あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱きしめたい。

もうすぐ9月も終わり。
私の住む街も、朝晩はすごく冷え込むようになりました。

ものすごく人恋しいのは、この寒さのせいかな。
でも、誰でもいいから温めてほしいなんて思わない。

今会いたいのは、たった一人、
あなただけ。


ヒロくんに出会ったのは1月のとても寒い日だった。
第一印象で、とても嫌いなタイプの人だと思った。

初めて言葉を交わしたのはその次の日。
成り行きで、私と部長とヒロくんと三人で飲みに行く事になった。

なぜだかわからないけど、今でもあの日の事はものすごく鮮明に覚えている。

あの日ヒロくんは紺色のネクタイで、茶色いコートを着ていた。
きれいに磨かれた黒い靴で、黒の手袋をしていた。

部長行きつけの小さな飲み屋さんで、私とヒロくんは部長と向かい合わせで隣同士に座った。

部長がお手洗いで席を立った時、私からヒロくんに質問した。
「○○さんっておいくつなんですか?」
「いくつに見えます?」
「(わかんないから聞いてんじゃん…)んー、私より少し上かなぁ。」
「あれ?確か22か23ですよね?」
「(えっ、何で私の年知ってんのよ!?)23です。だから24とか25くらいですか?」
「そんな事言っても何も出ませんよ?」
「は?」
「俺あなたより5つ年上なんです。」
「…嘘ですよね?」
「嘘じゃないです。」
「見えないですもん。絶対20代前半ですって。」
「いや、嬉しいんですけど、本当に今28ですよ。これ証拠」

そう言って、免許証を見せてくれた。
「ね、昭和52年って書いてあるでしょ?」
「本当だー。。。嘘みたい。」
「…だから俺嘘は言ってないんですって。」

これが私たちの初めてのまともな会話。

時間も遅くなってお開きになって部長はバスで帰るからと大通りに向かった。

私とヒロくんは会社の近くに自転車をとめていたから同じ方向に向かった。
その日私も茶色のコートを着ていて、黒いブーツを履いていた。
それを見たヒロくんが
「何かかぶってますね」
って言った後
「手袋は?」
と私の手を見て言った。

「朝寝坊しちゃって慌てて家出たら、忘れてきちゃって(笑)」
そう言った私にヒロくんはクスッと笑って
無言で自分の手袋を外して私の手に握らせようとした。

「いや、いいです(汗)マジで本当に大丈夫ですから」
必死に抵抗する私に、ヒロくんも呆れた顔して
「じゃあこのくらいさせてください」
って言って、自転車を押しながら私の家の方向に歩き出した。

「あれ?○○さんの家逆方向ですよ?」
「わかってますよ。もう5年も住んでるんで」
「もしかして送ってくださろうとしてるんですか?」
「はい。」
またしても必死の抵抗を見せる私に、今度は引き下がらなかったヒロくん。
「女の子が一人で帰るってわかってて、ほっとけるわけないでしょ。」
結局、家の前まで送ってくれた。



今思えば、あの日私たちの間で何かが動き始めていたのかもしれない。

冷たい風を感じるこの頃、会社からの帰り道はいつもあの日の事を思い出す。
隣にいてくれるだけで、何だか気持ちが温かかった事。
あの頃は言葉なんて何もいらなかった。



今日まで3連休だったヒロくん。
引越し準備終わったかな…

寒くなったね。
風邪引いてないかな。

連絡もせずに、ただ会いたくてたまらないなんて
私ってやっぱりものすごいわがままだよね?

もう会えないのかな。
会いに行きたいけど、たった一歩が出ない。

もしも会えるなら
何も言ってくれなくてもいい。

「大丈夫だよ」の代わりに抱きしめてほしい。
そうしたら私も「大好き」の代わりに、ヒロくんを抱きしめたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは サヤカさん
本当に 朝晩 寒くなってきましたね

あたしも 彼に初めて出会ったのは
寒い時期でした 12月頃かな
会社の帰り 電車の中で外を見てると
すごく切なくなっちゃいます~。。

自分をいつまでコントロールできるかな。。なんて
思ってしまいます--;

どうしたら いいんだろうね。。

体調は薬でなんとかもってますが
精神的にもっと強くなりたいですね~。。

>>じゅんさん

ねー、何でこんなに秋冬って寂しくなっちゃうんだろう。。。
しかも何故か街中にカップルの姿が目立つ気が…気のせいでしょうけど。

私も何日か前までは本当に追い詰められてるなぁって感じだった。
そしたら何もかもが悪い方向に進んでっちゃうのね。仕事もうまく行かないし、部屋もグチャグチャだし。

でもここに来てくれる人たちにものすごく励まされて支えられて、何とか前を向けるようになりました。
まだ前には進めてない気がするけど。

悩む時間も絶対に必要だと思う。でもやっぱ自分をダメにしちゃダメだと思う。
悩んだ時間を必ず後で活かしてあげなきゃ…
今の私の原動力は、そんな感じかな。
うまく言えないけど。

サヤカさん、ほんと人恋しい時期がやってまいりましたってカンジだね!
わがままじゃないからねサヤカさん!
時間が何かを解決してくれるかもね。

寒いから、人恋しいのか...
人恋しいから、寒いのか...
 
暖めてくれる手があるときは気付かないけど
なくなってしまうと、寒いと感じる・・・かも。
もうすぐ10月。
ほんと月日は飛ぶように過ぎてくなぁ~ 

>>AKIKOさん

わがままだょ(照)でも、彼に出会って「わがままを言える」事がどんなに素敵な事かわかったよ。


>>花梨さん

そうだね。なくして初めて気づくってこういう事かもしれない。いや、まだなくしきったわけじゃないんだけどさ(汗)
もう10月かぁ。中間決算だ…明日大忙し。

こんばんは。

>ものすごく人恋しいのは、この寒さのせいかな。
でも、誰でもいいから温めてほしいなんて思わない。

今会いたいのは、たった一人、
あなただけ。


ぅんぅん・・・。
今、一番好きで大事な人に、素直にぶつかった方が私もいいと思う・・・。

まだ、本当に終わったわけではないと思うし、あとで、「素直にぶつかればよかった」とか後悔はしなぃでね?

さやかさんのこと見守ってるからね。

>>るんさん

そう、私意気地なしだからきちんと「終わる」事すらできずに逃げたんだ。
「素直にぶつかればよかった」って後悔するより「あーあ、当たって砕けちゃったよ」って思った方が、まだマシだもんね(笑)

本当に本当に、ありがとうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/81-ac80a6db

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。