あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待しちゃうよ?

昨日結局むねりんの仕事が大忙しで逢えずに
今朝仕事終わってすぐ、彼はうちにやってきました。

でも、後輩の結婚式が11時からって事で
本当に靴だけとって、
彼は笑顔で手を振って行ってしまいました。

時間にして数十秒。
9日ぶりに逢えたのにあっという間でもったいなかったな。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。


今日むねりんは後輩の結婚式に参列してて
私はというと大学時代の同級生と久々に逢ってました。

お茶しながら仕事の話したり恋愛の話したりして楽しかった。

2人は家がちょっと遠いから電車に乗って帰ってしまって
一方の私は暇だし、街中を抜けて歩いて帰る事に。

12月になって
前以上に街中はクリスマス一色になった。
あらゆるところでイルミが輝いていて
カップルの姿が目立つようになって(気のせいだろうけど)

無性にむねりんに逢いたくなった。
逢いたくて、泣きそうになった。

久しぶりだったんだ、
そんなふうに、泣けるほど逢いたいと思ったの。

次いつ逢えるか、わかんないし
急に不安でたまらなくなった。

あたりはもう暗くなっていて
私はガマンできずにケータイを開いて
家できっと寝ているはずのむねりんに電話をかけた。

案の定彼は寝てたところを起こされちゃったみたいで。
「…んぁ?今何時?」
って寝ぼけてた。

「もう友達帰ったん?」
「うん、家遠いからね。」
「そっかぁ。俺帰ってからずっと寝てたよ。
っていうか頭が痛い…」

「飲みすぎ?」
「いやぁ?そんなに飲んでないはずやけど」
「あ、でもあそこ披露宴の飲み物シャンパンやろ?」
「あーそうやね、やけん気付かんうちに飲みすぎたかな。」
「勤務明けで疲れてたのもあるんやない?」
「そっか…まさか歳のせい?」
「それもそうかもしれんけど」
「あ?(怒)」
「あははは(>_<)
そうそう、私今朝特急券渡すって言ってて忘れてた」

「有効期限いつまで?」
「12/9…来週日曜まで。」
「そっかぁ、じゃあ5日仕事やけんその時にでも。」

仕事の日に署に行っても
やっぱり数分が限界で
それでも姿が見れるだけいいんだろうけど
今日の私はひどくワガママで。

「そんなチラ見せばっかり。
今朝だって一瞬やったしさ。」

私はわざと、子どもみたいに拗ねたフリして言った。

むねりんはそんな私に爆笑して
「いいやろ、チラ見せ。
エロいやろ?」

そうふざけて言う。

「はいはい、エロいエロい。
まぁあんまり簡単に逢えたら有難さがなくなるけん
その代わり次逢えた時はベタベタベタベタしてやるから覚悟しろよ。」

そんなふうに、ふざけて言って
むねりんはそれを聞いて笑って…

でも、そんなの私の本音じゃない。
逢えないのは頭ではわかってるけど、今日は本当に逢いたかったんだもん。

しばらくの沈黙があって、
むねりんにどうしたの?って言われて、
「むねりん、とりあえず聞いてくれたらそれでいいよ。
何も答えなくていいよ。

あのね……逢いたい。
むねりんにすっごい逢いたくなっちゃった。」


むねりんはしばらく「うーん…」って考えてその後
「でも今日俺飲んでるから車運転できないし…
だから迎えに行く事も逢いに行く事もできんし…」


あぁ、そうでした。
すっかりその事忘れてました。
物理的に無理ってわかったら諦めついちゃった。

「ごめんごめん、困らせるつもりじゃなくて
思ってる事言えただけでスッキリした。
ありがとう。」

そう言ったらむねりんも笑ってて
その後

「来週…俺日曜は仕事なんよね。
サヤカ土曜は?」

「土曜は…先輩の結婚式が夜にあって、
昼からピアノの練習しとかないかん。」

「そっか…
じゃあ金曜日の夜は?仕事終わってから。」

「ごめん、金曜野球部の忘年会やん。」
「そっか。何か俺じゃなくて、サヤカの方が予定いっぱいやね(笑)」
むねりんは笑いながらそう言った。

前の私なら、そういう予定犠牲にしてでも
彼に逢いに行っていたと思う。
でも今は、そういう自分の時間がすごく大事。
むねりんがあの時、1人になりたいと言ったのは
こういう気持ちが彼の中で強かったからなんだろうな。

「ごめんね。」
「いや、いいよ。
まぁ俺も休みとかまた見とくね。」

「下手したらクリスマスまで逢えないかもね。
むねりん、プレゼント欲しいもの決まった?」

「うーん…ない。」
「『ない』とか(-_-)
確かに物欲ないの知ってるけどさ。」

「やろ?
大体毎年プレゼントされてもなかったし
してもいなかったし。」

「でもやっぱもらったらもらったで嬉しいやん?」
「確かに。
で、サヤカは?」

「ん?」

「だから、
サヤカはクリスマス、何が欲しいの?」


…それは、何かプレゼントしてくれるって事?
期待しちゃうじゃん…
そんなふうに期待させるなら
私本当に欲しいもの言っちゃうよ?

「…指輪。」

指輪って、今の私たちの関係だとやっぱ重いよね。
きっと笑ってごまかされるよね。
そう思ったのに。

「指輪ね。
うん、わかった。」


わかった…?
本当にわかったのかな…?
ただ欲しいものを聞いてみただけ?

本当にもらえるかな。
いくら何でも、男の人が女の人に指輪をあげる重み
わかってるよね?

期待していいのかな。
でも、期待したらその分傷つくよね?

どうしたらいいんだろう。
むねりんの考えている事が、わかんないな。
スポンサーサイト

コメント

やっぱり指輪ほしいよねー。
てかお久しぶりです。
なかなかコメントかけなくてごめんね(>_<)
でもよかったね。なんとかむねりんさんとは
うまくいきそうで^^

早く逢えるといいね♪

一度結婚してはるんやし、
指輪の重み?くらいしってると思うけどな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

よかったね(*^^)

なんかこの分だとクリスマスいいかんじかもね☆

指輪もらえるといいね(*´▽`*)

>>雫ちゃんへ
久しぶりー☆

そうなんだよ、指輪本当に欲しくて。
前に一緒に選びに行った事があったんだけど、時間がなくて買えずじまいだったんだよね。
本当はペアがいいんだけど、向こうが仕事柄あまり指輪とかできないから…ていうか今は、何かもらえるだけで十分なんやろうけど。

指輪の重み、わかってそうで多分わかってない気が…
結構わかってて当然って私が思う事を、実際はわかってない事が多いんだよね。
何気に彼はきっと天然入ってるんで、期待しすぎないようにしようっと。

>>るんちゃんへ
今ふと、「ぬか喜び」って言葉が頭にぱっと浮かんじゃいました(爆)
実際、前日まで幸せの絶頂で、次の日どん底に落とされてるし。

指輪はもう言わない事にするよ。
本当にくれるなら、もう言わなくてもちゃんと考えてくれるだろうし。
無理やりもらっても、特に指輪って困っちゃうだろうしね。
今日は自分で自分を戒めときます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サヤカどん、期待・・してもいいと思うよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>AKIKOさんへ
うーん…
期待して落とされるのやだなぁ。
ていうか多分そんなん立ち直れん。
でも期待しちゃう。
恋ってそんな感じだよね。

>>9:33の鍵コメさんへ
了解☆
こっちこそ本当にごめんね。全く気付かずに…
そうそう、これ他人が書いたコメ編集できないもんね。
全然気にしないで。

ブログ復活できてほっとしました。
これからもよろしくね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/454-9e390f16

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。