あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き先は?

前日電話の中で、急に旅行に行こうって言われて
訳もわからないまま慌てて準備した。

外は快晴。
ちょっと暑いくらい。

どこに行くのかもわからないままの
半年記念ミステリー旅行(笑)

完全にむねりんの言いなりですが
車で出発しました。

ランキング参加中☆
続きの前に応援のポチ☆お願いします。
出発して高速に向かってそれで方向がわかってね。
私たちが目指すのは南の方。

ご飯買って車の中で食べながら
2人とも超ハイテンション。

むねりんは極度のコーヒー中毒で
運転する時は必ず飲んでないとダメみたい。
いつも助手席で缶コーヒー開けるのが私の役目。

色々と話したり
県境が来る度に
「熊本イェーイ!!!」
「宮崎ーーーーーーー!!!!」
とかやったり
完全にバカだね。

そして一日目ついたのは鹿児島市。
私実は鹿児島に行くの初めてだったんだ。
「何で鹿児島ー?」
「美味しいものがあって、景色もきれいで
温泉もあって、サヤカが行った事ないから。」

やっぱ思い付きじゃなくて、ちゃんと考えてくれてるじゃん。
そう思ったらちょっと嬉しかった。

いや、そんな喜んでる場合じゃなくて
泊まるとこどうすんの!?って思ったら
むねりんはとあるホテルの前で車止めてフロントへ。
「空いてたよ。」
まぁ、平日だしね。
でもそのホテル、鹿児島のど真ん中にあるキレイなホテルで
しかも彼の後をついてって部屋に向かうと
最上階の角部屋。
窓からは、鹿児島中央駅の観覧車のイルミが見えたり
いろんなものが一望できてすごいキレイだった。

荷物を降ろして、むねりんがシャワー浴びてる間に
ここで私も何か役に立ってみようって思ってね
鹿児島で働いてる友達にメールして情報収集して、ご飯屋さんを決めて。

むねりんに、
「ここのお店、鹿児島の焼酎がいっぱい揃ってて
料理も美味しいんだって」

って言ったらもう行く気満々。

私も体調良かったし、今日だけって事で
お酒も解禁♪

美味しい焼酎いっぱい飲んで(森伊蔵とか天使の誘惑とか)
きびなごの天ぷらとか、黒豚のみそ焼きとか、地鶏の刺身とか
鹿児島の食材も堪能(^_^)
本っ当においしかったぁ。

「2人で一緒にこうしてお酒飲むのって
すごい久しぶりやね。」

「そういえばそうやねぇ。ごめんね、私が飲めんから。」
「早く良くなって、そしたらまた2人でいろんなとこに飲みに行けるね。」

久々に私と飲んでるからか、旅先の為せる業なのか
むねりんはかなり飲んでました(私の倍近く)。

お酒のチカラも借りつつ、真面目な話にもなって。
「言い方悪いかもしれんけど、正直ね
バツイチの人と付き合うって、色々苦労するとこはあると思うんよ。
普通はしなくてもいい思いもするし、色々考えるし。
多分私と同年代の人たちって、相手の過去は参考程度
大事なのは今とこれからって思ってると思うのね。
根本は私たちも一緒だけど、バツイチさんと付き合うって事は
過去を参考程度じゃなくて、丸々受け入れる事が結構大事だったりすると思うの。
私、いっぱい迷った時もあったけど、
今は受け入れたいと思う。
むねりんが結婚したほど愛した人がいた事も
元奥さまとは切っても切れないものがあるって事も。
それにね、覚悟してるよ。
私はそんなに簡単には結婚できないだろうし、祝福もされないと思う。
でもそれでもいいと思ったの。
むねりんが、チカラを貸してくれるなら頑張ろうと思う。」

「サヤカありがとう。
サヤカの言ってる事は、俺イタイほどわかるから
でも一緒に頑張れるならね、それが2人にとって一番いい方法なら
俺もちゃんと考えてやってくから。
サヤカとの将来をちゃんと考えれば考えるほど
勢いだけで解決しない事もある。
時間がかかる事は申し訳ないけど理解しててほしい。」


バツイチの人と一緒にいるって事は
思いの外色々と障害が多い。
周りの反対だけじゃなくて、現実2人の目の前にもいろんなものがあるし
気持ちの問題もあるし。

でも私、本当に今覚悟できたんだ。
このままむねりんと一緒にいられるのなら
彼と2人で乗り越えていきたいって。


食事を終えて、私の友達がどうしてもむねりんに逢いたいって言うから
3人でバーに行って飲み直し。
友達はむねりんの話に大爆笑。
私が初めてむねりんに逢った時もそんな感じだった。

部屋に戻って何度もキスをして抱きしめあって
大好きな彼の肩や背中、頬にたくさん触れて
クーラーでひんやりとした部屋の中
彼の体温がとても心地よかった。
彼はいつもよりチカラ込めて、私の体を抱きしめてくれました。

今この瞬間に、この人とここにいられて本当に良かった。
こうして鹿児島一日目は終わりました。


スポンサーサイト

コメント

サヤカどん!おかえり~いい旅行だったみたいだね!むねりん・・・ホテル・・リザーブしてたな~ぁ!!サヤカどんに喜んでほしかったんだね!よかったね~、また新たに2人の
思い出ができたね!もっともっと思い出を作っていってね!

>>AKIKOさんへ
ただいま~☆
楽しかったしリラックスできたし、もっと遊びたかったなぁ。夏休み1ヶ月くらいほしい!
やっぱりAKIKOさんもそう思う???絶対ホテル最初から決めてたよね?うん、でも嬉しかったからいいやw
こうして1つ1つ、歴史を積み上げていけばいいんだよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/378-5c8f8ad1

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。