あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く先。

もうダメかもしれない。

恋人との関係をそういうふうに考え出すと
私は元の考えに戻れない事が多くて
一度そっちに傾いてしまったら
どんなに好きでも先はないんだって思ってしまいがち。

過去にもそんな事があって
あの時と今、自分の感情がどこか似ている気がしてて。

好きで好きでたまらなくて
頑張って頑張りすぎちゃうから
疲れちゃうんだろうな。

でもだからって言って
またここで自分から手を離す勇気は、
どうもないみたいで。

失ったあとの後悔と痛みを、
イヤってほど知ってるから。

可能性がゼロじゃないって思っちゃってる以上
私は自分からそういう行動に移せない気がするし。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。

今日消防署で、20人くらいの人たちに
応急手当の基礎を教えてきました。

その講習を担当してる人と個人的に仲がよくて
その人にだけは、むねりんの事を相談してる。
同じ消防マンとしてのアドバイス目当てだったけど
思いの外その人は私の事を思って
本音のアドバイスをくれてて。

その人…笹野さんは43歳で、むねりんから見ても結構先輩にあたる人で
むねりんは笹野さんの名前しか知らないけど
笹野さんはむねりんの事を知ってるらしくて
でも、笹野さんはすごく信頼できる人だし
そこは悦子先輩も保障してくれてるし
私にとってもお兄さん的存在なんだ。

最初笹野さんは私に頑張れ頑張れって言ってたけど
去年の終わり頃からは、
「それでサヤカちゃんが幸せになれるとは、
申し訳ないけど俺は思えんのよ。」

って言うようになった。

私も頭のどこかでそれがわかってたからだろうね、
反論しようとは思わなかった。

そして、早く終わりにした方がいいとも言われてる。
まずは指輪を外す事から!って逢う度に言われるんだけど
いつも私の踏ん切りがつかずに
指輪を外す事すらできずにいる。

今日も私の右手の薬指をつかんで
「まだこんなものして!」
ってニヤッと笑うの。

だから講習が終わって言ってみたんだ。
「笹野さん、私もしかしたらだけど
もうちょっとしたら決心がつくかもしれん。
笹野さんが言いよった意味が、何となくわかってきたんよ。
やっぱり高本さんとこのまま一緒にいる事が最良だとは思えなくなってきてるんだよね。
今もやっぱり好きやけん、すっぱりさっぱりとは行かないんだけど(苦笑)」


笹野さんは私の気持ちが揺れ始めた事を
喜んでもいなかったし、悲しんでもいなくて
ただその表情からは
私が苦しんでる事をわかってくれてて、心配してくれてるような感情が見て取れた。

そして笹野さんは言ったんだ。
「同じ男としても
同じ消防の職員としても
何だかサヤカちゃんには申し訳ないなぁって。」

「何で笹野さんが謝るんですか(笑)
笹野さん、高本さんのお父さんじゃないんだしw」

本当、笹野さんは歳の離れたお兄ちゃんみたい。
そしてその言葉が、笹野さんの優しさである事も十分私には伝わった。

笹野さんは、結構いろんな人を紹介してくれる。
事実、その中ですごくステキだと思う人もいた。
だけど結局笹野さんだってむねりんの同僚であって
その笹野さんが連れてくる後輩の人たちも同じ消防士さんたちで
さすがに次は消防士さんはムリだと思う。
一種のトラウマかな。



夜むねりんと電話した。
今日は休みの予定だったのに急遽呼び出しがあって
非番勤務になったらしい。

2月は予防査察っていって
火災が起きないように建物や設備のチェックに回る仕事がたくさん。
しかも休みの時にやらなきゃいけないから
わりと休みが半日くらい潰れちゃうみたいで。
スナックとかの査察だと、夕方から夜にかけてやらなきゃいけないんだよね。
前に一緒に住んでた時、夕方見送った事があった。

それで2月はどうも忙しいみたい。

私も結構急な仕事が入ってき出して
2月はバタバタするっぽくて
お互い2月は踏ん張りどころだねって話をした。

それから結構他愛もない話して。
私んちのドライヤーが壊れて、出火の恐れがあるから使わないようにって言われた話したら
「頼むけん火元にだけはならんでよ。
ていうかサヤカんちに消火行くのは何となくヤだな。」

なんて言われた。

あとは、この前ブログにも書いたSotto Bosseの事
むねりんが、私が持ってない分のアルバム買いたいって言ってて
でもお互い都合がつかないなら自分ひとりで行ってくるよって…

そんな事したら、私とむねりんとの間が途切れてしまった時
また私1枚足りない状態になっちゃうんだけどな。

声を聞いてたら、やっぱり好きなんだよね。
どんな負の感情も吹き飛んでしまうほど
声が聞ける事が嬉しい。
声が届くことも、それに対して彼が反応する事も
全て幸せだと思う。

本当はね、彼が生きてて
こうして繋がっていられる
それだけですごくステキな事なんだろうけど

電話を切ったあとはやっぱりどっと疲れてしまう。

3月の第三週末に、旅行に行こうと思ってて
ある程度の目星はつけたし
あとはそれをむねりんに伝えるだけなんだけど
勇気が出ない。

それはきっと、彼に拒否される怖さと
自分の中で、そこを『最後』にしようって決めつつある部分があるからだと思う。

そして私はその旅行から帰り次第
大急ぎで引越しの準備に取り掛かる事になるだろう。

少しずつ少しずつ
心も身の回りも、その時のために準備しなきゃ。

一歩踏み出すって、何でこんなに難しいんだろうね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>12:28の鍵コメさんへ
てかメールごめんね。
詳しい話をしようと思って、どうやってまとめようか試行錯誤してるんだけど、なかなかうまくまとまらなくて…
PCのアド持ってたら教えてもらえるかな。
それか、半日限定とかでここにpwdつけることも考え中。
そのくらい結構複雑なんだ(笑)

私たちの『今』を語る上で、もしかしたら一番抜かしちゃいけない部分でもあるかもしれないんだけど。
何だろうね。
もう本当は頭では理解してるんだ。
終わりにした方がきっとこれからのためになるって。
でも、やっぱり声聞いたりしちゃうと躊躇するんだよね。
まだ好きだから。
好きだからこそ一緒にいたいと思う気持ちは募るし、逆に好きだからこそ前向きな決断をしたいとも思う。

今の私はヒロくんのときみたいな悲壮感はなくて、わりと冷静ではあると思うから、心配しなくても大丈夫だよ☆
鍵コメさんやみんなに励まされて、私は今日も元気にやってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/494-7038d2a3

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。