あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の幸せ。

11月22日木曜日

予定していた時刻より30分も遅れて飛行機は到着して
焦ってケータイの電源つけたら
むねりんからメールが2通たまってました。

1つ目は搭乗直前に送ったメールへの返事。
もう1つは、到着予定時刻の20分後
「もう空港で待ってるよー。
いつでも電話してきて」

って。

本当だったら、あの別れ話の日から1ヶ月半
逢えないはずだった。
そしてこの日が、私とむねりんとの今後を左右する
約束の日になるはずだった。

でも私たちは実際、この間も連絡を取り続け
折に触れては一緒にいたし
夜を共にする事もあった。

それが正しかったのかどうかはわからないけれど
今もなお、私の気持ちは最初と変わらない。

やっぱり彼が大好きで大好きでたまらないんだ。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。


彼の車に背後から近づいて行くと
ミラーで私に気付いた彼は運転席から降りてきた。
そして私の手からスーツケースを取ると
トランクに抱えて入れてくれた。
研修だったからすごく荷物が多くて重かったしすごく助かったな。

それから車に乗って、むねりんの家に向かう。
私の研修の事、むねりんの仕事の事
新しく買った車のオーディオの事
たくさんたくさん話をした。

家に着く前にモスに寄って注文。
しばらく店内で待つことに。

むねりんが、私の事を上から下までじーっと見てる。
「何???」
「いや、スーツ姿初めて見た。」
「そうだっけ?」
「うん。いつも普通に私服で通勤してるやん。
サヤカやっぱりOLさんなんやなぁって。
会社員って感じするー。」

もう8ヶ月も一緒にいて
私1度もスーツ姿すら見せてなかったんだ。
私もむねりんも、お互い知らない事がまだまだ残されてるのかな。

しばらくしてようやく、注文したのを研修生の人が持ってきてくれて
内容の確認をしてもらって立ち上がろうとしたら
その研修生の人がいきなりむねりんの肩をすごい勢いで叩いた。

!!!!!!!!!!!!!

私もむねりんも唖然として
むねりんはその研修生の人の顔をしばらくじーっと見た後…

「おぉ!!!
お前今ここで働いてんの!?」

「夜だけな。
何か見たような顔やと思って。」

「マジでビビるわー。」
どうやらその人はむねりんの知り合いだったらしくて
その男の人は私の顔をチラッと見て軽く会釈した。

頼むから、私の事「彼女?」だなんて聞かないで。
そんな事を思った。

むねりんはそれを肯定しない。
そんな気がしたから。
そしてそれを私は耐えられないから。

何でこんな事、一々心配しなきゃいけないんだろう…

幸いその人は私の事には触れずにいてくれて
(多分元奥さまの事を知ってたんだろうな)
車に戻ってむねりんに知り合いかと尋ねたら
中学校の同級生だったらしい。

むねりんの家に着くと、お母さんが玄関まで出てくれて
「お帰りー。疲れたやろう?」
って言って、少し荷物を持ってくれた。

お帰り、かぁ。
お母さんは、私がこの家に来る事を、そういうふうに思ってくれてるんだ。
その事は素直に嬉しかったけれど
いつ、もう来れなくなるかわからないって事を考えたら
本当に悲しくなった。

大人になるにつれ、単に付き合うって事が
2人の問題じゃなくなっていく気がする。

お母さんは私のために部屋を暖めてくれていて
私が疲れてるだろうからって、あいちゃんに2階へは行かないようにと言ってくれた。

借りて来ていたDVDを見るむねりんの後ろから抱き着いて一緒に見ようとしたら
「寒くない?」
って聞いてくれて
「疲れてるやろうから、寝っ転がって見ようか?」
そう言った。

先に布団に入って寝っ転がったむねりんは
「おいで」
って私を左っ側に入れてくれて
私の体に優しく手を添えてくれた。

途中で本当に眠くなってしまって
私がウトウトしてるのに気付いたむねりんは
「いいよ。目を閉じてゆっくり寝て。」
そう言って、私の頭を自分の方に抱き寄せた。

むねりんの胸の温かさに触れながら
気がつくと私は眠りについていた。

何もなく、無事にこうして帰ってこれる
それがどんなに大切な事かよくわかる。
今を生きていて、本当に良かった。
また大好きな人の温もりを感じられる。
大好きな人の声が聞ける。笑顔が見れる。

愛おしいという気持ちを抱き続ける事ができる。

現実は何かと厳しい事ばっかりだし
そりゃあ前みたいに一緒にいられたらもっといいだろうけど
結局は彼の事を愛し続けられるという事
そのものが今はすごく幸せなんだ。

スポンサーサイト

コメント

サヤカどん、なんか~2度目の恋!って
カンジだね~、むねりんさ~サヤカどんのこと~すごく大切にしてくれてるじゃん!!

>>AKIKOさんへ
これでも付き合ってるのか微妙なんだよね…
うーん…
でもそうなんだー。
やり直しじゃなくて、また新しい恋がスタートする感じ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/448-d5c8533c

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。