あしたの私に会いに来て…

いつかまたあなたに逢えるなら。その時はもっとステキな私で逢いたい。

私&大切な人たち

サヤカ

Author:サヤカ
26歳 会社員
B型
音楽をこよなく愛するケータイマニアです

何かございましたら
*メール:sayaka38ca@ヤフー*
もしくは鍵コメにて。

当ブログは無期限放置になりました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今も私は、日々言葉を綴っています。
皆さんから貰った、たくさんの気持ちを胸に頑張ります☆

みんないつもありがとう♪

ブロとも申請フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ガチャ便

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日(火) 夜。

会社を出て、待っていると言われた場所に行くとヒロくんがひとりベンチに座っていた。
私に気づいて顔を上げたヒロくんのその表情は、見た事もない自信のなさそうな顔だった。

しばらく沈黙が続いて、
それが何だかおかしくて
どうでもいい会社の話を始めて。
でも、やっぱり会話が続かない。

「大事な話をしてもいいかな?」
口火を切ったのはヒロくんだった。

「こんな事、言うつもりなんかなかったんだ。
やっぱり、○○さん(私の苗字)は社員さんで、俺は派遣だしとか
気まずくなりたくないとかあって。
でもああいう事をして、逃げる気はない。

もうわかってると思うけど、
好きになっちゃったみたいなんだよね。
昨日の夜がきっかけじゃなくて、ちょっと前から。」

大好きな目が、私を見てる。
目の前にいる人は、私だけに話しかけてる。
私ときちんと向き合ってくれている。

初めて涙が出た。
嬉しいのと、びっくりしたのと、もうぐちゃぐちゃ。

「私も…」
泣きじゃくりながらそう言うのが精一杯の私の頭にポンポンって手をのせて、優しく頭をなでてくれた。
「泣かないの。嬉しい時は、笑うんだよ」
私の顔を覗き込んで、目を細めて笑うヒロくん。

それでも泣き止む事ができない私を、ヒロくんは抱きしめてくれた。
5月のまだちょっと肌寒い夜。
ヒロくんの体がとてもあったかくて、そこにいられる事が本当に幸せだった。

そして体を離すと、どちらからともなくキスをした。
ヒロくん「もう何も遠慮せずにこんな風にできるんだ。」
サヤカ「そうだね。××さん(ヒロくんの苗字)が順番間違えてくれたおかげかな。」
ヒロくん「…うるさい…(照)」

いつもクールで仕事に打ち込んでるヒロくんの照れてる姿が、何だかとても愛おしくて。
私たちはこうして、彼氏と彼女になった。
出会ってから4ヶ月と20日後の事だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sayaandhiro.blog56.fc2.com/tb.php/9-2efb6778

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。