あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実。

彼の車を見送って、2日。
でも私は、未だにその現実を受け入れられずにいます。

彼は、変わってしまったのか。
それとも、これが本当の彼なのか。

それすらも、今は確かめようがなくて。

逢いたい。
逢えない。

1人でいる事が、こんなに辛い事だったなんて
私すっかり忘れてしまっていた。

人って、幸せに慣れると都合の悪い事は忘れてしまいがち。
私も、そうだったんだ。

ランキング参加してます。
今は、皆さんからの励ましが力です。
どうか応援のポチ☆お願いします。


昨日、0時半まで電話を待ちました、結局。
来ないと頭ではわかってたんだけど
心がどうしても待ってしまって。

当然、電話が来る事はありませんでした。
そして昨日は、出動もしてなかった。

電話、できるのにしなかったんだ。
あたりまえだけど、ごく当然のことのように電話がなかったのが
あまりにも辛すぎた。

だけど、私約束したから。
電話やメールするって。

電話来なかったけど、メールしました。
なんてことはない、普通の。
今日もお疲れさま、
明日も頑張ろうね
おやすみなさいって。

今までなら、ちゃんと声で伝えられてた事。

そのまま気がついたら寝てたらしくて
朝目覚めてケータイめざまし止める時に
彼からメールが返ってきてたのに気付いた。

たった一言
「おやすみ
って。

私がメール送って30分後だった。

今までならもう彼は寝ていた時間。
一番下っ端になって、いろんな仕事をしなきゃいけないから
睡眠時間が減ったって言ってたな。
仕事の時は、それこそ5時間寝られればいい方だって。


そして今日。
いつも来ていたメールは、たった1通もきませんでした。
だけど、私からも送らなかった。

送らなかったのは…何でかわからないんだけど
彼を、とりあえずそっとしておこうと思ったのかな。
返ってこないのが怖かったのかな。


出逢ったその日から
電話もメールも欠かす日はなくて

だから、改めて、現実を突きつけられた気がした。

私たちの半年間は、やっぱり限りなく終わりかけてるんだと
イヤでも認めざるを得なかった。


仕事を終えて、家に帰る途中に思い出したの。
何度も何度も、彼はあの車で、この会社のど真ん前まで迎えに来てくれてたなって。
家までたった900mなのに。

付き合う前も、映画に行くために迎えに来てくれたなって。
あの日が、私たちの1つの転機だったなって。

たった一人で歩いて帰りながら
今日非番で休みだった彼が
私が仕事をしている間に、持って行った合鍵を使って部屋に入って
全ての荷物を運び出してしまってるんじゃないかって
怖くなった。

彼のものがそこにある。
それって結構つらいんだけど
あるべきものが、自分の知らないうちに消えてしまう
その事の方が遥かにつらいと思う。

家について、玄関の前
2回大きく深呼吸してゆっくりドアを開けて足元を見ると


彼が残していった、NIKEの靴と
コンバースのスニーカーと
珍しくスーツを着てた時の革靴が
ちゃんと残されたままだった。

部屋に入って電気つけたら
荷物を運んできた彼の大きなカバンも
下着や靴下も
ハンガーにかけてるスーツやネクタイも

全て残ったまま。

正直ほっとした。
ほっとしたら、涙が止まらなくなった。

私、彼が仕事の時
どうやってこの部屋で1人平気な顔して過ごしてたかな。

心が繋がってるって自信があったから
離れてても頑張れたのに。

これが現実。
私が乗り越えようとしている現実。

運命を変えるのは、
やっぱりたやすくはないみたいだ。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>2:13の鍵コメさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

そちらにもお邪魔しっぱなしでコメもせずにすみませんでした。
私も以前は、あなたと同じ立場でした。
本気で大好きで、全て背負う覚悟ができてたのでずっと一緒にいました。
先が見えなくて悲しくなる事もあると思いますが、どうか大切なものだけは見失わないでくださいね。

頑張ろうって気を張ってないとダメになっちゃいそうな気がしてます。
でも、時にはグチったり泣いたりしてもいいんだなぁって今日思ったところ。

好きだという気持ちは、恥ずかしいものなんかじゃない。どんな形であっても。
しっかりしなきゃ、ですね。
この想いに誇りを持って、きちんと歩いていきます。

また来てくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/395-315369fa

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。