あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指定席。

彼の車の助手席は、ほとんど私のもので
だから前までみたいに乗れなくなってしまってからも
私が乗らないからって助手席が荷物置き場みたいになっちゃってた。

運転する彼のために
缶コーヒーを開けてあげたり
有料道路とかドライブスルーとかのお金を
彼や私の財布から出したり
道を調べたり

運転してくれる彼の相方って感じで
そういう全てが幸せだと思ってた。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。


彼が心待ちにしていた車がディーラーに届いたと連絡が入ったのが
ちょうどこの前彼と一緒にいた日だった。
完全受注発注らしくて、契約してはじめて納車されるの。

その2日後に車検が通って
昨日彼は念願だった新車とご対面。

仕事してたら子どもみたいなメールが来た。
「来た――――――――
車取って来たよ
カッコいいよ
今度乗せちゃるね
サヤカは今日も忙しいかな
仕事頑張るんだよ


あまりにも興奮してる姿が目に浮かんじゃって
仕事中にデスクで思わずふき出しちゃった。

一緒に試乗会行った時
車会社のお兄さんが気を利かせて自分は乗らずに
私たち2人で試乗させてくれた。

あの時、この車買ったらいろんなところに一緒に行こうって話した。

まさか、こんな事になっちゃうなんて思ってもみなかった。
それは彼も一緒だったらしい。

別れ話をするその前日まで
私と『別れよう』と思ったことは無かったと。

ただ、1人になりたいなぁという漠然とした想いがあったらしくて
あの日が引き金になってしまったんだと今は思う。


昼休みになって、忘れ物を取りに1回家に帰ったついでに
すっごい声が聞きたくなって電話してみた。

自分から電話はしないって思ってたんだけど
結局こうして好きな気持ちに負けちゃうんだよね。

いきなり電話したから、むねりんすっごいビックリしてた。
「どうしたん?今どこ?」
「家。いきなりごめんね。」
「家!?え?何で?仕事してると思ってたのに。どうしたの?」
「仕事してたし、また仕事戻るよ。
忘れ物取りに帰ってきただけ。
何となく電話してみたの。」

「忘れ物???
もうビックリして心配したやん。」

「心配?」
「そうだよ。本当何かあったのかと思って。」

心配、してくれるんだ。

前まではそれが当たり前だと思ってたけど
今はそういう1つ1つに一喜一憂する。

心配してくれてて嬉しかったのと同じくらい
ほっとした。


メールに書いてあった
「今度乗せちゃるね」っていうのがすごく嬉しくて
電話でも聞いてみたんだ。
「私助手席に乗せてくれるのー?」
って。

「うん。今度逢う時はもう新しい車だよ。」
「そうだね。もう誰か乗せたの?」
「誰も乗せてないよ。俺だけ。」
「じゃあこれから乗せるの?」
「いや。乗せないよ。
まだ座席シート、ビニールしたまま。」

「あは、それ剥がさんと恥ずかしくない???」
「確かにね。せっかく車かっこいいのに田舎者に見えるし。」
「剥がしたら誰か乗せるの?」
「乗せないよ。」
「じゃあ…私が最初?」
「そうだね。サヤカが最初。」

私を一番最初に乗せてくれるんだ…
正直、涙が出そうだった。
まだ望みは捨てられない。

助手席は私の席だよって
また笑って言える日が絶対に来ると信じてる。

「ありがと。
じゃあ今度逢えるまで、誰も乗せないでね。」

「うん、わかった。」

女の人だけじゃなくて、男の人もね。
誰よりも一番でいたいって思うのは
子どもっぽいことかな。

あの車に、一緒に乗ってどこに行こうかな。
今度逢えた時。
行きたいとこもしたい事もたくさんありすぎて
1日じゃ本当は足りないくらいなんだけど。

むねりんにまた逢えるのが
ますます楽しみになってきた。

あと8日頑張ろう。
スポンサーサイト

コメント

サヤカどん、やっぱさ~一緒にいつもいたから~大事なものが見えてなかったのかな?
わたしはさ~逆にいつも離れているのが当たり前だから~大事なものが見えない!って思っていたけど~サヤカどんのエントリーを見てると離れていても大事なものは見えているのかな?ってね、思ったよ!やっぱりさ~逢えないから~必死にこっちの状況を教えようとするし、相手の状況が知りたくて~質問攻めになったりね!離れていてもそういう積み重ねって一番大切なんだな~ぁって思ったよ。

3日分、一気に読みました。

読んでたら胸がギュッって痛くなったり、
思わず可愛くて笑ってしまったり、
そうかと思えば切なくなったりと、
読むだけでも体力を消耗する(?!)のに、
実際にその中にいるサヤカさんは
本当に強いな‥っていうか、
さらに強くなられたな…って思います。

私は今の彼が新車買ったときには別れていたので、
すでに他の女が乗っていました。。(T_T)(笑)
一番最初に乗せてもらえるサヤカさんが
とても羨ましいです♪(^-^)

新車に乗れたら両手でベタベタ指紋残して、
他の女が乗るということが決してないよう、
呪いをかけてきてください☆彡(^▽^)(笑)

>>AKIKOさんへ
いつも一緒にいるとね、確かにたくさんの事がわかるんだ。でも逆に、大事な根っこの部分を見落として、枝や葉っぱばかりが見えてしまうことがあると思う。
たとえ離れていても、大事な部分を見失わない事が一番大事だよね。
距離の近さに甘えちゃいけないと思うし、距離の遠さを嘆いてもいい事なんてないもんね。
どっちがいいかって言われたらそりゃぁ近い方がいいんだろうけど、多分どっちにしても、毎日小さな事を積み重ねていく事がきっと大事なんだと思うなぁ。

>>さちこさんへ
体力使わせてごめんなさい(笑)
しかも毎回長いしね。まぁ下書きしない、書き直さないがモットーなので。。。思ったことそのまま書いてますから☆

強くなりましたか???
まだまだ弱い部分たくさんあります。でも強くなりたいと思うこともあったし、逆に強くならざるを得なかったっていうのも本音。

1番に乗せるっていうのも、実際乗ってみるまではわかんないですけどね(-ω-)
でも今は彼の言葉を信じてます。そして、そう彼が言ってくれてる事が純粋に嬉しいんです。
多分指紋残したら彼が逆上しそうなんでやめときます。多分靴とかも土はらえとか言われるんだろうな。
これも彼のかわいいところなんで目をつぶって言う事聞いてきますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/422-57409179

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。