あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛せる力を勇気に。

最後のデートを終えて
部屋に帰ってきて帰っていこうとする彼を引き止めました。

「ギリギリまで側にいてほしい」

彼は了承してくれて
テレビをつけるといつものように、ベッドにもたれかかってテレビを見始めました。

その横で、私は自分の気持ちを再確認して
決意を固めました。

彼を愛してる。
その気持ちだけを、勇気に変えて。

ランキング参加中。
愛は悲しいものだなんて思いたくないから、私は諦めません。
応援のポチ☆お願いします。


むねりん、

そう呼びかける私に、彼はいつもと変わらず
テレビの方向いたまんま返事をして

でも、何かを感じ取ったんだろうね。
私の方を向いて
そして私が、今までとは違うのだと気付いたからだろうか
ベッドに寄りかかるのをやめて、私の方を向いてくれました。

そして彼はただただ、私の想いを聞いていてくれました。
受け入れてはくれなかったけれど、理解はしてくれたと思う。


私は、諦めない。
絶対に諦めたりなんかしない。
こんなところで、こんなふうに終わっちゃいけないと思う。
たとえむねりんが、私と別れると言い張っても
私は絶対に諦めたりなんかしないから。

絶対に、むねりんは私のところに戻ってきてくれる。
そういう…確信にも似た予感が、頭から離れないの。

バカだと言われても構わない。
待つなと言われても待つし
今ここですんなり諦めたら私、きっと死ぬまでずっと後悔するから。

あの時こうしたら良かったっていう後悔は
もう2度としないって決めたの。

ここでこんなふうにして別れるくらいなら
最初っから一緒にいようなんて思わなかった。

奥さんのいる人を好きになって
ただただ離婚を待ち続けて
普通の恋愛できてたらもっと楽だっただろうし
こんなに悩んだり辛い思いしたりしなくても良かったって私だって思ってるよ。

でもね、出逢っちゃったじゃない。

むねりんは、私を傷つけたくないとか
辛い思いさせたくないとかいろんな事言ってくれたし
全てがそうとは言い切れないし、むねりんなりの理由もあったんだろうけど
私の事を想って出した結論でもあると思うの。

でも、苦しんでも構わない。
どんなに涙しても構わない。

傷ついても、貫き通したい想いがあるって、私わかったから。

私の未来には、むねりんがいると今でも信じてる。
この恋は終わらないと信じてる。

絶対に終わらせたりなんかしない。

だってむねりんは、私の運命の人だから。

むねりんが教えてくれた。
運命は変えられるよって。

だとしたら、私はこの手で運命を変えてみせる。
むねりんの気持ちも、絶対に変えてみせるから。

だから、待ってる。

11月22日19時過ぎの飛行機で
私出張先から帰ってくるの。

迎えに来てくれると信じてる。

それまで一ヶ月半、しっかり考えて。
自分の気持ちから逃げないで欲しい。

私は、ちゃんと待ってるから。
私は、変わったりなんかしないから。



最初は、頷く事も、首を振ることもしてくれなかったけれど
途中から彼は涙を流して、頷きながら聞いてくれるようになった。

それでも彼は、待っててくれとも
戻ってくるとも言ってくれなくて

だけど、別れたいとか、もう終わりだとか、ごめんとも言わなかった。

彼の気持ちは変えられなかったけど
私、少しだけ彼の気持ちを動かせた気がした。

それでも、本当は不安で不安で仕方なかった。
1ヶ月以上も逢わずに、私は本当に耐えられるのだろうか?
自宅から数分のところに彼がいるとわかっていて、見に行ったりしないだろうか?

何より、1ヶ月半逢わずにいるうちに、彼が私を徐々に忘れて行ってしまう事
そして、どんなに忘れたくないと思っても
私の記憶の中からも、彼の言葉とか温もりとかいろんなものが
気付かないうちに少しずつ少しずつ薄れていく事が怖かった。

だからどうしても、少し忘れちゃっても大丈夫なように
少しでも多くの彼を、自分の体いっぱいに感じておきたい

そう思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/391-46dde783

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。