あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲れない。

別れよう。

彼からだけは、一生聞くことのない言葉だと思ってました。

それはあまりにも突然で
私の頭も心も理解なんて出来るわけがありませんでした。

彼は私の事を嫌いになっちゃったんだ。
どうしてなのかわかんないけど、
私が悪かったんだ…

これ以上嫌われたくない。
キレイなままで終わらなきゃ。

私はただ黙って、受け入れよう。
これが、私たちの結末だったと。

悲しいし苦しいけど、それを言ったら困らせちゃう。
そんな、ダメな彼女で終わりたくない。

そう思っていました。
…以前の私ならね。

昨日の続きです。

ランキング参加中。
この恋だけは絶対に終わらせないんだ。
応援のポチ☆お願いします。


意味がわかんないよ。
これからどうしたいのか…それは
ただ謝って、これからまた気をつけながらやっていくって
それだけ言ってほしかっただけなのに。

何で、別れなきゃいけないの?

前の日、一緒に買物に行って
2人でベッドのシーツ選んだじゃん?

パーフェクトストレンジャー、
いつ見に行く?って話してたじゃん?

普通に抱き合ってキスをして
何もそれまでと変わんなかったじゃん?

来月の話とか再来月の話とか
来年の話とか数年後の話とか
いつもと同じ顔して話したじゃん?

なのに何で?
何でこんな事になっちゃったの?

どうして?どうして?

考えれば考えるほど混乱しちゃって
涙が止まらなくなっちゃって

彼はそんな私から目を逸らすかのように
うつむいてしまって…

私が、知らないフリをすればよかったんだろうか。
騙され続ければよかったんだろうか。

でも…そんなんじゃきっと限界は来るし。

でも…別れるだなんて有り得ないし…

彼が嘘をついて
その事がいきなり別れ話になるなんて。

今まで何だったの?
この半年間は何だったの?
ずっと一緒にいるんじゃないの?
私の事、俺が守ってやるって言ったじゃない!

言わずには、いられなかった。
別れをすんなり受け入れるなんて出来なかった。

「何でよ…どうしていきなりそうなるのよ…
訳わかんないよ…

むねりん、取り消して。
別れるだなんて私は絶対にイヤ!
今すぐに取り消してよ!」


むねりんは最初、私の気迫にビックリして
私の目を見た後しばらく固まってしまって
でもその後また視線を下に落として考え込んでしまった。

そして、たった一言
「…ごめん、わかった。」
って言った。

そして一息置いて
「でも、1人になって考えたい。」
そう言った。

サヤカを2度も裏切って傷つけた。
そして、きっと俺はまた繰り返す。
やっちゃいけないと思う気持ちもあるけど
それがサヤカのためと思ったら何度もやってしまうと思う。

俺はそういうヤツだ。

そして、そうやってサヤカを傷つけてイヤなヤツになっていく
俺自身を俺が見たくない。

サヤカの事嫌いになったとかじゃないし
サヤカが悪いわけじゃない。

ただ俺は、これ以上サヤカと一緒にいられないと思った。
それを多分、理解してもらう事はできないと思う。

俺はこういうヤツだから。
サヤカが思うほどいいヤツでも何でもない。

頼むから一人にしてほしい。
今は、それ以外言えないし
ごめんけど、うん、

もう俺の事は待たないでほしい。
サヤカと俺とじゃ、根本が違いすぎる。

もう、待たないでほしい。


他にもたくさん話したの。
過去の事も、今思ってる事も
私だって、いろんな事聞いたしいろんな事言ったの。

でも、思い出せない。

ショックが大きすぎて、ほとんど覚えてない。

そして彼が別れを切り出した、確たる原因もわからないまま。
ただ、彼は1人になりたいと繰り返すばかりで。

別れの言葉は、表面上撤回してくれた。
でも、このまま続ける事は無理だとも。

彼の意思は、思ったより固いみたいで
私と彼はお互いの譲れない気持ちをぶつけ合って
そしてそのまま
しばらくの沈黙を過ごすことになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/388-32a98574

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。