチャグチャになっちゃうんだよね…

過去、なんだよね。
逆の立場で考えたら、むねりんは私とヒロくんの事も全部ちゃんと大丈夫って受けとめてくれるんだよね。
『その時は○○さんの事本気だったんだよね、でも今隣にいるのは俺』って。

私がヒロくんと出逢って過ごした日々があったからこそむねりんとの新しい毎日が生まれていくのであって、
同じようにむねりんがいろんな思いしてきたことを私は認めてあげたいし、これからも一緒にいたいと思うし。
やっぱちゃんと前向いてなきゃね。

>>14:55の鍵コメさんへ
いつもありがとうございます!
やっぱ経験者(?)の言葉は身に染みます。。。

私も以前年賀状発見の記事を書いたのですが、やっぱきつかったです。
現実見せられた気がして。
他人同士じゃ絶対に連名での郵便なんて来ないもん。
でも2年経っても来るんですね…!

むねりんのとこには今のところ新たな郵便物は来ませんが、彼は写真を隠してます。
彼の写真で見せてもらえたのって、消防学校の卒アルまで。
消防士になってからの写真は一度も見た事がありません。
それはきっとね、隣には元奥さまがいたからなんだろうなって。
そして何となくわかるんです、捨てずに取ってるんだろうなって事も。ただ私にはそれを非難する権利はないと思ってるから何も言いません。
バツイチ恋人を持つ身としては、やっぱりこれからも元配偶者の存在は何かと気になるのかなぁと。
子どもがいなかっただけ、その割合は少ないと思うけど…ただ、それが原因でどうにかなるなら、最初からそういう相手は選びません(笑)
こう見えて散々悩んで彼と一緒にいる事を決めたから、やっぱ逃げてられないです。

結婚してた、という現実はちゃんと受け入れなきゃいけないと思ってます。
ただ、本心を言えば、私と新しい歴史を作ってってほしいって気持ちの方が強いです。
もしかしたら彼氏サンも同じ気持ちかもしれません。

お互い立場が逆だからこそ、これからも色々とお話して頑張っていきましょうね★

>>19:08の鍵コメさんへ
おっと、コメント最初に返事したのに間違って削除しちゃったよ(汗)
順番が一番最後になっちゃってるけど今日は寝不足朝帰りなので許してね☆

>ありのままの彼が好きで愛してるっていうことと、過去すべてを受け入れるってこととはちょっと違うんじゃないかなぁ。。。。

なるほど…
確かにね、今の彼にとってプラスになってる事と、もう今さら言っても取り返せないこと(例えば結婚してた事実とかね)、この2つはちゃんと受けとめたいと思うのね。
でもやっぱりそうじゃない事までは…私にとってもプラスにはきっとならないだろうしね。
それは受け入れるっていうのとはちょっと違っちゃうと思うんだよね。彼の話や思いを汲み取りながら、私も判断する目を養いたいと思う。

絶対とかって結局その最中はわからないものなんだと思うようになったの。
その事が絶対だったのかどうかって、終わる時にしかわからない。
だから別れるつもりがない限り、きっと死ぬ時にしかわからないんだろうなって。

忙しい中でコメント残してくれて本当にありがとう。
ちゃんと見ててくれてるんだなって思ったら、結構嬉しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/362-f4c5f75f

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。