あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日(火) 朝。

朝。
6時ごろかな。
次の日も仕事で、外回りのヒロくんは酔いつぶれてお風呂にも入らず前日と同じ服装で出勤するわけにも行かずに一旦家に帰ることになった。
地下鉄も動き始めて。

まともに会話できなかった。
お互いの顔を見るのが何だか恥ずかしくて。

「本当にありがとうございました。助かりました。」
そう言うヒロくんに、一言「うん」って言うのが精一杯だった。

するとヒロくんが無言で私の事をそっと抱きしめてくれた。

嫌いなはずの人を突然好きになる有り得ない展開。
叶うはずも、伝える事もできないと思った気持ち。
まさかの展開を、やっぱり信じられない気持ちでいっぱいだった。

サヤカ「こんな日、もう二度と来ないんでしょうね…」
そう言うのが精一杯だった。
告白なんてした事がないし、するつもりもなかった。

「そうかな」
ヒロくんはそれだけしか言ってくれなかった。
そして、私の髪をなでて「また後で、会社でね。」
そう言い残して、帰っていった。

ドキドキが止まらない。
でも、嬉しいだけのドキドキじゃなかった。
これで気まずくなるかも。
お酒の勢いだったのかも。
疑い出せばキリがなかった。

ドリカムの歌でもあるけど、
たった一度抱きしめてくれたら夢見たいで、それで十分だと思っていたのに。

この恋は、あっさり散ってしまった。
そんな、最悪な朝だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/7-d2634bb1

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。