あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春が来たら。

春になったら、むねりんには逢えなくなるかもしれない。

去年の春は、ヒロくんと最後のお別れをした。
(実際は仕事で逢えてたけど)
そしてそれと前後してむねりんと知り合って
人を好きになる気持ちとか、生きる事の喜びとか
そんなものを知った季節だったから
私は春を嫌いにならずに済んだのにな。

私たちの関係がもし、
やっぱりどう足掻いたって未来に続かない一過性のものだとしたら
その終わりは、もうすぐやってくるかもしれない。

ちょっと大袈裟かもしれないけど
今日そんな事を思った。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。


昨日は予想通り、酔っ払ったむねりんが大きな声出しながら帰ってきた(笑)

あ、外で叫んでたわけじゃなくて
うちに帰ってくるなり饒舌にしゃべりだしたの。

「うわっ、酒くせぇ(-_-)」
そんな事を思わず言っちゃったら、
「あ(-_-#)
お前誰に向かってそういう口を利きよるとや?」

って言いながら、すごい勢いで私の方に向かってきて。

何もない私の部屋は、10.5畳とムダに広いから
軽く鬼ごっこできるんだよね。

最初はふざけながら逃げたりしてたけど
酔っ払ってフラフラのむねりんに、
私の方からつっこんでっちゃった☆

予告してた通り…ではなかったけど
真正面から抱きついたら、
やっぱり彼は優しく笑って、そっと抱きしめ返してくれた。

「うーーー酒くさい上にタバコのにおいがするー(;_;)」
自分から抱きついといてそんな事言ったら
逆に彼は離してくれなくなった。

それがちょっぴり、嬉しかったり。

お酒飲んで、少し赤い顔してるむねりんが
「頭が暑い(´Д`)」
って言いながら服脱いでベッドに入って
私は冷え症で冷たくなってる手で彼の頬を挟みこんで近づいた。
「気持ちいい(´∀`*)」
彼が本当に幸せそうな顔するから、私も思わず嬉しくなって
冷え症もたまには役に立つんだななんて思った。

そのままの状態で彼は言った。
「飲みの席やとさ、みんなぶっちゃけトークするやん?
本当は言ったらいかんのに、今日上の人が人事の話始めてさ
俺春もまた異動しないんだって(-_-)」

「ん?って事はまたすぐそこにいるって事?」
「そうよ。
だけんまた警防隊。(←いわゆる皆さんが想像する消防士はこれです)」

「むねりん、確か救急隊に行きたいんだったよね?」
「そう(-_-)
俺は救急救命士になりたいけんってずっと希望しとるのに。
『高本は警防に必要だ』って。
認められてるのは嬉しいけどさ…
あ、でも、春からはまた下のやつが異動してくるらしい!
俺も晴れて下っ端脱出☆」


異動の話、少し不満そうなむねりんだったけど、
それ以上にちょっと嬉しそうな顔してた。
むねりんは、人間として尊敬できるところがたくさんあるもんね。
だからそういうところを、彼の上司たちが分かってくれてるって事
私も嬉しかった。

私の異動は、夏頃だと言われていた。
だから、夏まではこの部屋でまた
何度も何度も、たくさん彼と思い出を作れるんだって思った。

彼の署が偶然にもうちの近所だったからこそ
彼の仕事明けにすぐ逢う事だって出来たし
彼がうちから出勤する事だって容易だったし。

彼の異動がないという事は、私にとってすごくラッキーな話だと思った。

寒い夜、私は彼に抱きしめられて
腕枕してもらって寝ました。
本当に本当に、好きでいっぱいの夜だった。

だけどね。



やっぱり神様はどこまでも私に味方してはくれないみたい。

私の方の、異動の時期が予定より5ヶ月も早くなった。
今日会社側から説明があった。

そして転勤先は県外。
まだ正式な行き先までは決まってないけれど、
とにかく県外へ行く事だけ決まった。

ヘタすれば、彼の家に行くのにもこの街に来るのにも
4、5時間かかるようなところに飛ばされるかもしれない。

普通につきあってて遠距離になるのなら
まだ頑張る気にもなるけれど
この状態で逢えなくなったら正直致命傷だと思う。

残されたあと3ヶ月弱で、私は何が出来るだろう。
彼にとって、忘れられない人間になれるだろうか。

いつか終わりはやってくる。
そう覚悟はしていたけど、やっぱりこういうふうに予定が急に変わるのって
慣れないもんだな。

彼は、今も私の異動は夏だと信じてる。
花火大会の話をした時も、
『今年はギリギリ行けるか行けないかくらいだね』
なんて話してたのに。

去年2人とも体調崩して一緒にお花見行けなくて
『来年は一緒に行こうね』
って話してたのに
お花見に行けるか行けないか、ギリギリだと思う。

どうせサヨナラがやってくるなら
最後に思いっきりワガママ聞いてもらおうかな。

彼と2人で、もう一度旅行に行きたい。
ダメ元で、勝手に計画してみよう。

楽しいこと考えてないと
やっぱり最後を想うと涙が出てきちゃう。


スポンサーサイト

コメント

おはよう

私はぐるぐる迷路脱出しました。

サヤカさんは大丈夫ですか?
私の友達で、彼女(既婚)が福岡、彼(独身)が横浜の遠恋カップルがいます。
もう2年かなぁ?
最初から遠恋。
それでもお互いが頑張って月1でどちらかが行ったり来たりして会えているみたいです。
諦めたら終わっちゃうから…
前を向いて…

私たちよりずっとずっと恵まれてるって思います(汗)
それでもやっぱり愛してるから。
彼だからわがままをしても許される。
今はまだお互いに必要な存在。
きっとサヤカさんたちもそうなんだと思います。

引っ越す前にわがまま聞いてもらって旅行で思い出作ってきてくださいね^^

サヤカさん春には異動されるんですね・・・。
私、サヤカさんに会えるとずっと思ってましたv-406
相談のってくれてお姉さん的存在のサヤカさんに会いたかったですv-406
だから行かないで~!!って言っても無理なんですよね・・・。
きっとむねりんさんもすごく落ち込むと思います。
だからこそ最高の楽しい思い出を作ってきてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>楓花さんへ
迷路脱出おめでとう☆
大事なものはちゃんと自分の中にあるからね^^

そだね。
諦めたら終わってしまうと思う。
転勤=終わりだとは思わないんだけどね、その先がまったく見えないんだ。。。
私とむねりんが今もちゃんと恋人同士として何の問題もなくいられてたら、多分頑張れたと思う。
私は多分、離れても好きで居られると思うんだけど、彼は必ずしもそうではないと思うし。
何より彼は夢を追って上京するかもしれないしね。

ダメだね。何だかグチっぽくなっちゃってる。
たまにこういうふうに弱気になっちゃうんだよね。

>>kayoさんへ
大丈夫???元気にしてた???
お姉さんだなんて(照)
まぁ事実長女なわけなんですが。
そんなふうに言ってもらえると何だか嬉しいな。

私の転勤は恐らく4月のどこかのタイミングだと思うから、ギリギリもしかしたらご近所になるかもしれないね。
運がよければ隣の県とか、うちらの地元とかも有り得るんだよ。可能性は低いけど↓
定期異動だし、それを承知で入社してるから仕方ないわー。
数年後にはまた戻ってくるしね。

とか何とか言って、異動先が県内だったらかなりウケるw可能性1%くらいだけど。

>>13:29の鍵コメさんへ
距離が信頼を揺るがすからダメになる。
そうだね、確かに。
私とむねりんとの間には、信頼はあるのかな。
あれから私、常に1%ずつ疑って彼を見てると思う。心の底から信頼するなんて、やっぱりできないのかなと思う事があって。
それでも普段は、好きって気持ちが全てをカバーしてくれてるけど。
信じきるってなかなか難しい事だよね。

鍵コメさんに言われると何だか説得力あるけん、信じてみたくなるんだけど。
あ、彼にとって私が、想像以上に大きな存在になってるってのも信じます(笑)
都合のいい事は大抵信じる方なので。
占いだっていい事だけ信じるもん。

ごちゃごちゃうるせぇと言ったのは私の方だったのにね。
もし私がこの記事みたいなことをむねりんに言ったら、きっと一蹴されると思う。
「サヤカ深く考えすぎやん」って。
1日1日を大切に過ごしていけば、結果はきっとついてくるし。
大きなこと1つできればいいのかもしれないな。

まだ内示すら出ていない状況だから、とりあえず淡々とやっていきます。

>>22:57の鍵コメさんへ
お久しぶりです☆元気でしたか???

本当、同じタイミング過ぎだったよね。
落ちた瞬間も、浮上した瞬間も。
今は全く逆の状況だけど。

私はここに、客観的にでも書いてなきゃ耐えられなかったんだ。
さすがに内容が色々と複雑だから、周りの人に全てを打ち分けられるわけじゃなかったし、彼が仕事や家の事大変なのわかってるから、彼にグチる部分ではないと自分の中で線引きしてたりしたしね。
それでもここ書いてる事は、実は7割程度だったりするんだけど(笑)

>これから先のことを考えると言えない事ってあるんですよね。やっぱそれを考えたくないっていうか・・・。

鍵コメさんも何か悩んでるのかな…
読んでる限り、羨ましい事の方が多いんだけどな。
守りたいものが大切であれば大切であるほど、不用意に発言できなくなるもんね。
私もそう。
だから言えない事がたくさんあったんだ。彼にも。
でも言わずにいた自分の選択は正しいと今でも信じてる。

好きだという純粋な気持ちを大事に、彼と一緒の時間を過ごしていきます。
ありがとうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/487-9a784e93

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。