あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この芽の育て方。

今の私には、次の恋愛にスイッチするような気持ちはない。
間違いなく、今大好きなのはむねりんだから。

でも、時々すごく寂しいなぁと思う事もあるし
このままでいいんだろうかって思う事もあるし

可能性の話をしても仕方がないかもしれないけど、
今もし私の心の隙間に入り込んでくる人がいたら
私はその人に頼ってしまう気がする。

その事が怖い。
できればそんな事したくはない。
何だか利用するみたいでイヤだ。

だけど今日はちょっとだけ
私の心に響く出逢いがありました。
でもね、これは恋愛としてではなくて、人間として大切にしたいと思えた出逢い。
だからこそ、人間として長くこの関係が続けばいいと思う。

今はまだ小さな芽だけど、大きく成長させたいって思う。

ランキング参加してます。
応援のポチ☆お願いします。

今日は悦子先輩の家で飲み会してました。
10時間…^^;

メンバーは本当に寄せ集めなんだけど
悦子先輩・私・保育士さん・応急手当普及員のおじさんに
海猿さん・海保のパイロットさんっていう不思議なメンバー。

みんなでテーブル囲んでご飯食べてたんだけど
途中から海猿さんとこの子どもが、角に座ってたパイロットさんに
「遊んで」とせがむようになった。

パイロットさんは、ご飯そっちのけで
ずーっと子どもの相手してるの。
あんまりずーっと遊んでるもんだから、
子どもたちも完璧なついちゃって
後から帰ってきた悦子先輩の子どもたちもその人にベッタリ。

やっぱ海保の職員さんやから
体もすごく鍛えてるし(腕筋や胸筋・腹筋も触らせてもらったけどすごかったw)、
色黒いし短髪でいかつい感じだし
とりあえず子どもは避けるタイプの大人だと思うけど
本当感心するほど子どもの相手が上手な人。

保育士さんが
「私より保育士向いてるんじゃないですか?」
って言うほど。

みんなが飲み食いしてる間も、
その人はずーっと子どもの相手しっぱなし。

あまりにもそれが続いたもんだから
「私が子ども見てるから、少し何か食べた方がいいですよ」
って言った。

「子どもはすごく好きなんで相手は大丈夫ですよ。」
そう言ってパイロットさんは、再び子どもの相手を始めた。
私も加わってパイロットさん2人で子どもたちの相手。
そばで見てたら本当に感心した。
子どもに対する声のかけ方とか、言葉の選び方とか表情とか
単純に「この人本当にすごい子ども大好きなんだなぁ」って思って。

夜になって子どもたちがテレビ番組に夢中になって
パイロットさんは再びご飯を食べ始めた。
他のみんなは先にもう十分食べてたから、子どもたちと一緒になってリビングでテレビや雑談。

私も途中から食べてなかったから、パイロットさんと2人でご飯食べながら話した。
「子どもあやすの、すごく慣れてらっしゃいますよね。
感心しちゃいました。」

「そうですか?(笑)
あぁ、僕あれなんです、子どもいるんですよ。
だから慣れてるのかな。」

「…???
独身なんですよね?」

「独身ですよ。
バツついてますけど。」


バツイチ…

「そうなんですね。」
「あまりビックリされないんですね。
あなたくらいの若い人って、バツイチの男はイヤって思うもんじゃないんですか?」

「そんな事ないですよ。
今お付き合いしている人もバツイチだし。」

「そうなんですね。奇遇ですね(笑)」
「そうですね(笑)
子どもさんいくつですか?」

「今小2で、男の子です。
僕子ども大好きなんで、引き取ってるんですけどね。
こういう仕事してるんで、普段は僕の両親に預けて、
休みの日に逢いに行ってるんです。」

「そうなんですか。
じゃあ大変でしょう?」

「あんまり大変と思った事はないですよ。
楽しいなぁとは思いますけどね。
男同士だから、友達みたいな親子ってよく言われるんです。
どっちかというと、僕が子どもに遊んでもらってる感じなんで
せっかくの休みに逢いに行っても
『今日は○○くんと遊ぶけん、パパとは遊べない』とか普通に言われますしね(苦笑)」

「えぇぇ?
それじゃぁパパは寂しいですね。」

「わかります?そうなんですよ(涙)」

そんな感じで、パイロットさんは
あまりにもサラリと、自身がバツイチである事と
子どもを引き取っている事を初対面の私に教えてくれた。

それはきっと、パイロットさんが自身の人生に
何一つ後ろめたい事がないからなんだろう。

その生き方に、人間としてすごく惹かれる部分があって
何よりも、本当にステキな表情をする人だと思った。
その後も話はすごく盛り上がって、
何となくだけどパイロットさんの事、すごく興味が湧いた。

パイロットさんは仕事の関係でお酒を飲まなかったから
帰り、家まで車で送ってもらった。
その時に、ケータイ交換して車を降りて
マンションの前でパイロットさんの車を見送った。
発進する時、パイロットさんは私が好きだと思ったステキな笑顔で
私に手を振って帰っていった。

家に入ってすぐ、私はパイロットさんにお礼のメールを送った。
パイロットさんからも、その後メールが返ってきた。
それは、今日小さく芽を出したこの出逢いに、続きがあるんだよって印になった。

「さっきは遠回りなのに送っていただいてありがとうございました
助かりました
今日は子どもたちの相手ばっかりで疲れませんでしたか?
ゆっくり休んでくださいね
また機会があれば、ご一緒させてください
ではお疲れ様でした
おやすみなさい


「いえいえ、どういたしまして
そんなに遠回りじゃないですよ
ちょっとドライブしたようなもんです
私は自分自身がおこちゃまなので、子どもと遊ぶのは全然疲れませんよ
むしろ楽しかったです
サヤカさんこそ、特に後半はお嬢ちゃんたちがベッタリなついてたけど大丈夫?
疲れたんじゃない?
せっかく知り合えたんで、是非またご飯行きましょう
今度は私もガンガン飲みますよ
サヤカさんは土日休み?
平日でも大丈夫なら、私はすぐにでもです
では遅くにすみませんでした
おやすみなさい


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/508-38bb6d81

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。