あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な夜。

別れない。
でも、1人になりたい。

そう繰り返すだけの彼に、
私はかけるべき言葉を必死に探しました。

でも、探しても探しても
彼を救ってあげられるような言葉は何も出てきませんでした。

先ほどの続きです。

ランキング参加中。
この運命、絶対変えてみせます!
応援のポチ☆お願いします。

出てくるのはただ、彼を追い詰める言葉だけで。
「ねぇむねりん、この半年間なんだったの?」

すると彼ははっとしたように、こう言いました。
「ごめん…
そう言われちゃったら俺、何も言えない。
元嫁に言われて一番きつかったのも同じだった。
『私の時間返してよ!今まで何だったの!?』って。」


そう言うと彼は、静かに涙を流しました。
私に悟られまいと必死に隠しながら。

それを見た瞬間、彼に結婚だとか出産だとか
いろんな話を一気にしすぎていた今までの自分を思い出して
途端に彼を抱きしめたくなってしまいました。

苦しんだね。
辛かったね。

彼が嘘をついてしまうのは、もしかしたら本当に
相手を思いやるが故で
そして何より、弱い自分を守るための武器だったのかもしれないと
その時になるまで気付いてあげられなかった
そんな自分がとても悲しくなってしまって。

涙を流し続ける彼の背後に回って
彼の体に腕を回しました。

そして、彼の背中に頬をくっつけて
私も一緒に泣きました。

「むねりん…私じゃ、むねりんを守れないのかな?
むねりん言ってくれたじゃん、俺がサヤカを守ってやるって。」


「でも、俺はサヤカの事を守ってやれない。
現に俺は2度も傷つけた。
守ってやれない事自体も申し訳ないし
守ってやれない自分自身もイヤだ。

俺は自分の事が大嫌いだ。
サヤカと一緒にいたら、サヤカの事が好きだからどんどん自分の嫌いなところが見えてしまう。

だから本当は…いつからかはっきりとは覚えてないけど
一度1人になりたいと思い始めてた。

元嫁と離婚したのも、色々あったけど結局
1人になりたかったんだって思い出した。

俺は弱いから逃げる事しかできないし
でもそれが俺の今の確たる意志だ。」


嘘をついたとか、別れたいと言ったとか
本当は許せないはずの彼の行動は頭の中にはなくて
ただただ、彼を愛してる気持ちでいっぱいで
私は、泣けるほど彼が好きでたまらないのだと改めて思い知らされた。

拒否られるかなって思いながら
彼の前に回ってその目を見て
いつもみたいに腕を広げて彼の名前を呼んだら

彼は私の事をいつもよりも確実に
力いっぱい抱きしめてくれて
しばらく離そうとはしてくれなくて
私の肩や背中を精一杯しっかりと抱きしめながら
優しく髪の毛を撫でてくれたりして

だから余計に、この別れを受け入れる事なんてできないと思ってしまった。

そして私たちは、体を離すといつもよりも静かに触れるように
2秒くらいのキスをした。


それから何故か私たちはご飯を食べに行って
家に帰ってきてからも、何度も何度もキスをして
何度も何度も抱きしめあって
一緒にテレビを見て笑いあって
同じベッドで彼に腕枕してもらってニュース見て。
彼の腕にしっかりと抱かれて、私は眠りました。

いつもと変わらない。
いつも以上に、愛し合ってる気がしたのに

やっぱり、私たちは別れるしかないんだろうか。

どうしても、どんなにもがいてどんなに涙を流してみても
別れるだなんてやっぱり受け入れられなくて。

一緒にいる事すらおかしなはずなのに
別れ話をした私たちはキスを重ね、
いつもと同じように私は彼に抱きしめられながら
静かで穏やかな、不思議な最後の夜を過ごしたのです。
スポンサーサイト

コメント

サヤカさん、久々PCひらいてビックリしました。ブログ読ませて頂きました。
いつのまに!?なんで?むねりん?どうしてなの?ってハテナばっかりが頭に浮かんできます。
だってあんなに幸せな旅行で、すごい羨ましくて、私も彼のことちゃんと理解しなくちゃって思ってたやさきのことだったから本当驚きました。
これからサヤカさんどうなっちゃうの~><
別れないで(;へ;)
私、サヤカさんの言葉や思いやりなど本当、励みになってます!!
だからこれからも2人は幸せでいてほしいって心から願ってます!!

>>kayoさんへ
私が多分、一番ビックリしてて、一番信じられてないと思う。
そのくらい、今でも確たる原因がわからないの。
私の誕生日も、この前の旅行も、これから続く長い未来に向かう1ページだと思ってました。
だから私諦めない事にしたんです。
納得行くまで、自分や彼と向き合います。

そんなふうに言ってもらえるとすごく嬉しい。
辛い思いしたらその分、それを糧に前向いて歩けるように頑張ります。
これからもよろしくね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/389-ce49d020

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。