あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命のリレー、1歩目。

大切な人が、目の前で倒れたら。

そんな事を、現実で考えた事がある人なんて
どのくらいいるんだろう。

私も、たった1年前までは
そんな事考えた事もなかった。
ドラマの中の世界だって思ってたし。

今は、その事がたまらなく恐ろしくなることがある。
大袈裟でも何でもなくて。

今、これを読んでるあなたに尋ねたい。
『目の前で、大切な人が倒れた時、あなたはまず何をしますか?』

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。



みんな色々考えるよね。
誰か呼ぶ。
とりあえず救急車呼ぶ。
体を叩いて名前を呼ぶ。

どれも正解だけど、多分そのどれも、確実に出来る人なんてごく一部。

そして、その次に何をする?って聞いたら
きっとみんな閉口するだろう。

救急車が来るまでの平均6分半の間
あなたは、目の前でどんどん死に向かう大切な人を
何も出来ずにただ見てるだけですか?



ちょっときつい書き方をしてしまったけれど
これは脅しでも何でもなくてね。

日本のどこかで日々起きている現実。

このブログをずっと読んでくださってる方はご存知ですが
たった2ヶ月半前に、私はケンイチくんというかつての恋人を亡くしました。

ケンイチくんは私の目の前で息絶えたわけではないけれど
あの時、誰かいてくれたら―
リレーの第一走者となって、救急車、お医者さんへと
彼の命を繋いでくれる人がたった一人でいいからいてくれたらと
もう祈っても意味はないのだけれど
そんな考えがやっぱり頭から離れない。

心臓発作を起こして倒れるとか
突然死するとか
それは、たまたまみんなの周りで起きていないだけで
本当はすごく身近な事なんだよ。

たった数分でも、確実に死はそこに迫っているのに
救急車が来るからと、何もできないなんて
そんなのあってはならない事だと思う。

せめて、縁あってこのブログを読んでくださってる方だけでもいい。
心臓マッサージくらいできるようになってください。
人工呼吸ができなくても、AEDが使えなくても
心マだけでも十分命を繋ぐ可能性は高くなるから。

私だって、心マのやり方なんて3ヶ月前まで知らなかった。
だけど、思ったよりハードルは低いから。
何でもいい。
ネットで調べるだけでもいいし、私のように消防署に習いに行ってもいいと思う。

それが、誰かの命を助けるかもしれない1歩目になるんです。


今日から、そんな心臓マッサージや人工呼吸、
止血法やAEDの使用法、解剖生理学なんかを勉強しに
3日間消防署通いです。

1人でも多くの人に、いざと言う時の応急処置を教えられる立場になるため。
3日間の講義と、実技試験・筆記試験を無事終えて合格すれば
応急手当普及員の資格認定者になります。

ケンイチくんが死んでしまってから
その事がすごくショックで悔しくて
だけど私に1つの目標として、この資格取得というものを目指させてくれたから
彼の死と向き合う事ができたと思う。

頑張って、絶対に合格してみせます。


昨日むねりんから電話があって
「普及員講習、明日からやったよね?」
って、ちゃんと覚えててくれました。

「そうだよ。何か緊張するけど。」
「大丈夫。
サヤカは目標持って受けるんだからちゃんと合格するよ。
ああいう資格は、実生活で役に立たないに越した事はないんだけど
でも、サヤカ自身のためにもなるから、頑張ってきぃね。」

「うん。ありがと。」

大好きな人が、そっと背中を押してくれる。
彼は、私がケンイチくんの事を経験して
精神的にかなり落ち込んだのも一番そばで見てたし
そんな私が決心してこの資格を取ると決めたのも知ってるし
言葉少なな中にも、彼はちゃんと私を応援してくれてるって
そんな気がしたから。

あと2日間、かなりハードだけど頑張ってきます。
スポンサーサイト

コメント

心臓マッサージとか応急処置については
車の免許をとるときにやったなぁ。
AEDについては大学での講習会に参加したよ。
最近駅なんかでもよく設置されるようになったよね。
私は、学校の先生になりたいから
生徒の身に何か起こったとき助けれるようにって
思ってる。
急死に一生とかいう番組(最近みないけど)
でもやっぱり応急処置ができる人がいたから
助かったていうの良くみるし・・・

できる人が多ければ多いほど助かる確立も
あがるもんね。

サヤカちゃんはえらいと思う!
ってか消防署でそういう講習を受けれるって知らなかったから
私もきちんとした資格とってみようかな。

心臓マッサージは一応子供の学校関係で講習は受けたけど、実際にやれるかは不明。
AEDは設置は知ってるけど、使い方もテレビで見たけど、自分でできるんだろうか?
子供が不整脈持っているからもしかして将来お世話になる可能性があるのかもしれないから、私も講習受けたほうがいいのかなと、ここを読んでふと…

パス変更しました。
メールしたけど届いてなかったら連絡くださいm(_ _)m

私も去年の3月に、職場から強制的に講習を受けさせられましたe-330
高齢者施設だから、心肺停止の人と出会う確率が高いんですよね・・・。そのための講習でした。
その時も救急救命士さんから、
「人は5分以上心臓が停止したら、生存率が一気に下がります。でも救急車が到着するのは平均で約5~6分。その間は介護職員の皆さんがどう救命措置をするかどうかで生存率は変わるんです」
と言われたことを今でもハッキリ覚えています。
幸い私はまだ、そういう場面に立ち会ったことはないですが、施設からは何人か救急車で運ばれた人がいます。助かった人もあれば、亡くなった人もあり・・。
いざって時に「その時に出来る精一杯のこと」が出来るようにしたいです。
残り、頑張ってくださいね^^

>>ちぃちゃんへ
AEDの講習も、最近では大学や高校で行われるようになったみたいだね。
私の時代…と言ってもまだ大学出て3年だけど、そんなものなかったし、AEDの存在自体知らなかった。

学校の先生とか、児童・生徒が来るような施設の人たち、結構今回も参加してたよ。
その場に応急手当が出来る人がいるかいないかで、助かる確率はかなり違ってくるからね。

>消防署でそういう講習を受けれるって知らなかった

私もむねりんに出逢わなかったら知らなかったよ(笑)
自治体によって有料・無料あるからそこだけ気をつけたら大丈夫だと思う。
ちなみに普通救命講習(3時間)だと東京消防庁1400円です。うちの自治体は無料です。
機会があったら参加してみてね。

>>楓花さんへ
講習を受けてるだけでも全然違うと思うよ。
私も人形相手だし、生身の人間目の前にしたらやっぱ焦ると思う。
でも、たくさん練習すれば自信もつくしね。
AEDはね、機械が勝手に喋ってくれるから言うとおりにすれば大体大丈夫だと思うよ☆
色々と注意すべき事はあるけど、使わなければ悪化する一方だから、使おうっていう勇気がまず大事だし。

お子さんのためにも、少しでも覚えててほしいな。
特に、12ヶ月未満/1~7歳/8歳以上で処置の方法が若干違ったりするし。心臓マッサージもね。

パスの件了解しました!
確認しとくね。

>>月姫さんへ
今回講習受けに行って、介護施設の人も来てたんだよね。
何人かの人は最初言ってたの。「会社から来させられて仕方なく」って。
でもね、今日終わる時には「本当に参加してよかった」って言ってたよ。
『受けさせられた』と思わずに、自分から積極的に来ればよかったって。

やっぱり突然心臓発作を起こしたりして救急車を呼ばなきゃいけないって、高齢の方が多いんだろうけど、必ずしもそうじゃないよね。
ケンイチくんは25歳の若さだった。
それに将来自分に子どもができたとき、その子が誤って浴槽に落ちて心臓が止まってしまうかもしれない。
いろんな場面を想像したら、こういう事は結局自分の大事な人を守る事に繋がるんだよね。

私もまだそういう場面に出くわしたことはなくて、でも今回一緒だった人たちはそういう場面に何度もでくわしてたりなんかして…こういう事ってすごく身近なことなんだなって思いました。
私も、いざという時に自分にできる精一杯で、誰かの命をつなぎたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/490-4005f26a

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。